FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アメイジング・スパイダーマン』を109シネマズ木場4で観て、ホモじゃないけどトカゲが好みだふじき★★★

五つ星評価で【★★★良くも悪くもハイスクールっぽさが評価の分かれ目】

この映画とサム・ライミ版との間で評価がグラグラ揺れるのは非常によく分かる。
なんというか、とっても上出来なのだけど、良すぎはしないのだ。
そして、スピードワゴンが「あまーっ」って叫ぶくらい
甘いもんだからして、照れくさいのだ。
こ、こんな照れくさいのがスパイダーマンだっけ? みたいな。

まあ、TVドラマってか、ハイスクールっぽいやね(いい意味でも悪い意味でも)。

アンドリュー・ガーフィールドは好青年だけど、
あまりガタイがいい人(骨格がしっかりしてる人)は
スパイダーマンっぽくないと思うのは単にヒガミだろうか。
なんかね、モテ男チックなのがどーもね。
それだけ前のトビー・マグワイヤの印象が強烈という事なんだろうけど。

エマ・ストーンからは学生ギリギリオーラが漂う。
可愛いけど、学生部の名もなき眼鏡っ子とかに目を奪われがち。
つーか、生理を盾に父ちゃんを騙すような女は綺麗でもちょっと。
まあ、ビックリするくらい「普通」な女性役で、
もうちょっとクライマックスで活躍しさえすれば
………父ちゃんにいいところ取られた感じだなあ。
あと、30分、話が長かったらピーターと父ちゃんはキスくらいしてたかもしれん。

そして、トカゲ博士のリース・イーヴァンスがとてもいい。
『ノッティングヒルの恋人』のヒュー様の友人役かあ。
ああ確かに。いい感じで老けたなあ。
基本、形通りの悪役なんだけど、
リース・イーヴァンスの常に悲しそうなしょぼくれ具合と
筋肉オバケになった時の爽快な極悪面との落差が良かった。
ここ最近のマーベルの映画化に付きまとう、
ヒーローの相手はヒーロー自身の鏡像か兄弟というのがマタマタなんだけど、
「力」だけを特化したような「トカゲ」のデザインはとても秀逸。

あと、日本語のエンディング。
さんざん文句を言われているけど、
これは文句を言われるに値するひどい出来だ。
別に日本語とか日本人が歌う事をとやかく言いはしないが、
あの出来の悪さは何だ、と言いたい。
「日本版専用エンドテーマ」なんて
映画ファンがハナから怒りそうな事をやるのなら、
ぐうの音も出ないようなかっこいい曲を付けて見ろ。
そうでないなら手を出すなよ。

なんか全て見終わった後、アンドリュー・ガーフィールドが
実はフンドシを着用してました。しかも汚れてます、みたいな。
そんな悪い印象を裏方が映画に与えるのはどうかと思うよ。
リース・イーヴァンスの好印象で★四つにしたけど、
このEDのイメージで★一つ減らしてしまった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アメイジング・スパイダーマン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アメイジング・スパイダーマン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
アメイジング・スパイダーマン@映画のブログ
アメイジング・スパイダーマン@新・映画鑑賞★日記

PS ライミ版→ウェブ版でスパイダーマンの素顔露出傾向が顕著になってきた。
 この傾向のままもう一回リブートしたら、きっと
 「見て見て、このあたしがスパイダーマンなのよう。ラブ注入」
 みたいなカミングアウト秘密レス・スパイダーマンになってしまうかも。
PS2 №4が出てきても全く違和感のない世界観、とか思いません?
スポンサーサイト



共通テーマ「猛暑にステテコ、どう思いますか?」

最近は女子も「女子テコ」と称して、ステテコを穿くらしい。

フリルの付いた女子テコを女子に穿かせて恥ずかしがらせたら、
羞恥プレイとしては、とても正しいと思うな。

野郎のフリルは更に恥ずかしいな(なんか全然ステテコの話じゃないな)。