FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『サスペリアPART2』をフィルムセンターで観て、アルジェントはわはははふじき★★★

五つ星評価で【★★★アルジェントって、いつも単に変な映画でいいなあ】

フィルムセンターの企画「ロードショーとスクリーン・ブームを呼んだ外国映画」の一本。

アルジェントらしい。
実にアルジェントらしい。

アルジェントの映画って話が分からんなあ。
AのシーンとBのシーンが繋がってる理由をじっくり説明してもらわんと理解できない。映画観てる時にじっくり説明されてもウザイから分からんまんまでいいんだけど、結論、話があってもなくてもアルジェントの映画は面白いのだ。

って事で筋は分かったような、分からんような。
「お前、バカか」という意見はあえて無視する。

でも、カットカットのアングル、絵としての作り込み、
音を入れた時の漠然とチープなのに、どうしようもなく押し寄せて来る感じ。

いいわあ。

何か、夏の夜道で蛙と蛇のSEXを見せられたような、感情が脳内に渦巻く感覚。
そういう感覚がアルジェント映画の楽しみだろう。お、俺だけっすか?
ドラッグ・ムービーなんだろうなあ。
多分、アルジェントはそんな事、何も考えていないと思うけど、自分が好きな事を追求したら簡単に芸術映画に片足突っ込んじゃった、みたいな。なので、つまらないアルジェント映画というのは、やはり筋がどうこうではなく、映画の中の重要なシーン(主に殺害シーン)が脳に響いてこない、そこじゃないだろうか。

で、今作はビンビン来る。

度々様々に現れる死のイコン。
何故、現われたかが分からないのに観客の脳に大きなダメージを与える自動人形。
変な死が鬱積してるかのような南国植物の廃家屋。
そして、ゴブリンのBGMが荘厳なのにチープに響く。
ああ、気持ちいい。

あ、一応2回目の筈だが、カットカット覚えていても全体はすっかり忘れていた。
「お前、バカか」という意見はあえて無視する。

偉い教授が執拗に家具の角で攻撃されるシーンを見て、
アルジェントは「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ」を知らないだろうになあ、
と思った。いや、知ってても知ってなくても偉い。
あの教授が見つけたヒント文字、結局何たったんだろうなあ。


【銭】
フィルムセンター、特別協賛価格1000円(普段の興行はもっと安い)

▼作品詳細などはこちらでいいかな
サスペリア PART2 紅い深淵@ぴあ映画生活

PS あと、10分、上映時間が長かったら、
 犯人はゲイ青年に変わったんじゃないかと思うくらい筋がどうでもいい。
 私の嫌いなアガサ・クリスティも筋がどうでもいい映画で作られるけど、
 あれは筋を見せる映画にしなくちゃいけないから、それではダメなのだ。
PS2 「約束です! 決して、ひとりでは見ないで下さい……」
 2回とも約束を破ってごめんなさい。
スポンサーサイト



『カサンドラ・クロス』をフィルムセンターで観て、あれれふじき★★★

五つ星評価で【★★★あれれ、そんなでもないか】

軍の施設で偶然新型ウィルスに感染してしまったテロリストがヨーロッパ列車に乗り込んでしまう。軍は老朽化した橋に列車を誘導し、極秘裏に列車事故で全ての事実をない物にしようと目論む。

という1976年の映画。フィルムセンターの企画「ロードショーとスクリーン・ブームを呼んだ外国映画」の一本

公開年に名画座で観たか、TV放映で観たかは忘れたが、
当時、凄く興奮した事を覚えている。

観直したら、割と普通の映画だった。

思い出はいつも美しい。


そうか、リチャード・ハリスだったのかあ。
戦う医学教授。同じような役どころを『沈黙の陰謀』でセガールが演じていたから、それに比べればまだリアリティがある筈だ。リチャード・ハリス普通だから。

その相手役にソフィア・ローレン。モードから抜け出たような美女。
ある意味、普通のリチャード・ハリスと恋愛モードに入るのが似つかわしくないというか、どこに接点があったのかがよく分からないカップル。まあ、リチャード・ハリスって、いつも普通の癖に、いつの間にか美女と出来てて違和感がないと言う得体のしれなさを持ってるから………チンチンでかいのか!(違ってても違ってなくても違うって)

あと、マーチン・シーンが若者で出てるのが凄すぎて笑える。
若者だからアクションやるんだよ。
若者だからおばさん、垂らし込んでヒモやってたりするんだよ。
いやあ、似てるなあ、チャーリー・シーンに。
マーチン・シーンは若い時はチャーリー・シーンに似てて、年を取るとエミリオ・エステベスに似てきてる。血って不思議だ。
これ以上、年を取ったら………宇宙人ポールに似るんだろうな。

それにしても、初見時はプロット(お話)も知らなかったし、軍が細菌を兵器として管理するという事実一つをとっても目新しい物だったから、今、見直すとありきたりなものに見えちゃうのはしょうがないんだろうなあ。

真っ白な細菌防御服を着用してマシンガンを構える軍部隊のイメージが強力。これはその後、ゾンビ映画でたまに見かけるようになる。頻度が少ないからか、今見ても新鮮。うん、初々しい、基本かっこ悪いんだよね、細菌戦がまだ慣れてない時代だからかなあ。

決して悪くない映画なのに、普通になっちゃったのは残念だなあ。




【銭】
フィルムセンター、特別協賛価格1000円(普段の興行はもっと安い)

▼作品詳細などはこちらでいいかな
カサンドラ・クロス@ぴあ映画生活

『長ぐつをはいたネコ2D吹替版』を早稲田松竹で観て、偉いぞ早稲田松竹ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ラテンとアニメがよく似合う事の発見】

2Dで観たが、空間認識力が物凄く冴えてるアニメだなと感じ入った。

屋根の上での追っかけっこ、洞窟での戦い。
めまぐるしく視点やアングルは変わるのに、
奥行き(近くと遠く)、主人公がどう動いて何をしようとしているか、
この情報が揺らがない、安定している。
アニメ、実写を問わず3D映像の中で、
おそらく何をどう撮るかのテクニックが
もっとも整理された映画であるに違いない(2Dで観たから推測だが)。

ストーリーはほろ苦くて大人向け側面も強いが、
次から次へと冒険、冒険と背景がめまぐるしく変わるので、
小さなお子様でも退屈はしないだろう(小さなお子様じゃないから推測)

そしてラテン。
音楽とダンスがなんと自然に話の中にカットインしてくる事か。
これはジャパニメーションでならす日本のアニメの不得手分野だ。
という事は、商品としての売りになる。
そうだよなあ『ヤマト2199』では踊らんよなあ。
いや、ちょっと踊ってほしくもあるけど。

あとは声優。竹中直人は器用で今回も及第点。
ハンプティ・ダンプティ役の勝俣州和は
声の演技的にちょっと大根くさいなと感じたが、
それが何を考えているか分からないハンプティの役と奇妙に合致。
何がプラスになるか、分からんもんだなあ。

あ、あと、これを番組に選んだ早稲田松竹さんの眼力に拍手を送りたい。



【銭】
ラスト1本800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
長ぐつをはいたネコ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
長ぐつをはいたネコ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
長ぐつをはいたネコ@銀幕大帝
長ぐつをはいたネコ@いやいやえん
長ぐつをはいたネコ@LOVE Cinemas調布

共通テーマ「オリンピックで期待している競技・選手は?」

『愛と誠』の権太くんが出場できたらなあ。

競技はメンチ。

そんなオリンピックが面白いと思うよ。

共通テーマ「なでしこジャパン、メダルの色は?」

昔、「ママでも金」と言った人がいませんでしたっけ。
  
であるなら、こんな色ではどうだろう。
「なでしこ全員ママになって女子力OKを証明するのだ。
 つまり、一丸桃色になって金色と玉色を目指せ」
  
ああ、因数分解すると下ネタだよ、またまたまたまた、俺って奴は。
  
しかしなあ、澤さんは女だからセックスアピール的には残念だけど、
男だったら、男前だよね。質実剛健な感じが凄くする。
澤さんは、頑張ればスーパーサイヤ澤さんとかになれそうな気がするのよ。
フリーザ様と戦えそうだよ。
  
………えーとね、
誰か、この暑さでとち狂って「なでしこジャパン、パンツの色は?」
という共通テーマをあげたりしないかなあ。