FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「好きなモノは先に食べる派?それとも最後にとっておく派?」

  

好きな野茂?

ブラックサンダーチョコクレープ

クレープの中に「ガリッ」と硬い異物(ブラックサンダー)が入ってる食感が意外。
実に邪道なところがブラックサンダーらしいっちゃあらしい。

『隣る人』をキネカ大森1で観て、素晴らしくても俺向きではないふじき★★★

五つ星評価で【★★★いいドキュメンタリーなんだけど、そこには惹かれない】
  
信じてもらえないかもしれないし、
信じてもらえなくてもいいのだけど、
私だって鬼じゃない。

真摯な態度で児童養護施設に寄り添いながら、
そのどうあるべきかを生活を通して模索するドキュメンタリーに
「けっ」とか言う気は毛頭ない。

これはこれであってもいいし、
これを誉める人を攻撃する気はさらさらない。

ただ、個人的にはこういう編集に力を裂かない
映像記録系のドキュメンタリーは苦手。
頭が悪いから、過剰なくらい説明してもらいたい。
そういう傾向のドキュメンタリーを好む。

私がドキュメンタリーに望むのは
観た事も聞いた事もないような珍しい真実だ。
残念だけどそういう映画ではなかった。

ムッちゃんとマリナは普通の子供であって、
身長20メートルあったりしないし、
ネクストと呼ばれて奈良の大仏を歩かせたりもしない。
保育士も子供を食い物にしたりしないし、
『ドラゴン・タトゥーの女』みたいなひどい目を
子供に与えなそうで安心安心。
誕生日のシーンがあったけど、観たいのは裸族の通過儀礼で
初めて獣を狩りに行くとか、死のバンジージャンプとかだ。

それにしても規模は色々だろうけど
児童養護施設って『タイガーマスク』
ちびっこハウスみたいな印象だったので、
何か「親戚のお泊り」に近い。そんな風に感じた。
まあ、でもちゃんとミスターXに出てきてもらって
人買いみたいな事をしてもらいたいね、『タイガーマスク』は。

これはこれで良しなんだけど、でも、それはそれで、やだいやだいやだい。
そんな状況です。

にしても、世界はなんて不完全なんだ。
自分の子供くらい無条件に好きでいるのが当たり前とか思うのだけど、
そうじゃない事もあったりするのだ。やるせないなあ。


【銭】
ラス1本。キネカの会員だと500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
隣る人@ぴあ映画生活

『アイアン・スカイ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、おおおごめんよおふじき★★★

五つ星評価で【★★★もちっと単純な笑いを加えてほしかった】
  
単純にゲラゲラ笑えるコメディーが見たかったけど、
ニヤっと笑えるエスプリの方が強めだった。

ただ、金髪姉ちゃんが果てしなくカワイコちゃん
それはちゃんと評価したい。脚が綺麗だよ、また。
で、いい娘なんだ、この娘が。
というか、いい娘も悪い娘も、この娘しか娘は出ないんだけど。

かなり序盤、宇宙空間でエアロック解除により、彼女の服がビリビリに敗れる。

く、くだらねえ。

でも、これだ、これだよ。

これを後30分くらい被せてもらってもよかった。


ナチスが月からやってきた後、彼と彼女と白い黒人と大統領と総統とが、
それぞれ勝手に動いて、起きてる問題点がどうすれば解決して
大団円になるのかが明快でない。これをちゃんと提示できなかったのがしくじったね。

月面ナチスのビジュアルかっけー。
あと、黒人がモデルの癖にかっこよくないね。


【銭】
トーホーシネマズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アイアン・スカイ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アイアン・スカイ@或る日の出来事
アイアン・スカイ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

『ロボット 完全版』を下高井戸シネマで観てインド人とケンカしてはいけないぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★これを売れと言われた宣伝部は困ったと思うな】
  
一部で噂の『ロボット』
長さの都合で、劇場にはかかりづらそうなので、
下高井戸シネマでかかったのがラストチャンスに近かろうと
あまり足を運ばない劇場に足を運んで観てきました。

ああ、すげえよ。

インド人すげえよ。

なんでそうなるの?

「朝鮮人に酢を食わせろ」とばかりに「食え・酢・チョン」マークが
100個くらい浮かび上がってきそうな勢いの変な映画。
これを宣伝しろと言われて宣伝部も困ったのだと思う。

「ワケわからんが面白い」

これは完全なコピーだ。
誰もがこの映画を観て、こんなので楽しめる筈がないんだけど、
どうしても楽しい楽しい楽しい俺はダメ人間だあ、みたいな諦めと悟りと
誰もが同じだから心配するな、みたいな優しさまで感じる。
そんな思いがなくちゃロボットと蚊が対話する映画を「面白い」とか言えないだろ。

映画セオリーからするとけっこう雑で荒い事を平気でやってて、
単純な話にもかかわらず、善人も悪人も人間もロボットも
勧善懲悪じゃないし、立場がコロコロ変わる。
しかも、それは複雑な人間性を表現したいが為にそうなった訳ではなく、
何となく脚本が荒いからそうなってしまったっぽいのだ。

主人公も恋人もロボットもいい人だったり、悪い人だったり、適当すぎる。
でも、その適当が不快じゃない。
まあ、いいだろ。インド映画なんだし。

ラスト30分は目が画面に釘付け。
特撮スタン・ウインストン・スタジオなんだよね。
本気の人がトコトン羽目を外すとドエリャー事が出来るという。

よし、この精神を見習って『海猿』の次回作で、伊藤英明は蚊と喋れ!



【銭】
正規料金1600円をチラシ持参で200円割引。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロボット〈完全版〉@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ロボット@映画のブログ
ロボット@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ロボット@銀幕大帝
ロボット@いやいやえん
ロボット@よしなしごと

共通テーマ「学校の体罰って、どこまで許せますか?」

以下は厳禁。
  
鞭打ち、蝋燭を使用した火責め、吊るし責め、水責め、石抱き、木馬責め。
  
体罰OKな時代に教育されたので、
線が引かれるのなら体罰は全く問題なし。
線は直接的な体罰ならビンタくらいまでかな。
普通、親の代用でやって許されるくらいなら問題なし。
モンスター・ペアレンツとかがいるので、
全ての教育機関で横並びに体罰OKには出来そうにないけど、
私立学校は体罰許可しても問題ないんじゃないかなあ。

『劇場版TIGER&BUNNY The Beginning』をHTC渋谷1で観て商売熱心に感心ふじき★★★

五つ星評価で【★★★普通に面白いとは思うけど熱狂はしなかった】
  
いわゆるタイバニ。
TVアニメを見てなかったので、これがお初になる。

位置づけとしてはTVの編集版に当たる。
うんまあ、お初のお客を取りこぼさず、山場の設定も悪くない。
よく、出来てると思う。

うん、しかし、まあ、なんだ。
姉ちゃん力が弱いな。
紅一点ブルーローズは綺麗どころだけど、ぐっとは来ない。
フラがないんだな、きっと。
野郎だからBL力が強くてもぐっと来ないし、
ファイヤーエンブレムみたいなカマにもぐっと来ない。

あ、聞こえない小声の斉藤さんが好き。

それにしてもフックの多い映画だった。
素人だからフックにかかるかからないは微妙なんだけど。



【銭】
映写ミスでもらった「ごめんなさい券」を使ったから無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

マンガ『アドルフに告ぐ 全五巻』手塚治虫、文春文庫ビジュアル版を読み直す男ふじき

晩年の手塚治虫の普通の一本。

ちゃんと終わってくれただけで「ありがとう」な感じだけど、
読んでるとちゃんと面白くて読ませる。
しかし、昔のマンガという感じで「密度」が濃い。
読み飛ばし感が得られないのは惜しいけど、
何事も一つで全てを得ようとしてはいけない。

5巻あたりのアドルフ・カウフマンの
非人道な壊れっぷりが、もうどうしたらいいんだろうな哀れさ。

ぶつぶつ言うヒットラーが会った事もないのに「らしい」感じ。

共通テーマ「布団や枕など、寝具のこだわりを教えて!」

  

誰か俺を人肌の抱き枕として買ってくれないかなあ。

ただ加齢臭つくから売れ残っちゃいそうだなあ。

あー、えーと、寝具のこだわりね。
寝具側から言わしてもらえば、ホモには買ってほしくないっす。

松屋「厚切り焼き牛めし」

  

焼き牛丼後発としては、先発組をあまり研究してない。

基本、汁っ気のない肉とライスだけなのだから、
投げやりに肉を中央に固まって配置してはいけない。
綺麗に並べて置いてやる必要がある。
それは肉汁の味をご飯に染みこませる為でもあり、
実は肉とライスのみの貧乏っぽさを隠して払拭する為でもある。

店の教育に寄るかもしれんけど、自分が食った時は失敗だった。
前のページ 次のページ