FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ラブド・ワンズ』をシアターN渋谷2で観て、大狂いに大笑いふじき★★★★

  

五つ星評価で【★★★★ああ、バカでよかった】

という訳で、バカにオススメ。

ホラーやスプラッタなんて見れませんという
申し訳ないながら残念な人たちにはパスしていただいて、
見てるうちに麻痺しちゃって、ちょっとやそっとでは動じないぜ、
という脳内ワイルド系さんにオススメです。

痛い
痛い
ひどい
ひどい
わはははははは

という感じ。

いやあ、清々しくなるくらい残酷。

シリアル・キラーを演じる女子高生は
ちょっとベッキーを残念にした感じ。
と言いながらもアングルアングル隠しきれない美人くささが残る。
あ、ベッキーと奈良沙緒理を足して2で割った感じ。

彼女がとってもよい。
彼女の父ちゃん役も良い。
イケメン主人公も良い。

それにしても、世の中、理由が分からないくらい怖い物はない。
映画内、ひどい拷問だらけである。
主人公のイケメンくん、何一つそんな拷問を受ける理由がないのだ。
そして狂ってる彼女と父親について、
何一つこんな特異な狂い方をした理由が明確にならない。
怖い怖い。一般化する。いなくもないかもしれないに針が振れる。
この彼女は近年のホラー映画に現れなかった久しぶりの強烈な狂人だ。

貞子とタメ張るくらい、いいキャラだと思う。




【銭】
シアターN、水曜全員1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラブド・ワンズ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト