FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ドライヴ』をHTC渋谷2で観て、骨太任侠映画だなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★昔気質だ】

実に高倉健チック。
余計な事は言わない。
自分が信じた正義の為に行動をする。
情を信じるし、情を遂行するが、情に溺れない。

かっくいい。

冒頭、ライアン・ゴズリングの手腕を見せるシーンも実にプロを見せて上手い。

キャリー・マリガンの綺麗すぎない容貌も抜群にいい。
「隣のお姉さん」だな(いや、女の子に対するそういうコピーが昔、あったのよ)。

余計な物が入っていないので、とっても原型な感じの映画だった。
なので、ひたれるけどビックリするような驚きはなかった。


ライアン・ゴズリングという、とても人なつこい顔の役者が演じているので賛同は得られないかもしれないが、あのエレベーターのシーンで、自分が好かれる事を一切捨ててでも、他者の幸せに殉する姿勢に、吉田恵輔監督の『なま夏』のキモオタの彼を強烈に二重視した。全く関係ないし、全然傾向が違う映画だけど、出来ればこれも見てほしい。オススメです。


【銭】
テアトル会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドライヴ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ドライヴ@LoveCINEMAS調布
ドライヴ@SGA屋物語紹介所
ドライヴ@映画のブログ
ドライヴ@新・映画鑑賞★日記
ドライヴ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ドライヴ@新・狂人ブログ

PS ライアン・ゴズリングって、モンティ・パイソンの誰かに似てる気がする。
 シリー・ウォークとか果てしなく似合いそうだ。
PS2 キャリー・マリガンって、田畑智子に似てない?
 それだったら、好きな訳だよなあ。
PS3 流石、ライアン、伊達にダッチワイフと仲良くしてた訳じゃないぜ
 (と書いたけど、何を書きたかったのかが自分でも今一よく分からないでいる)
PS4 助手席にビアンカを乗せていてほしかったかも
 (ビアンカは『ラースとその彼女』の彼女)。
スポンサーサイト



『透明人間』『怪物の花嫁』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ふむふむほうほうふじき★★★,★★

特集上映「妄執、異形の人々・海外編」から1プログラム。


◆『透明人間』

五つ星評価で【★★★透明になるシーンはええなあ】


ピンクレディーの『透明人間』にインスパイアされた映画
(なんでそんな嘘を付くんだ、俺!)。


にしても、透明になるシーンはいいなあ。
白黒映画だからブルーバックないんだよなあ。
どうやったんだろう
………原始的に単に黒バックにすればいいのか。
顔を黒で覆ってその部分を二重撮り。
そういうメリエスのフィルム・テクニックの延長みたいな事を考えるのは何だか楽しい。


透明になると、性格が悪くなるというバンホーベンの『インビジブル』の設定が実はこの1933年の映画オリジナル譲りの物だという事を知る(ウェルズの原作にそういう設定はない)。但し、お色気の付加はバンホーベンが付けた属性なので、「それはいい。それはとても正当で妥当で王道だ」とうんうんうなづいてしまうのであった。ただ、この映画の透明人間の性格の悪さよりも、宿屋の女将の性格の邪魔くささの方が耐え難い事は記録に残しておきたい。


人間が透明になって悪意を持って行動すると、市民レベルでは大わらわと言うのは多分、今も昔も変わらない。警官が建物を人海戦術で包囲して、みんなで手を結んで包囲網を小さくしていくと言う、今考えるとどうにも大雑把な対抗手段も、リアル透明人間がいないんだからしょうがないし、逆に説得力がある。今だったら赤外線スコープで丸見え、つまらんなあ。




◆『怪物の花嫁』

五つ星評価で【★★思った以上に普通につまらん】

エド・ウッド初体験。

確かに「大の大人が真面目に撮ってこれかい」という感慨は抱かせるが、史上最低という冠は大袈裟な気がする。エド・ウッドだって、そんな称号は望んでいまい。

マッド・サイエンティスト宅に雨宿りしたいという村人を追い返しておいて後から誘拐とか、伏線になってない謎の複線みたいな展開が多数。確かに「常人」っぽくはない映画ではあるなあ、酔って脚本を書いたんちゃうんか。ベラ・ルゴシもご苦労様な感じだが、演技その物は変な棒読み演技なんじゃないかと思う。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
透明人間〈1933年〉@ぴあ映画生活
怪物の花嫁@ぴあ映画生活

ざれごと

  

『すかんぴんウォーク』と『試験管ウォーク』って似てる。
  
※『試験管ウォーク』って何だってツッコミは禁止。

共通テーマ「猫ひろしさんのまぼろしの五輪どう思う?」

  

芸風が嫌いと言うだけの理由で、
「猫ひろしを海外に広めるような行為はいやだなあ」という意識です。
  
ところで、
「猫ひろし」、「館ひろし」のWヒロシが同性愛者だったら、
館ひろしが「攻め」、猫ひろしが「受け」
そういった解釈で間違いないですか?