FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヒアアフター』をギンレイホールで観て、イーストウッド力を見せつけられてしまったよふじき★★★

五つ星評価で【★★★濃密なイーストウッド効果で見応えのある一品に】

あの震災後、公開打ち切りになってしまい、
なかなかお目にかかれない一本になってたのを、やっとこさ劇場で見れた
(私は基本、劇場でしか映画を見ないのだけど、
 それだけこの映画がかかる機会がなかったという事だ)。

確かにあの「津波シーン」はヤバイ感じだ(全く無関係を承知の上でも)。
少なくともTVでは流せんだろう。今でもまだ、ダメだと思う。

でも、映画館ならいいだろ。
当時、映画館が上映を打ち切ってしまったのは単純な自主規制ではなく、
来客の心情から、それ以降は客足が落ちてペイしないと踏んだのだと思いたい。
だから、不幸な災害の為、劇場にかかった時間は少なかったが、
問題のある映画ではないので、変なレッテルが貼られずに、
見れる機会はできるだけ損失されないでいてほしい。

しかし、「津波シーン」は凄い。
真に迫ってる。
だからこそ、打ち切りに至ったのだろうが。

汚ねえ口調で言うなら「いやあ、すげえもん見れてよかった」
別に不謹慎とは思わん。絵空事だからね。

そして、マッド・デイモンが又、適当にいい感じで演じるのだ。
イーストウッドって芋っぽい兄ちゃんをちゃんと芋っぽく撮ると思う。
いいよなあ、マッド・デイモン取り柄がなさそうで。
特徴はディケンズが好きなだけってオタク気質が同病相哀れむで、もーっ。
臨死体験を経た新型トレッドストーン(※)は精神攻撃タイプかよ。
(※トレッドストーンは『ボーン』シリーズのプロジェクト名)
あの恋人、よりによってあんな過去。
アメ公ってそんな過去の女性ばっかかよ、こええ国だ。


双子の少年うまい。
あれもパンドンみたいな双頭タイプとか、
『悪魔のシスター』みたいな二者一体型だったら問題なかったのに。
駄目か、そんな設定の映画。


パリジェンヌ彼女が美人。
ああ、美人すぎるう。
なのに、おい、デイモン、ラストのあのイメージカットは何だよ。
あのイメージカットでいきなり、映画がどんな映画か分からなくなってしまった。
まあ、そういう意味での寄り添いも求めているというのも分からんでもないけど。


で、多分、三つの生死にかかわる関係者が会う筈のない町で偶然に会って、
それぞれの人生をいい方向に動かし始めるという
本来はとっても小品チックな映画なのだと思う。
あまり大きな映画じゃない。
イースドウッドが演出したので、凄く立派な門構えの映画になっちゃった感じがある。

要所要所いいカットがあるけど、全体的には「だから何?」みたいになった感あり。
冷たいかな、俺。
濃密なイーストウッド空気が流れるから居心地は悪くないんだけど
(やっぱ上手いんだよなあ)。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヒア アフター@ぴあ映画生活
スポンサーサイト