FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『キツツキと雨』『種まく旅人 みのりの茶』を三軒茶屋中央で観て、椅子の硬さを忘れるわあふじき★★★★,★★★

◆『キツツキと雨』

五つ星評価で【★★★★ああ、くつろぐ】

武骨な木こりとコミュ障気味の監督との交流が可愛らしく気持ちいい。
何やら気持ちええのう。

みんな割れ鍋とじ蓋ばかりなのに断罪したりしないからかなあ。
あの重くて一人で動かせない「監督椅子」だって「あっていいんだよ」って
世界に認めてもらっている。
そういう世界観が気持ちいいんだろうなあ。

電ノコ止めてほしいって言われる冒頭の
役所広司「はい」3回がリアルで、そして、本当に面白い。

そういうくすぐり所が随所にある。

滋養溢れる映画だなあ。

嶋田久作のカメラマンが冷たいようでいて普通にプロなのもいい。

伊武雅刀が木こりとして生まれてきたみたいにピッタリだ。

臼田あさ美も普通に好きよ。

PS 「おおかみこどものキツツキとあめ」




◆『種まく旅人 みのりの茶』

五つ星評価で【★★★うんでも気持ちええがなあ】

田中麗奈がファッションデザイナー崩れで茶農家に挑む。
別名『アパレル女奴隷 茶摘み地獄』ああ、見たいぞ。その題で。
いや、違ってないけど違うって。

ちなみに『海猿』のファッション・ライター目指してた加藤あいの
ファッションもどうかと思ったけど、デザイナー崩れ田中麗奈のファッションも今一。
田中麗奈の場合、モデルの問題もあるかと思うけど。
田中麗奈の父が石丸謙二郎、祖父が柄本明。なんか濃い血よのう。


陣内はピッタリすぎる。
ボケて親しい顔と厳しい顔、普段からの陣内すぎる。
身分隠しをばらしてのカタルシスはもちっと何かいい展開があった気もする。

普通に、頑張った奴がいい思いをする地道な流れで、
展開は基本的に思った通りなので2時間という尺はちょっと長め、かな。

中村ゆり、いい役だ。でも出番少ない。



【銭】
正規料金1300円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キツツキと雨@ぴあ映画生活
種まく旅人~みのりの茶~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
キツツキと雨@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
キツツキと雨@映画的・絵画的・音楽的
キツツキと雨@LOVE Cinemas調布
種まく旅人~みのりの茶~@LOVE Cinemas調布
種まく旅人~みのりの茶~@ほし★とママのめたぼうな日々
スポンサーサイト



『テイカーズ』『映画は映画だ』を新橋文化で観て、いいラインナップやねえふじき★★★,★★★

◆『テイカーズ』

五つ星評価で【★★★悪いのはポスターを初めとする宣材】

普通に面白いギャング映画。

単純に『強奪者たち』というタイトルでいいんじゃないだろうか?
お腹が減ったら『スニッカーズ』みたいで、
『テイカーズ』じゃ意味もニュアンスも伝わらない。

この強奪者グループのツカミの強盗がスタイリッシュでかっこいい。
ツカミの強盗がある映画ってのも珍しい。

そしてメインの強盗も、そんなアイデアでって驚きがある。
(ただもう1アイデアあったらよかった)

そして、逃走と裏切りと混線乱戦。
ちゃんといろんなバリエーションを織り込みながら回してる、上手い。
蟻の一穴から完璧だった物が瓦解してしまう切なさが来よるなあ。

追う側の刑事の止むに止まれぬ事情もあり、
追う側も追われる側も正義のようだ、ただ一人腐った裏切者を除いては。

チラシのメインビジュアルとかがA級戦犯で悪いと思う。
6人の男が黒服で配置されているだけで、何も表していない。
マッド・ディロンなんて刑事役だから、同一空間に同席してたらおかしい。
ヘイデン・クリステンセンの蝶ネクタイとソフト帽は芸人臭くてかっこ悪い。
大事な位置にいるポール・ウォーカー漏れてるし。



◆『映画は映画だ』

五つ星評価で【★★★悪いのはスターの私服(むちゃカッコ悪い)】

ひょんな事で映画に出る事になってしまったヤクザ「ガンペ」と
映画スター「スタ」の意地と友情。

対立しながら、お互いに譲れない部分も持ちつつ、
徐々に認め合っていく様子は太河ドラマ『平清盛』のマツケンと玉木宏みたいだ。

我儘放題の子供みたいなスター「スタ」は損な役。
ヤクザでいながら多面的で、できるだけよかれと振る舞う「ガンペ」は
たいそう美味しい役。

スターの慰安婦扱い女子が割と好み。

映画スター「スタ」がちょっとオードリー若林に似てる。

バロムクロスでバロム1に変身してしまいそうでもある二人。



【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テイカーズ@ぴあ映画生活
映画は映画だ@ぴあ映画生活