FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『3D SEX&禅』をシネマート新宿1で観て、どっと疲れるけど原紗央莉は絶世に綺麗よなあふじき★

五つ星評価で【★いやでも原紗央莉は綺麗よ】


知りたくないSEXの全てがここにある、みたいな映画。

野郎はSEXバカだらけ。
女は娼婦か被害者みたいな世界観で、
ひたすら弱者は蹂躙されるだけ。

疲れる。

だが、それでもってしても、原紗央莉のボデーは素晴らしい。

顔はダメだ。ボデー、ボデー。

嘘、嘘。顔も素敵。

というか、原紗央莉以外は美人なんだけど好みじゃない。
あと、野郎は均等にイケメンじゃないと思うな。
どうにかしてくれ。



【銭】
シネマートのメンズデーだけど、値段は変わらず1500円。
3Dメガネ持ってったからメガネ代はかからなかった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
3D SEX&禅@ぴあ映画生活

PS 3Dだったけど、まあ、特にどうという記憶もなし。
スポンサーサイト



『いわさきちひろ 27歳の旅立ち』をテアトル新宿で観て、立派だふじき★★★

五つ星評価で【★★★立派。でも実はノリそこなった】


絵本画家いわさきちひろの知られざる闘いの歴史を綴る。

といっても『ストリート・ファイター』みたいに横スクロールで
いわさきちひろが戦う訳ではない(たりめーだ)。
勿論、いわさきちひろの描く子供たちがスタンドのように、
ちひろの敵に襲いかかるとかそういう事実もない。

そんな馬鹿げた事実がない、地道な戦いをせざるをえない、
ただの人間なのだから、戦うってのは大変だ。

という事で普通にいいドキュメンタリーです。
繊細なちひろの絵がいっぱい見れるのも嬉しい。
こういうナレーションが入った普通のドキュメンタリーが好きなのだ。

ただ、何故、今、いわさきちひろを取りあげたのかはよく分からない。
あ、あれか。
早いとこ、作って公開しておかないと、
黒○徹子とか使えなくなったりすると損だからか?
(ダメだよ、そんな本当くさい嘘ついちゃ、俺)


【銭】
テアトル系会員割引で1300円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
いわさきちひろ~27歳の旅立ち~@ぴあ映画生活

共通テーマ「橋下市長の不倫騒動どう思います?」

橋下市長がプリン騒動。
  
人間国宝のプリン作り師に、
「もう、お前に金はやらん」と言ったとか?
プリンに演出やバラエティーが足らん、努力しろと言ったとか?
  
プリンより野田を誉めた方が問題じゃない?
どういう真意やお金の動きがあるんだか分かんないけど。
この弱り切った民主党で、民主党党首橋下とか
いきなりなったら永田町は一波乱だろうなあ。
自民を退けた民主党政権が失敗した今、
誰が何やろうが政治が良くなるとはとても思えない。
  
だから、プリンやっても不倫やってもいいか。
不倫にも演出が必要だと言って、TVで実況中継とかしよう。
  
頑張れ橋下、不倫だけ。

共通テーマ「レバ刺しの食べ納め、しましたか?」

うんにゃ。

しかし、駆け込み需要で食べて死んだ人、多いみたいですね。
レバ刺しで本当に食べ納めになるとは思ってなかったろうなあ。

好きなもの食べて死ぬのは腹痛とか抜きに考えれば
割と幸せな死に方に分類されると思うけど、
ブームに乗って、そんな好きじゃないのに食って
死んじゃった「うっかりさん」は浮かばれないなあ。

以下、連想。

『必死剣レバ刺し』

豊エツが殿様の口の中にレバを無理やり
………題名の「剣」が出てこないなあ。
「レバ」で出来た剣っていやだし。
ってか、「レバで出来た剣」って、
レバーの焼き鳥の焼く前にすぎないか。
レバーの焼き鳥ならまだしも、
つくねの焼き鳥剣とかは相手に優しそうというか、
意味なく勝てそうにない。
「ぼんよよよよーん」みたいな。

剣にチビ太のおでんみたいにハンペン、大根、ガンモが
付いてても弱そうだ。いや、弱そうに見えて熱々の汁で
実はとっても危険ってか、使用者が火傷する率の方が高いか。

そんな使用者の危険を考えて開発されたのが
チョコ・フォンデュ剣
チョコの甘い香りが流血の生々しさを軽減してくれるので人気の一品です。

「いやあ、わしも今までチーズ・フォンデュ剣を使ってたが、
 やはり、チョコ・フォンデュ剣にはかなわんよ」

『必死チョコ・フォンデュ剣レバ刺し』

という訳で、憎い仇のレバの臭みをチョコで消す、
オシャレな侍のあなたにかかせない一品、
今なら刀身一つをオマケに付けてセット価格298でお届けします。

みたいな映画を公開したら、
過去から、たまたまやって来て映画館に入場した
「ちょんまげプリン」によって、

「武士は、武士とはそのようなものではない」と錯乱して、
50人以上を切りつける大惨殺に。

お、思わずタイムリーな話に悪ふざけが繋がってしまった。
『ダークナイト~』の犯人もあんな事やるなら、
クレヨンしんちゃんの映画観て、「お尻ぶりぶりー」とか
やるべきだったと思うよ。いや何、本質は変わらんだろ。

共通テーマ「宿題はすぐにやるタイプ?それとも後に残しちゃうタイプ?」

昔は割とすぐにやるタイプだった。
  
ビビリなので、
やらんとどんなひどい目に会うかもしれん
みたいに過剰な恐れを抱いていたのだ。
  
今は、ギリまでほっといても問題なくなった。
「宿題程度で死ぬ事もないしなあ」ぐらいに
アバウトになったからだ。
  
宿題をやってこなかったばかりに死んじゃった人、いないよね?