FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「職場や学校でノンアルコール・ビール、ありですか?」

もし合法でも、職場や学校で、鼻から何か薬を吸いこんだり、

ゴムで血流止めて、注射で栄養剤を打ち込んだりはしないでしょ。

形から入るって事もあるから、
わざわざ職場や会社でビールもどきを飲まんでもいいでしょ。
スポンサーサイト



『外事警察 その男に騙されるな』を109シネマズ木場4で観て、みん一択ふじき★★★

五つ星評価で【★★★飽きさせない、そして役者の凄み】


お話的には予想の範囲内だった
(つまらんという意味ではないし、よく練れてる)。
ちなみにTVドラマ未視聴です。


だが、役者がいい。
韓国人は韓国人っぽいし。

余さんはいつも通り、余さんが出て来ると、
あまりに本物っぽくて誰だか分からないし。

渡辺篤郎は今までの役者人生でベスト配役
(って勝手に人の人生決めちゃうのも何なんですが)。怪しくっていい。
なんか父ちゃんのせいで有耶無耶にされてるけど
「怪しい」が「激似合い」だと思うのよ、篤郎は。
あまり私生活で子供や動物に優しそうに見えないじゃない
(無表情で子供にビンタとかしてても
 違和感ないイメージの役者って、ある意味、凄いな)。

そして田中泯。
すげええええええ。
田中泯の出演で映画のランクが一つあがってるよ。
元々どんな映画に出ても、
田中泯だけは特別枠みたいな空気が違って凄いんだけど。



【銭】
6回分のポイントを使って無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
外事警察 その男に騙されるな@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
外事警察 その男に騙されるな@映画のブログ
外事警察 その男に騙されるな@新・映画鑑賞★日記
外事警察 その男に騙されるな@LOVE Cinemas調布
外事警察 その男に騙されるな@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS いやあ、カイジ警察って言うから全員、藤原竜也なのかと思ったよ。
PS2 「外事警察 その男に騙されるな」の姉妹篇で
 「愛人警察 その女に騙されるな」できないかな?
PS3 そうそう、真木よう子もいい演技してた。
 母ちゃん役だったから『SP』みたいに胸強調じゃなかったのが残念だったけど。

『アーティスト』を丸の内ピカデリー3で、かなり今更今頃観て定番じゃんふじき★★★

五つ星評価で【★★★意外と普通じゃない?】

焼き肉のタレみたいな名前の
「ジャン・デュジャルダン(ジャンだけじゃん)」と
美女と言いたいけど、ちょっと躊躇しちゃったみたいな名前の
「ベレニス・ベジョ」のハーフトーンなメロドラマ映画。


役者が喋らない事を除けば、思った以上に普通だった。
ありがちな話だなあ、と。
男にはくだらないプライドが大事なのだってのが琴線に触れまくり。


これ、トーキーの波に乗れない大女優を、影になって支える男、と、
男女の配役を逆にしたら恐怖映画になっちゃうよなあ。
ラスト、男が女優に対して行っていた隠れストーカー行為が明らかになる、
女優に詰め寄る男、恐怖、愛犬が彼女を守ってくれる。
男って何か損だなあ。


焼き肉のタレみたいな名前の「ジャン・デュジャルダン」は甘いマスクで、
焼肉のCMやっていいよ、みたいに好演。
いや、この映画のチラシのビジュアルは「焼肉屋」よりは「パチンコ屋」かな。
デザインそのままで「パーラー・アーティスト本日開店」って
惹句が付いてても、そんなに違和感ない気がする。
チーン・ジャラジャラ、ライトと音響のど真ん中で、
賭場のように運命を賭ける。映画製作とパチンコは似てるかもしれない。

美女と言いたいけど、ちょっと躊躇しちゃったみたいな名前の
「ベレニス・ベジョ」さんはファニー・フェイスで良かったと思うよ。



【銭】
チケット屋で前売券を800円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アーティスト@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アーティスト@映画のブログ
アーティスト@或る日の出来事
アーティスト@LOVE Cinemas調布

PS 『アーティスト』って題名はそんなドンピシャな感じがしない。
PS2 アカデミーを取って大作娯楽映画イメージが付いたのは
 この映画に対する「呪い」である気もする。

『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』をル・シネマ1で観て、なげーよふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★素材的確、編集冗長】

パリにある有名なストリップ劇場「クレイジーホース」を
ドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマンが描く。

素材のストリップショーはムチャクチャ魅力的で見てて飽きない。
とはいうものの、出し物に出来不出来があって、
単に同じ演目を工夫なしに見せられると、だれる物もある。

って事で「そのまま描く」の美名に溺れて、
編集手腕が適当なフレデリック・ワイズマンって割と苦手目。

なんか、舞台のいいとこだけをナレーションでも被せながら
「クレイジーホース珍プレイ好プレイ」みたいな見せ方で
見せてくれた方が面白かったんじゃないかと言う気がする。
確か1970年代にそういう見世物チックな映画があった筈なんで、
ワイズマンを見た今、そっちの方が見たいなあ。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち@LOVE Cinemas調布
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち@Nice One

PS 舞台の美術監督が喋る、喋る、喋りまくる。
 喋れば喋るほど、喋った内容と舞台が乖離して見えるのは皮肉。
PS2 小学生にもクレイジーホースを体験させる為に、
 全身タイツの公演とかあったらステキだと思う。