FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「日本で行っておきたい場所はどこ?」

  

そら、もちろん「しずかちゃんちのお風呂」だろ。
スポンサーサイト



『コナン・ザ・バーバリアン』を銀座シネパトス2で観て、何でつまんないのかねふじき★★

五つ星評価で【★★ロン・パールマンが出てる間は面白かった】


子供コナンまでは面白かった。
青年コナン(ジェイソン・モモア)になると、何かかっこ悪いし、人相悪いし、
野蛮人と言うよりチンピラ感が強い。共感できないんだよな、あの人相は。
ネットでは「狩野英孝」とか言われてます。そら、共感できんわ。
そのコナンが守るヒロインがなんかまた、おばちゃんっぽい。
んー、守りたくならんなあ。

敵のハゲネイル姉ちゃんの方が顔立ちは整ってるよ。
ハゲネイル姉ちゃん、何気に深キョンに似てると思う。

あと、ボブ・サップが出てた。
関心が特に沸かないどうでもいい役。

そうそう、色々な手数を踏んで、惡の親玉が
ドラゴンボールのような無限の悪魔パワーを手に入れた筈なのに、
それで何ができる訳でもなく、主人公に負けちゃうのは
そもそも設定が間違えてないか?

あ、砂の男は良かった。
公園の砂場からあんなのが出てきたら泣くね。



【銭】
銀座シネパトス翌月から使用可能の3回券使って1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
コナン・ザ・バーバリアン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
コナン・ザ・バーバリアン@LOVE Cinemas調布

『BRAVE HEARTS 海猿』をスカラ座で観て、レスキュー寅さんだなふじき★★★

五つ星評価で【★★★殊更に高評価にも低評価にもしない】


原作とテレビドラマは未読、未鑑賞。
映画だけ一通り観てる。
熱烈ファンじゃないけど、押さえておくか的スタンスでの鑑賞。

まっこと、ファン・ムービーである。
寅さんを観て「あんな正業に就いてない人を主人公にするなんて」
という見方しか出来ない人は見に行かなければいいのであって、
この映画も「あんなに全て丸く収まるように助かるなんて」
と考えてしまう人は見に行かなければいいのだ。
でも、本当はそれをそうと気づかせないような
スマートな演出をしてくれるなら、もっといい。

そもそももう4本目だし、どんな映画であるかの情報は出揃ってるのだから、
「こんなに××とは思わなかった」という批判は的違いだ。
『海猿』は海猿一座の定期公演だと思えば間違いがない。
ほ、本当にそれでいいんかというのは、とりあえず考えんでもいいっしょ。


【ダメ出し部】
なんだけど、私は伊藤英明演じる仙崎より、
伊原剛志演じる嶋のスタンスの方が正しいと思っている。
つまり、私自身は非『海猿』的立場に立つ。
二重遭難ばかり起こすような救助方法を涙ながらに歌い上げるのは間違えてると思う。
が、伊原剛志が仙崎の蛮勇に毒されないと、映画としては盛り上がらないのも事実だ。
痛し痒しである。

せめて
「俺は最悪、お前を捨てるリスクを考えた上で、お前の賭けに乗った」
「それでも、結果として××さんを助ける事が出来ました。ありがとうございます」
「だがな、お前の熱い心、いや、何でもない」
「俺はここ(胸)を信じます。そして嶋さんのスキルと判断力と嶋さんのここ(胸)も」

くらいのやりとりをさせて、嶋を単純な仙崎病の感染患者から脱出させてほしかった。
何か、映画内に一つのメンタリティしか許さない様子は気持ちと居心地が悪いのだ。


世界が救われたかのように、みんなが喜びを共有し合うシーンも
「いや、それは「人命よりパンダが大事」みたいにノリに左右されすぎな日本、
みたいでちょっと気持ち悪い。


加藤あいは好き。
元から好きだけど。なんか今回ギリギリいらないみたいな役どころだった。
現場に行かない傍観者をチョコチョコ間に挟むのはテンポを崩す。



【誉め部】
仲里依紗ちゃんのスッチーが美人すぎなくてリアル
(里依紗ちゃんは割と顔立ちが芋姉ちゃんなので)。
しかも、あの自堕落なボイン・ボディーで ×× (秘密)だなんて。
あの ×× (秘密)は、自分に禁忌を与えていたのにふしだらな身体が許さずに・・・
・・・いやらしい。いやらしいぞ、仲里依紗。
ウェット&メッシー(濡れフェチ)で、
ストッキングがちょっと裂けてるとかもマニアックだけど、
コスプレもんだからスッチースカーフは最後まで付いてたら嬉しかったぞ。
もしくは、あまりに壮絶な救助のせいでスカート、タイツも脱色して、
何故か最後はナース・コスプレにしか見えなく・・・
えーと、そういう映画じゃないか(そういう映画でいいだろ)。


壊れる飛行機や沈む飛行機はかっけー。


佐藤隆太って大きな輪郭の真ん中に猫ひろしの顔が入ってるみたいだ
(誉めてないじゃん)。


ルーチンありきな話だけど、求められてるのは話の辻褄じゃないから、
ええんちゃうか。


エンドロールでの、いつものカチンコ遊びは個人的に好きじゃない。


そして田中泯。
いやいやいやいや、泯出てないよ。



【銭】
トーホーシネマズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
BRAVE HEARTS 海猿@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
BRAVE HEARTS 海猿@映画のブログ
BRAVE HEARTS 海猿@新・映画鑑賞★日記
BRAVE HEARTS 海猿@LOVE Cinemas調布
BRAVE HEARTS 海猿@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
BRAVE HEARTS 海猿@タナウツネット雑記ブログ

PS 新たなる傑作『海猿 その男に騙されるな』
 海難事故を未然に防ぐためには、
 どんな手段も辞さないプロフェッショナルを描くピカレスク・アクション。
 「機長が挟まれて救い出せません」
 ①「ミニ核を使え」
 ②「電鋸で足を斬れ」
 ③「機長は着水前に心臓発作で既に死んでいた。海難事故ゼロで書類を回せ」
PS2 夫婦生活にスポットを当てた『夜の海猿』の制作もヨロシク。
PS3 次回は東京スカイツリーのエレガに転職した仲里依紗ちゃんを助けに向かう
 『海猿 ほんとにほんとにラスト・メッセージ』だ!
PS4 飛行機の中から打穀音を響かせるんだ「2・5・2」で!
PS5 シネマッシモさんでのボケコメがちょっと自分で好き。
PS6 何気に蛍雪次郎の細かい演技が好き。
 蛍雪次郎と井原剛志がいるなら、中山忍を呼んでガメラを呼ぼうよ。
PS7 伊原剛志のゴン太パワー(『愛と誠』)があれば、
 もっとどうにかなった気もする。