FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『少年と自転車』『イゴールの約束』を早稲田松竹で観て、なんか無闇に名画座っぽい二本立てやねふじき★★★,★★★

ダルデンヌ兄弟のダルデンな二本立て。
なんだよ「ダルデンな」って、俺!

それにしても実に「名画座」という感じの二本立て。
こういう「名画座」な感じのヨーロツパ映画を持ってくるのは
今、都内だと早稲田松竹と新文芸坐くらいしか
出来ないんじゃないだろうか。難儀だね。


◆『少年と自転車』

五つ星評価で【★★★話に引き込まれる】

親に捨てられた子供シリル。
最初は遠まわしに。
ついに面と向かって。
彼が新しい家族と出会い、
その関係を壊しそうになりながら再び構築するまで。

いや、話にぐいぐい引き込まれる。
この後どうなるの、ハラハラ。

でも………好き嫌いでいうと嫌い。
このガキが好きになれない。
同情すべき環境と、そいつを許せるかは別。
んーーーーーーーーーっ、
おめえ子供だから何やっても許されると思ってるだろ。
キーーーーーーーーーっ、

おでも心は子供だからね。

あ、セシル・ドゥ・フランスは強くて綺麗っぽい感じでいいすね。

主人公に全く共感できないのにスクリーンから目が離せないのは
作品として上手いんだろうなあ。



『イゴールの約束』

五つ星評価で【★★★話に引き込まれる、これも】

親の稼業を助けるため、密入国者仕事斡旋ブローカーとして
働く少年が出会った、ある約束とその実践への苦悩。
密入国者仕事斡旋ブローカーって『ビューティフル』みたいだね。
こっちの方が断然むかし。

苦悩する少年が光ゲンジの諸星くんにちょっと似てるかも。
こっちの方が主人公への共感度は高い。
でも、こっちの方が話のサクサク感は鈍い。
うまくいかないもんだ。



【銭】
早稲田松竹、アンケート書いたら招待券が2枚当たった。そのうちの1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
少年と自転車@ぴあ映画生活
イゴールの約束@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
少年と自転車@映画的・絵画的・音楽的
少年と自転車@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト