FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『カミハテ商店』をユーロスペース1で観て、立派であっても好きではないなふじき★★

五つ星評価で【★★立派な気はするが、あの間はきつい】
  
上終(カミハテ)に商店を営む千代は自殺者を止めない。
彼女の身辺に漂う生と死の流れを描く。

エンターティーメントではない「生死」に関する映画はきつい。
いや、やり方の問題で、この映画の中では「生死」に関して
はっきり「どうだ」「こうだ」と叫んだりしないのだ。
主張が見えづらい。

主役の高橋恵子が何をどう思って日々を暮し、
何をどう思って自殺者を見逃すのか。
それを書かずに読み取らせることが「美学」とする考え方もあって、
一概にそれは否定しないのだが(※)、
だからと言って、あんなに延延、あんなにゆっくり尺を使った演技を
そのまま流さなくてもいいだろう。恐れ多くて切れないというなら、
新人監督は高橋恵子を起用すべきではない。

※ 「その時、千代は初めて見過ごせないと思った」
  みたいなテロップが画面に出るのは、流石にどうかと思う。


104分、そんなに長い映画じゃないけど、
今の内容をそのまま煮詰めれば60分くらいでいいんじゃないだろうか。

高橋恵子と寺島進の関係が最初よく分からず、
演出上あえて隠してたと思うんだけど、
話の展開で特にサプライズがないのだから、
最初からはっきりさせた方がいい。
言葉が不穏当かもしれないが、多くの生と死を並列に語り、
しっかりカタログ化する事によって、チラシに書かれている
「二人を取り巻く様々な人々の"生と死"の物語である。」
が、実現すると思う(今は実現できてないと思う)。

いい役者、いい演技、いい風景はある。
あとは組み立ての問題で、
こういう組み立てが好きな人がいてもいいが、
私は好きではない。

殊更に悪くはない気もするのだが、ストレスがたまる映画。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
カミハテ商店@ぴあ映画生活

PS 映写トラブルで1,2分、スクリーンが真っ白になった。
 みんな奥ゆかしくて誰もフロントに告げに行かなかったので、
 映写室で悪戦苦闘してる風も見えなかったから、私が知らせに行った。
 上映者側は割と気づかないからなあ(映写室にずっと人が詰めてないから)。
 じっと待ってても事態は好転しないけど、
 知らせに行くのは全然関係ないけどチクリに行くみたいだし、
 「すぐ直ったら」とか思うと、行きづらいんだよね。
 で、上映再開。
 「ごめんなさい券」は出ず、葛藤があっただけにちょっと残念。
 ユーロスペースの映写の人はいつも滑舌悪いのだけど、
 映写トラブルを謝る言葉ははっきり放送してほしい。
 あれをゴニョゴニョ喋られると、謝罪の意思がないように逆に聞こえてしまう。

PS2 BGMが見せ場に到達するまで流れるマカロニな感じ
 (そして見せ場に到達しないのだ)。
PS3 映画で語られなかった「死にたい人は・・・死ねばいい」のセリフが
 テロップとして出る分、予告の方がコンパクトで優れてるかもしれん。
PS4 「カミハテ笑点」という変換はやめろ、ワープロ。

共通テーマ「教わっていない仕事はできないと答えちゃダメ?」

  

「この仕事をやりなさい」
「教わってないからできません」
「できなくてもやりなさい」
みたいなやり取りが話題になった時に出た共通テーマだな。
何か書いて書きっ放しにしてた。
で、その回答はと言うと・・・


フグ料理店ではちゃんと「ダメ」と答えるように。

『よみがえりのレシピ』をユーロスペース1で観て、立派だふじき★★★

五つ星評価で【★★★立派だ。立派が好きな人は見るといいよ】
  
「在来作物」というのがあって、今、どんどんなくなってるらしい。
それは、大量生産に向かなかったり、生産するのに一手間かかったりする
土地特有の作物。

そういう作物の新たな魅力を見つけて
廃絶を阻止しようという人たちの運動を描いたドキュメンタリー。
要所要所に子供の笑顔や美味そうな食い物が顔を出すから見やすい。

大量生産の安価な野菜に対抗するには何か値段以外の武器が必要だ。
この映画の中では「美食」。
うまそうだなあ。
この試みがうまく行くといいなあ。

この映画の中の「在来作物」が世に残っているのは人為的な偶然に過ぎないだろう。
周りが全部ディーゼル自動車に変えたのに、
「俺は木炭自動車がいいんだ」と乗り回す様な変わり者がいて、
初めて種が残るという危なっかしさ。

植物の種は保存が効くようでいて(単品としては効く)、
使って失敗したらお終いだから、万能に保存が効く訳ではない。
育て方を知ってる人間が絶えたら、種は残っても作物を作れない可能性は高くなる。
農家の継子がいない今は種の存続にとってリスキーな時代なのかもしれない。

遺伝子改造技術で、改造した遺伝子に特許が付く時代だ。
それらは種として、とてもイビツだと思う。
但し、商品としてとても強い種である。
他を根絶やしにしながら全ての耕作面作を
幾つかの少ない種が乗っ取ってしまいかねない。
それは危険な事だ。
冨がパテントを持つ者に集中するのも嫌な話だが、
それ以上に広い面積の全体が同じという事は、
例えばある種のウィルスに対して、
全滅するような事態が簡単に起こり得るという事である。

そういう場合に対応する為にも、種はたくさんあった方がいい。
また、なくなっていく種に潜む未知の可能性にも目を向けたい。
なくなっていく野菜の中に抗癌抑制力の強い物とか
まだ知られていない未知の魅力があるかもしれない。

基本的に大量生産の安価な野菜が市場を席巻してしまうのはしょうがない。
みんな、ふわふわした安全や未来への布石なんかより
「安く買える」事の方が好きだ。それは非難されるべきではない。
だが、手段を問わず、その大量生産の野菜とケンカするでもなく、
在来作物が生き残っていく道が何か模索できるなら素敵な事だと思う。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
よみがえりのレシピ@ぴあ映画生活

PS うわ、初めから終わりまでマジな文になってしまった。

JT「沖縄黒糖コーラ」

昔、コーラを初めて飲んだ日本人は
「こんな薬くせえ物が飲めるか!」と激怒したらしい。

それをあざ笑うかのごとく、もちっと薬くさい。
でも、そんな薬臭さがきらいじゃない味。

共通テーマ「結婚相手に三平男子って、どう思う?」

  

「三平(さんぺい)男子」=「平均的な年収、平均的な外見、平穏な性格」
なんだそうです。
  
この売りコピーで釣って、実は気が触れてるって豪気よのう。
  
頑張れ、釣りキチ三平男子!

『ツナグ』を109シネマズ木場4で観て、涙もろいぞ俺ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★泣ける映画でいいじゃん】
  
泣ける。
爺ちゃんになって涙腺よわくなってるからね。
ちょっとの事ですぐ泣ける。お得に泣ける。
「泣く」のはデトックスらしいからツルツルつやつやだ。
劇場側が薄い催涙ガスか何かを流してるのかもしれないけど、
何にせよ、泣かされてしまうのである。

松坂桃李は透明な感じで良い。
今回は狂言回し的な立ち位置だけど、決して他者のドラマの邪魔をしない。

樹木希林はもう見る映画見る映画ヨボヨボなんだけど、
リアル樹木希林はオセロ騒動なんか見るとシャッキリしてる。役者よのお。
まあ、実生活ヨボヨボじゃあ、ロックンロール内田裕也に耐えられないだろう。


最初のエピソード
遠藤憲一×八千草薫
八千草薫さんの清楚な和服がいいわあ。
「美しい着こなし」という美学があるんだなあ。
遠藤憲一は生まれた時から
ガラの悪いオッチャンであったとしか思えないから
この配役は鉄板。


第二のエピソード
橋本愛×大野いと
大野いとはけっこうメイクで変わるんだな。
後から名前確認して大野いとと気が付いた。
確かに顔立ちは一緒なんだけど、空気感をこれでもかと変えてる。
うんまあ『高校デビュー』ってか、
『孝行デビュー』できなかった役なんだな(ダジャレだよ、俺)。
そしてそれを迎え撃つ橋本愛の演技が凄い。
橋本愛、普通にそんなに美人とは思わないんだけど、
あの演技の憑依っぷりは凄い。
人間の一番汚い部分、そしてその汚さを自覚しながら生きていかなければいけない
十字架を背負う役を一番若い女優がグチャグチャになりながら
やってるさまから目を離せない。
この映画はこの時点で橋本愛のものに決まった。


第三のエピソード
佐藤隆太×桐谷美鈴
第二のエピソードに大部分持って行かれながらも、
脚本上、これが入ってる事で、松坂桃李のツナグとしての成長と自立が
はっきりと書かれる必要なエピソード。
佐藤隆太はいつも通りのメソメソ野郎だし、
桐谷美鈴はいつも通りのカワイコちゃんだ。
うん、カワイコちゃんだなあ。
うんうんうん、終わり良ければ全て良し。


【銭】
毎月10日の109シネマズデーで1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ツナグ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ツナグ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 通常のチラシサイズがB5。それが横に4枚繋がってる形。
 サイズから言うと変形B3。全てカラー。隔世の感あり。

『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】
  
まず、榮倉奈々が可愛い。
多分、この映画だから可愛いというのではなく、
榮倉奈々という生き物自身の可愛いさを隠しきれないという可愛さだ。
ああ、のぼう様といたす榮倉奈々をノーカットで見たいなあ
(おいおいおいおい、でもそこが無茶苦茶面白そうなんである
 「なんでじゃ。なんで大きくならんのじゃ
  おぬし、わしの事を好いてはいないのか(泣)」
 みたいな姫様いじりが無性に面白そう)。

映画の中のキャストで一番好きなのが榮倉奈々。
でも、映画キャラとしてではない気がする。
お茶の間、TVとかでよく見てるからな気がする。
どん兵衛の宣伝でニコニコ笑ってる榮倉奈々の延長線上で、
この映画の榮倉奈々の可愛さが成立してる気がする。

力持ちの武将にドンドコドンの山口(まだドンドコドンなのか?)
大人になりきれない敵の大将に上地雄輔、
いつでもどこでも子役の芦田愛菜、と随所にTVの人気者をTVっぽいままで起用。
だから、映画なようなTVなような。
パパになったからか、最近何にでも出る感じの市村正親は
『テルマエロマエ』のローマ皇帝よろしく今回も風呂に入るのだが、
ローマ皇帝と豊臣秀吉で全く演技メソッドが変わってない。
確かにローマ皇帝が「挑戦征伐じゃ!」と言っても
そんなに違和感はないのかもしれんが(そ、そうかあ?)。
山田孝之も山田孝之だったな。まあ、勇者ヨシヒコではなかったけど。

役者は見たまんまで、一切掘り下げがない。
そういう意味で大変潔い。
掘り下げるような尺はない。
そこにいそうな人がそこにいそうな役をそれとなく演じる。
いや、だから悪いでなく、それで充分であり面白いのだ。
でも、それはとてもお手軽に見えるので戸惑わなくもない。
話の展開としては水攻め前に戦いの厚みを出す為にもう何戦かほしかった。
演出としてはそれぞれの城出口の戦いを一目でどの出口で何が行われているか、
整理して見せられれば良かったと思う。
全体としてはそんな感じかな。
あ、殊更に登場人物を多く出さず、スポットの当たる人物を
限ったのは功を奏してたと思う。

あ、水は怖いね。
これはあの水害の後に公開を控えた気持ちが分かり納得がいった。


さて、役者レビュー。

野村萬斎。
絶妙のキャスティング。
惚け方に格式が合って上品。でもちゃんと惚けてる事がよく分かる。
ギリギリやりすぎてない感じ(「ひょろろろん」が長すぎなのは演出側のミス)。
声が通るのも主役として良し。

ドンドコドン山口
力持ちキャラ。山賊みたいな甲冑がいい。
あの甲冑が着こなせると言うだけのキャラなんだが、それでよい。

成宮くん
頭でっかちの軍師。甲冑が整いすぎてて七五三みたい。
頭でっかちが功を奏する場面がもうちょい欲しかったところ。

佐藤浩市
多分、馬扱いから起用されたんだと思うが、武将3人のバランスから言ったら、
めっぽう腕が立ち「力」よりは「技」の人を起用すべきなのだと思う。
佐藤浩市は強いが野戦系なイメージで、刀の切れ味は悪そうだ。
一昔前なら渡辺謙とか、今はいないか。

上地くん
意外としっくり来てた。
イメージに引きずられて勘定や計算が得意そうには見えないが、
あまりそっちをクローズアップするような展開がなかったので救われてる。

前田吟
和顔の爺だ。平泉成とそれぞれ交換可能。

中尾明慶
和顔の水飲み百姓顔。
こういう見るからに貧乏そうな顔が百姓に一人いるとリアルが違う。

鈴木保奈美
領民の村娘を集めては誰も知らない所で拷問とかしてそう。
端正な顔立ちだから奥方が似合う。

芦田愛菜
普通の子供が似合う。普通の子供を演じれるのはバカか天才だけ。
芦田愛菜ちゃんは今のところ天才の方である。
『裸の王様』の指摘しちゃう子供とか似合いそうである。

平岳大
敵の嫌味な武将。あ~ヤな奴だった、ので成功。
佐野史郎がやりそうな役。


ああ、でも、全体ちゃんと楽しめたよお。



【銭】
109シネマ、レイトショー割引1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
のぼうの城@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
のぼうの城@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
のぼうの城@Akira's VOICE

PS そう言えば、予告で要所を見せすぎかも。
 エレファント・カシマシの『ズレてる方がいい』はいい曲だが、
 予告編でさんざん聞いているので、アコースティック・バージョンとか
 耳先を変えたのが流れればよかったのになあ。
PS2 ここんとこずっと日本の総理大臣は「のぼう様」なんだけど、
 「のぼうの国政」にならんのは、
 人望がある人がトップに立たないからなんだろうな。

『カリフォルニア・ドールズ』をシアターN渋谷2で観て、立派だなやふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★おもろい】
  
骨太男映画巨匠ロバート・アルドリッチ監督の遺作。

コロンボのイメージのピーター・フォークは吹替えと違って声甲高い。
声のイメージが違うと何か偽物くさい。まあ、すぐ慣れたけど。

そのコロンボと女子レスラー二人が全米女子レスリングどさ回りの旅を行う。
「いいか、俺の動きを真似るんだ」と言って、元ボクサーのピーター・フォークが
飛びかかりパンチをすると、物真似機能が備わった二体のダッチワイフが……
えーと、嘘。

これはこれで、ちゃんと面白いのだけど、
『北国の帝王』とか『ロンゲスト・ヤード』のヒリヒリ感覚には適わない。

メインイベンターのでっかい姉ちゃんの処理の仕方がうまい。


【銭】
月曜メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
カリフォルニア・ドールズ@ぴあ映画生活

『バイオハザード ダムネーション』を渋谷シネパレス2で観て、残念ながらゲームやらんねんふじき★★★

五つ星評価で【★★★兵器キャラ面白し、人間キャラつまらなし】
  
幸か不幸かゲームは一切やらない。
だから『バイオハザード』もミラの映画を観てるぐらいで(最新観てないや)、
全くの一見さん状態だ。

んで、門外漢だから思うに、生物兵器サイドは面白い。
これはゲームをやらないので見慣れない物を見てるからかもしれない。
逆に人間サイドはつまらない。
どうしてもフルCGで表現される人間って人形に動きが近くなるし、
キャラクターに匂い経つほどの個性を与えるアニメーターもいなかった。
というか、人間のキャラクターの個性とテンション、何であんなに低いんだろう?

アクションゲームの登場人物って、もしかしたら、
プレイヤーと一体化がはかれるように
極端な個性がはみ出さないように設計されていたりするのか?
だとしたら、物足りなく感じた主人公レオンの没個性も、
プレイヤーにとってはずっと一緒に戦ってきた
寡黙な戦友に感じられるのかもしれない。

でも共体験がないから、
私にとってはスケベじゃないムッツリ兄さんにしか思えなかった。


で、必死に這い回るリッカーくんが妙に可愛い。
そのリッカーくんを叩き潰すタイランドくんも威風堂々としてていい。
『ガンツ』の仏像より、タイランドくんの方が絶対感がある。
タイランドくんも走り出すとラガーメンのようにひたむきだ。
あとゾンビの中でシャンプーしたドレッドヘアを
ぶんぶん振り回すみたいな奴が視覚的に面白い。


なんだか全く立ち位置が峰不二子のエイダさんは
脚が長すぎてスカートの奥が全く見えない感じで、
女体の神秘だなあ。
女大統領が意外とビッチなアマなのも笑う。
その女大統領にはブラ見せカットがあるのだが、
何だかこれでもかと言わんくらい萌え要素を感じない。
多分、主役のレオン兄さんがブラ見せした方が萌え要素が高いだろう。
ただ、この女大統領はビッチなりにいいキャラだ。


しっかり立ってるクリーチャー側のキャラはそのままに、
人間パートをキャラが立ちすぎてるルパン三世の面々でコラボして作ったら
超絶必至な娯楽作品が出来上がる気がする。
『バイオハザード三世 ダムネーションの城』
あ、なんか観たい気分がちょっとだけ上がった。


【銭】
1300円の前売券をチケット屋で1100円でGET。
げっ、都内で2D上映、府中かお台場くらいしかやってないじゃん。
泣く泣く400円付け足して3Dで鑑賞。
多分2Dで充分だったと思うな。
3Dは満足度に応じておひねり代金制にすればいいのに。
100円くらいなら払ってやってもいいかな。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
バイオハザード ダムネーション@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
バイオハザード ダムネーション@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
バイオハザード ダムネーション@日々是精進

PS あのバトルを田中真紀子議員がやったら・・・。
 やりそうなキャラではある。
PS2 ★の配分で言えば、
 前半がもたついて★二つ。後半アクション楽しくて★四つ。ならして三つ。
 人間のキャラ低くて★二つ。クリーチャー楽しくて★四つ。ならして三つ。
 みたいに必ずしも平たんではないので、好き嫌いは分かれそう。
PS3 リッカーは吠えないし、従順だから家庭のペットとしていいかも。
 室内で買えるように小型化したら飼いたいかも。
 何を食わせるかがよく分からんけど。
PS4 室内で飼えるタイランド。
 うーん、でもあの無表情で「くんくん」懐いてきたら
 それなりに可愛いかもしれない。
PS5 室内で飼えるエイダ。
 しまった。タイランドの方が可愛い気がする。

マクドナルド「デミチーズグラコロ」「ビッグチキンリッチソース」「テリヤキチキンフィレオ」

  

最近、大変評判の悪いマクドナルドである。
  
嫌われようとしてるようにしか思えん。

レジ手元のメニューシートの撤廃。
水供給の廃止。

メニューシートの廃止はサービス低下以外の何物でもない。
水は無料でくれるなんて知らなかった。
何故、皆が知らないサービスをわざわざ廃止にしたのか。
この後、採算以下の店舗は廃店にする発表があった。
人気さげて採算以下の店をわざわざ作ってまでしてリストラかよ。

という訳で、こんなお家騒動の中、味もピンと来ない気がする。

●「デミチーズグラコロ」
不味いとは言わんが大した味ではない。
所詮、コロッケパンである。
300円くらい取るにはコロッケパンは高くないか?
(割引価格だから正確な値段を知らず)
グラタンコロッケ自体がそんなに高い物ではない。
100円もあれば美味しい揚げたてが買えたりするんである。
「マックのグラコロならでは」という程の独自色もないし。
仮に試算すると、
コロッケが120円、バンズが上60円、下60円、チーズ30円、キャベツ30円。
高い、高い。
まあ、比較対象としてコンビニで売ってるレンジでチンするハンバーガーが
同じような値段で美味しくないから許してもらえているようなもんだ。

●「ビッグチキンリッチソース」
これはうまい。
下品で下司な味が最高。
何が「リッチ」だ。貧乏人が好きそうなえげつねーキツイ味付けしやがって。
クリスティーナ・リッチの方がよっぽどリッチだぜ。そりゃそうだ。

さて、問題なのは、手元メニューを撤廃して、
頭上の看板で同じラインを使う商品「ビッグチキン」の
販売中止を告知した為、「ビッグチキンリッチソース」まで
販売していないかのように見えてしまった点だ。
気配りが足りないなあ。
「ビッグチキン」の看板を外して「ビッグチキンリッチソース」の看板に
差し替えればよかっただけなのに。
売れ行き悪かったんじゃないだろうか?

●「テリヤキチキンフィレオ」
普通。
期待程度にはうまい。が、やはり思った程度だな。
味噌っぽいエグミをちょっと強く感じる。
前のページ 次のページ