FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『虹色ほたる 永遠の夏休み』を新宿バルト9シアター5で観て、へー、ふーん、ふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★普通にいい】

普通にいいアニメ。

この「普通にいい」が、なんか、とても説明しづらい。
悪くはないんだけど、パッケージ(外見)が変だから他の人に勧め辛い。
何も「萌え絵バンザイ」とは全く思ってはいないものの、
『まんが日本昔話』ほどカリカチュアライズもせず、リアルにもいかず、
その絵で効果は上がってるけど、その効果がそんなに大きいとも思えず。
と、あの絵が原因であるような気もする。

うん、もっと普通の絵でも良かったと思うな。
あのタッチ変更は嫌い。

あゝ、語る事がない。
割といい映画に関しては寡黙になっちゃうからなあ。

青天狗がとっても「昔な頑固オヤジ」感が出てて良かった。



【銭】
チケット屋で安売り前売券を500円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
虹色ほたる~永遠の夏休み~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
虹色ほたる~永遠の夏休み~@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
虹色ほたる~永遠の夏休み~@流浪の狂人ブログ
虹色ほたる~永遠の夏休み~@LOVE Cinemas調布
▼関連記事。
虹色ほたる(2回目)@死屍累々映画日記

PS 「村が危機の時に現れる虹色ほたるって七色仮面みたいなもんでしょうか?」
 「ゆるキャラにしてグッズ展開しよう」
 村は栄えた。

PS2 紅音ホタルさんとは無関係です。
 無関係じゃないとしたら、あのダムは彼女の吹く潮を鎮めるためとか、
 とんでもない話になってしまう。
 あとあと、巡り合ったら「紅音ホタル」だったというのも、ちょっとせつない
 (野郎としてはかなりせつない)。
PS3 あのユウタに渡されたカブトのおかけで未来の歴史が変わったりして。

共通テーマ「夏、近づく!ダイエット、何かしてますか?」

  

あまり、この季節が来たからダイエットという風に考えた事はないなあ。
  
「夏」と言っても、水着を着せられていた高校時代以降、
季節的にふやけた身体をわざわざ公開する機会はさいわい一切ない。

「夏」はともかく「夏菜ちゃん」が近づいて来てくれるんだったら、
ダイエットも辛くないと思うよ。

マンガ『妄想戦士ヤマモト 全五巻』小野寺浩二、YKコミックスを読み直す男ふじき

  

ああ、やはり、やはり、面白い。

オタクマンガはこれが頂点だろうなあ。

一つ一つのエピソードで当たり外れは当然あるけど、
5冊も続いたのが凄い。
普通、これで5冊は広がらない。
天才だ。努力を続けられる者だけが天才なのだ。

裏松下が好き。

共通テーマ「得意なことは何ですか?」

  

公募。

共通テーマ「ボッタクリだ!と思ったものは?」

  

同じ経験をした人にしか共感してもらえない………という事で少数意見と思いつつ、

映画「フィッシュ・ストーリー」のパンフレット。

内容薄いし、写真少ないし、サイズをレコード盤の大きさにする、
ただそれだけの為に値段がムチャクチャ高い。
確か700円だったと思うが、
普通に白黒コピー取らせてもらって100円で充分な内容。

新橋ロマンで城定と後藤で「新東宝大作週間」だワッショイふじき @jojohideo1975

ちなみに「新東宝大作週間」は、劇場で配布してる携帯時間表での当週の番組タイトル。


◆『幼女伝説セイレーンX 魔性の誘惑』(ネタバレあり)

五つ星評価で【★★怪作】

城定秀夫監督作品。
という事でゆる~い城定ファンとして、
ちょうど未見の映画が新橋ロマンにかかるというのでこれ目当てで出かけました。
一般劇場で公開されてるけど作品その物は濡れ場も多くて、普通にピンク映画です。

こ、こりは怪作っすね。

主役というより、タイトルのセイレーンを演じるのは麻美ゆま
この人、ファニー・フェイスだから、美貌の妖女みたいな役より
普通人キャラでキャンキャン言ってる方が絶対、似合うのに。
まあ、しょうがない。

それにしても胸でかいな。
胸がでかいは七難隠す、違うか、違うな。
この作品を怪作たらしめてるのは、
この麻美ゆまが男の命を吸う妖女である事が男たちに判明する場面が、
とっても曖昧であるという事があげられる。

麻美ゆまと男Aがセックスしてる。
脇から見てる男Bと男C。
セックスが終わり、男Aは意識を失う。
「次はどちらがお相手してくださるのかしら?」
叫んで逃げる男Bと男C。

いや、それじゃ分からんよ。
単に快楽で男、気絶してるようにしか見えんよ
(口から泡吹いてたけど、それも「死」は連想させない)。

なんかセックスが強い姉ちゃんを目の当たりにして、
急遽セックスに恐怖感を抱いてしまう童貞心の強い男二人みたいだ。
うーん、これでは麻美ゆまとのセックスを忌避する理由がよう分からん。
(男Aの死がもっと明確に描写されていたなら納得できるのだけど)

映画の最後に麻美ゆまが語る。
「私はセイレーン」
え、いや、何となくだけど自分で言っちゃダメでしょ。

同じくAVさんの日高ゆりあが結構、重要な脱ぎキャストだけど、
うまく、うざキャラを演じてました。
バスルームのリアルなパン皺がいいなあ。
リアルなパン皺は七難隠す、違うか、違うな。

映画レビューで「パン皺」って言葉を使うのはうちぐらいだろうなあ。
他で見た事ないよ。
読んでる人の中で、他で見掛ける事があったら、教えてください。

さて、男Bがセイレーンに立ち向かう為にセックスをして、
そのセックスの様子を男Cに理由は不明だけど
「撮っておけ」とビデオ撮りさせる訳ですが………
これがきっと、観たら必ず一週間後に死ぬと言われている

呪いのエロビデオになるんじゃないか、そんな気がしてなりません。



◆『新・監禁逃亡』

五つ星評価で【★★★★あのガスマスクがかっけー】

後藤大輔監督作品。
これは昔、劇場で観た。

社長令嬢のJK「さくらの」をボイラー室に監禁するのが
パーティー用の力士肉襦袢にガスマスクを付けた変態という
アブノーマルなビジュアルが凄い。
どんでん返しやエロい濡れ場、しみじみしたペーソスも付いて、
かなり、ちゃんとできてて初見時に唸った覚えがあります。

今は井口昇系の映画で無残な変態を一手に引き受けてる亜紗美が
正統派っぽい可憐な女秘書を演じているのも見どころ。
亜紗美の乳、ぷりっとしてていいな。
もう一人の脱ぎキャスト「さくらの」も
スター性をちょっとばかし多めに削り取った松雪泰子みたいで
(いや、そんなに綺麗ではないよ、もちろん)、かーいーかーいー。



◆『髪結い未亡人 むさぼる快楽』

五つ星評価で【★★えーと】

寝落ちしました。

ちと、昼間肉体労働が入りながら(¥とは無関係)、
睡眠時間も短かかったりで、体力がもたんかった。

3、4人の爺ちゃんの老いらくの恋とSEXが語られる。
ごく普通に淡々と濡れ場。普通のピンク映画じゃないかと思う。
そんなに悪い印象はないけど、まあ寝ちゃったから多くは語るまい。



【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
妖女伝説セイレーンX~魔性の誘惑~@ぴあ映画生活
新・監禁逃亡@ぴあ映画生活

どうでもいいこと

「松崎しげる」を小さくしても「小松崎茂」にはならない。
  
「小松崎茂」を大きくしても「松崎しげる」にはならない。

共通テーマ「AKB48選抜総選挙、気になりますか?」

  

もう、共通テーマとしては過去記事だなあ。
  
「AKB48の総選挙なんかより、
 本当の選挙をちゃんとやるべきだろう」
 という呟きがツイッターに流れた。
  
それは全く異論がなく、その通りである事を否定できないのだけど、
どんなに一生懸命、考えても、
考えた末に選ばれた総理が野田だとしたら、
まあ、考えるのをやめたくもなる。
  
素人であるという事を差し引いたとしても、
明日から高橋みなみが内閣総理大臣になった方が
野田(呼び捨て)がやるより、断然いい日本になると思う。

共通テーマ「日曜日は父の日!何か贈りますか?」

  

お線香。
  
えーと、ちなみに父ちゃんは死んでるから。
別に生きてる父ちゃんに火を付けた線香、
押し付けようとかじゃないから。

『ロンドン・ブルバード』を新橋文化で観て、眉毛と貧乳だふじき★★

五つ星評価で【★★思った以上に通りすぎちゃった感あり】

なんかかなり忘れてる。

覚えてるのはコリン・ファレルの眉毛と
キーラ・ナイトレイの美貌と貧乳。

コリンの眉毛、凄いよなあ。
あの熱血マンガかギャグマンガすれすれの眉毛の方が
話や魅力的なキャラより印象に残ってるんだから、
ちょっとダメじゃないかなあ。
あっ、角刈りっぽいヘアスタイルだからかもしれんけど、
コリン・ファレルねじり鉢巻きが似合いそうだと思う。

キーラ・ナイトレイ綺麗だ。
そう、本当、綺麗に撮ってあげてほしいよ。
この人は確か難読症だったらしいのよ。
役者としてここまで来るの凄く大変だったと思うのよ。
個人的に貧乳が好きとは言えんけど、
キーラのは芸みたいに凄い貧乳だから武器って事でいいんじゃない。
どうせ貧乳でも巨乳でもキーラ・ナイトレイの乳を触れる訳じゃないんだし。

だけど、この映画の恋愛要素はいらんかったんじゃないかな。
この映画の中のコリン・ファレルそんなに魅力的じゃないと思うんだ。
ま、ホモじゃないから詳細は分からんけど。

マフィアの親分、レイ・ウィンストンのえげつなさは良かったなあ。
何でそんなにコリン・ファレルに拘るかが分からんけど。
そんなに手下バカばっかなのか。1+1とか出来んのか。
みんな、しょんぺんとか漏らしちゃったりするのか。

いや、逆にそんなマフィアは怖いかもしれん。

あと、ヒッピー系の役者兄ちゃんはよかったね。
全般、音楽も気持ちよくってオシャレ。



【銭】
夜間割引(2本立て興行ラスト1本のみ)で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロンドン・ブルバード-LAST BODYGUARD-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ロンドン・ブルバード-LAST BODYGUARD-@LOVE Cinemas調布
ロンドン・ブルバード-LAST BODYGUARD-@新・映画鑑賞★日記
ロンドン・ブルバード-LAST BODYGUARD-@いやいやえん

PS マフィアのボス、モーホーらしい。
 ああ、なるほど。
 モーホーの人はああいう眉毛がいいんですかねえ?
前のページ 次のページ