FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『少年と自転車』『イゴールの約束』を早稲田松竹で観て、なんか無闇に名画座っぽい二本立てやねふじき★★★,★★★

ダルデンヌ兄弟のダルデンな二本立て。
なんだよ「ダルデンな」って、俺!

それにしても実に「名画座」という感じの二本立て。
こういう「名画座」な感じのヨーロツパ映画を持ってくるのは
今、都内だと早稲田松竹と新文芸坐くらいしか
出来ないんじゃないだろうか。難儀だね。


◆『少年と自転車』

五つ星評価で【★★★話に引き込まれる】

親に捨てられた子供シリル。
最初は遠まわしに。
ついに面と向かって。
彼が新しい家族と出会い、
その関係を壊しそうになりながら再び構築するまで。

いや、話にぐいぐい引き込まれる。
この後どうなるの、ハラハラ。

でも………好き嫌いでいうと嫌い。
このガキが好きになれない。
同情すべき環境と、そいつを許せるかは別。
んーーーーーーーーーっ、
おめえ子供だから何やっても許されると思ってるだろ。
キーーーーーーーーーっ、

おでも心は子供だからね。

あ、セシル・ドゥ・フランスは強くて綺麗っぽい感じでいいすね。

主人公に全く共感できないのにスクリーンから目が離せないのは
作品として上手いんだろうなあ。



『イゴールの約束』

五つ星評価で【★★★話に引き込まれる、これも】

親の稼業を助けるため、密入国者仕事斡旋ブローカーとして
働く少年が出会った、ある約束とその実践への苦悩。
密入国者仕事斡旋ブローカーって『ビューティフル』みたいだね。
こっちの方が断然むかし。

苦悩する少年が光ゲンジの諸星くんにちょっと似てるかも。
こっちの方が主人公への共感度は高い。
でも、こっちの方が話のサクサク感は鈍い。
うまくいかないもんだ。



【銭】
早稲田松竹、アンケート書いたら招待券が2枚当たった。そのうちの1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
少年と自転車@ぴあ映画生活
イゴールの約束@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
少年と自転車@映画的・絵画的・音楽的
少年と自転車@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

マクドナルド「オージーデリ」

  

気が付いたら新商品としての期間が終わってた。

パンチがない。

本当、パンチがなかった。
新商品としての華がない。
昔っからあったんじゃないの、
そんなフューチャーしなくていいんじゃないのみたいな味。
100円は可哀想だけど200円程度でいい気がするな。

大体オーストラリアから来た豪快感がない。
申し訳ないんだけど、ちょっとせせこましくて
ニュージーランドっぽい感じ(ごめん、ニュージーランド)

「オージーデリ」って「OGデリ」って………デリヘルかよ。
そー言えば、とっても普通な人が来ちゃった感
(ちなみにデリヘルを使った事はないよ、ヘイヘイ)。

『ファミリーツリー』『ヘルプ』を早稲田松竹で観て、ええ組み合わせやね、ふじき。★★★★,★★★★★

◆『ファミリーツリー』

五つ星評価で【★★★★ええ話やった】

妻にまかせっきりにしてた家族を妻の事故により
夫ジョージ・クルーニが否応なしに取り返していく映画。

なかなかいいんである。

ジョージ・クルーニが超人でも凄腕の殺し屋でもなく、
単に頑張る父ちゃん、しかもけっこう頑張りが地味。
そう言えばジョージ・クルーニもバットマン演じた事あったんじゃなかったっけ。
バットマンに忙しすぎて家庭を顧みない夫。

男はみんな仕事に誇りを持つあまり、
仕事を家庭より優先させつつ、
家族からはきっちり愛されたいという甘えを捨てきれない生き物だから、
これ見た野郎どもは半端なくジョージ・クルーニに共感してしまうと思う。

情けない愛されキャラと化したクルーニがいいなあ。

あと二人の娘、
ちっちゃい方は見事なレベルのへちゃむくれ具合。
大きな方は、いい感じの美人さん。
そして浜辺で出会うネタバレ秘密の女の人がバリバリ好みでタイプの美女。
キャスティング・ディレクターの女の趣味がとてもいいんである。
こういうのは大事。

ラスト到達する、とても自然な光景は、
疲れたサラリーマンが夢想する楽園の光景かもしれない。

PS ファミツリ
PS2 ジョージ・クルーニーが父ちゃんを演じる
 『ファンタスティック・MR.フォックス』。
 ちょっとだけあれと同じ演技メソッドで、
 この映画撮ってくれないかとか思った
 (物を食うシーンで野生に帰るの)。



『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

五つ星評価で【★★★★観直してもええね】

相変わらずエマ可愛い。
しかし、何気に腕毛はちょっと濃いみたいで、
ジュリアン・ムーアっぽくって、ちょっと危険だ。

さて、前回鑑賞時、エマの育ての親がいかりや長介みたいと書いた。
ちなみにチョコケーキのミニーは荒井注に似てる。
そして黒人側の主役のエイブリーンは誰かに似てる、誰かに似てる、
と思ってたんだけど、映画観直して分かった。


ハナ肇だ。

そんな事に気づくなよ、俺。



【銭】
早稲田松竹、アンケート書いたら招待券が2枚当たった。そのうちの1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ファミリー・ツリー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ファミリー・ツリー@映画のブログ
ファミリー・ツリー@映画的・絵画的・音楽的
ファミリー・ツリー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ヘルプ@ふじきの前観た時の記事

マクドナルド「レタス&ペッパー」

新メニュー。

120円の割には基本、肉とレタスだけの
「ぺらい」バーガー。
レタスがシャキっとしてないのは、
もう本当にマクドナルドのお家芸みたいなもんだ。

まずくはないけど、100円のチキンクリスプの方が断然なお得感がある。

「お、俺はチキン野郎じゃないぜ」
というコダワリ派の方のみ、20円余計に出して
「ぺらい」感を堪能してください。

共通テーマ「食欲の秋!好きな食べ物はなんですか?」

  

しかし、今、気が付いたけど、季節の冠に「欲」が来るって凄いな。
人間の三大欲求の一つだよ。
そういう意味では「睡眠欲」は春だろうね。ウツラウツラが気持ちいい。
冬眠する熊とかにとっては冬かもしれんけど。冬山で寝てたら人は死ぬし。
いや、でも、あれは気持ちいいかもしれんな。
冬、起きる時の辛さは何物にも勝てん気もするし。
「睡眠欲の春」
「永眠欲の冬」とかか。
  
問題は最後の一つ「性欲」だ。
人間は年中発情してる生き物だから本来、
季節はないのかもしれないけど、
「肉欲の秋」というと、しっくり来る気がする。
「芸術の秋」「スポーツの秋」もあるから、
芸術的にねっちょり、スポーツ感覚でGOGOと
全く接点がないという訳でもないからかなあ。
  
という訳で、最近だったら誰だろう。
ショートカットにした蒼井優ちゃんを食べたいなあ。
  
なんか、ずっと同衾してるだけでも気持ちいい気がする。
  
季節的に旬の食い物だから「梨」も食いたい。
「梨」が入ってる芸能人、佐藤江梨子も嫌いじゃないけど、
食べる食べないで言うとそんなでもないな。
  
季節的に旬の食い物と言えば「さんま」もそうだ。
「さんま」が入ってる芸能人、明石家さんまも嫌いじゃないけど、
食べる食べないで言うと、
                バババババ、ばかもーん。

共通テーマ「敬老の日!どんなおじいちゃん、おばあちゃんになりたい?」

  

世界を征服して、不老不死で、
寝た切りとか徘徊とかしない
お爺ちゃんになりたいなあ。

  
※ せっかくわざわざ、ライブドアのブログ共通テーマに参加したのだから、ライブドア社(旧名)は全力をもってこの実現に尽力していただきたい。

という世迷言を言ってられるのだから、まあ、そこそこいいお爺ちゃんなんじゃないのかなあ(孫はいいひんけど)。

共通テーマ「自分が成長したと思うのはどんなとき?」

  

ヘリプロン結晶Gを大量に摂取した時かな。

マンガ『少女ファイト 第九巻』日本橋ヨヲコ、イブニングKCを読書する男ふじき

やっと出た。

1冊出るまでスパンが長いなあ。

読んでる間は半端なく幸せ。

読ませるなあ。

『コンテイジョン』『タイム』を新橋文化で観て、ええ組み合わせやねふじき★★★★,★★★

◆『コンテイジョン』

五つ星評価で【★★★★しまった。面白い】

スティーブン・ソダーバーグとは相性が悪いんだけど、
何でだか、今回だけはムチャクチャ面白かった。


グウィネス・パルトロウがあっさり死んで解剖して脳味噌ベロン。
うわ、あのカット凄いな。
グウィネスファンはあの脳の中に
チンコ入れられたりしたら………いや、何でもない。
あんなに物として扱われた役者の身体というのを久々に見た気がする。
そういう意味でグウィネス偉い。
ああ、あの脳味噌の中に俺のいきり立った××××を(自粛)
かんかんのうを踊らせたいってフリだな。


ケイト・ウィンスレットはいつも地味で控えめで、
確実にやる事はやっているのに幸せになれないという定番な役。
この人、いまだに代表作は『タイタニック』なんだろうなあ。
本人もそれじゃ嫌なんじゃないかなあ。


ジュード・ロウが嫌な奴すぎて凄い。


日本パートを見たかったなあ。



◆『タイム』

五つ星評価で【★★★ゆるゆるゆる】

貨幣の代わりに寿命というワンアイデアがなかなか可愛い佳作。

アマンダちゃんがかーいーのと、
キリアン・マーフィーがいい仕事しよるなあが印象的。
評判の悪い麻里子様吹替えで見てみたかったなあ。
あれで25歳だったら学生時代の仇名は「オヤジ」だな。
「中学の時にイケてないグループに属していた芸人」で
麒麟の川島が学ランを着てるのを何とはなしに思い出してしまう。
キリアンも要領悪げに見えるからなあ。


【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
コンテイジョン@ぴあ映画生活
TIME/タイム@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
コンテイジョン@映画のブログ
コンテイジョン@映画的・絵画的・音楽的
コンテイジョン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
タイム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
タイム@いやいやえん
タイム@銀幕大帝

『キラー・エリート』を新橋文化で観て、おいしいなデ・ニーロふじき★★

五つ星評価で【★★まあまあだけど後半がながめ】

「世界最強の特殊部隊VS世界最高の暗殺者」
「国家レベルで守られるSAS(英国特殊部隊)の精鋭3人を
 事故に見せかけて殺せ!」
コピーにわくわく。

前半はそれぞれのプロフェッショナルな部分が強調され、
虚々実々の情報戦になっていて、かなり面白い。
後半、ステイサムの身元が分かった辺りから、
物語のフォーマットが崩れてしまいグダグダになるのが残念。
元が実話だから、あまり奇想天外な展開には出来なかったのかもしれない。

それにしてもデ・ニーロ、全体に出番は少なく、
極力しんどいアクションもないのに、
確実にいい場面をさらうのはおいしい役だ。

ステイサムはいつも通り。
ハゲで人相悪いのに、美女にモテるのは、もう幼馴染しかない!
みたいな感じで、幼馴染が恋人。
いいなあ、そんな便利な幼馴染ほしいなあ。

クライヴ・オーウェンはサングラスに髭に黒の革ジャンで
フレディ・マーキュリーっぽかった。
ハードゲイ酒場にいそう。

この三人が三角関係になって、違う違う違う。



【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キラー・エリート@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
キラー・エリート@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
前のページ 次のページ