FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『発情アニマル』をシアターN渋谷2で観て、堪忍じき★★

五つ星評価で【★★堪忍】

レイプシーンが執拗だ。
えんえん終わらない。
誤解を招く言い回しを使うなら
「爽快感のない、嫌悪感丸出しのレイプシーン」
だらだら長い。

そしてリベンジが始まる。
相対的に短い。
復讐者の復讐に型がないので、ドキドキはするものの
それぞれ迎える末路がまちまちなので、不公平感を感じる。
誤解を招く言い回しを使うなら
「嫌悪感こそないものの、爽快感とはほど遠いリベンジシーン」

やはり、日本の「必殺シリーズ」というのは
如何に優れた「型」を持っていたか、という事を思い知らされる。



【銭】
シアターN、水曜全員1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
発情アニマル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
発情アニマル@LoveCINEMAS調布
発情アニマル@銀幕大帝
スポンサーサイト