FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版ほんとうにあった怖い話プレミアム』をユーロスペース2で観て、旧態依然やねふじき★

五つ星評価で【★驚かせ方が伝統的すぎるし、何か悪い意味でスタイルが変】
  
恐怖映画だが怖くない。
というのがまず致命的だろう。
ちなみに、立ち向かってくる主体性のある霊より、
理由不明に佇む霊が怖いというのが私の持論です。

霊のメイクがコテコテで盛り盛りである。
そこまで盛って、変な演出で「ポウ」とか霊に言わせんでもいいだろ。
あまりに盛ると日常から乖離して、
そらありえん度が高くなって、恐怖は半減する。
発生しうるであろう事態の延長上にしか恐怖はやってきてくれないのだ。

女の霊が回転数を変えて低くなった声で恨み言を喋ったりするが、
一部、裏声的にも聞こえて、鷹の爪団の吉田君みたいに聞こえる所がある。

キャーキャー言うお姉ちゃんがいっぱい出て来るが、
みんなお水っぽい。メイクきついし、疲れてる。

まあ、でも、これで楽しめるって人がいるなら、
それはそれで否定はしないが、どんなもんだろうね。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 ほんとうにあった怖い話プレミアム ~呪いの動画~@ぴあ映画生活

PS 安値の日なのに5人くらい。消費者は頭がよくて的確だ。
PS2 冒頭1分くらいフィルムトラブルで音声が出なかった。
 その時の恐怖感たるや半端ない。
 音が遮断された上でのえぐい恐怖映像はとても怖い。
 『リング』のビデオ映像に近い。
 いつも効果として使われる音のせいで恐怖が陳腐、摩耗しているという事だな。
スポンサーサイト



『恋に至る病』をユーロスペース1で観て、もっと不真面目に撮ればいいのになあふじき★★★

五つ星評価で【★★★主役の吾妻三輪子ちゃんかーいーなー】
  
何やら青少年の恋愛に関する通過儀礼のお話なのだけど、
こんなに魅力的なキャスティングが揃うなら、
単純なラブコメにしちゃえば面白かったのになあ。

ともかく主役ツブラの吾妻三輪子ちゃんがかーいすぎる。
若い時の「ちはる」みたいだ。
でも、役柄は自然にえっちい。
なんまんだぶ、なんまんだぶ、長生きはするもんだ。
って訳でずっきゅーんです。

吾妻三輪子ちゃんが生物学教師を垂らし込んで、
監禁されるまでがスピード感があっていいけど、
その後、物語的には何も起こらない。
4人の登場人物が出て来るが、人同士の化学変化というより、
各々の内省の果てに各々が成長するかのような話だ。

佐津川愛美と染谷将太の組み合わせは贅沢なんだけど、
燃え上がらずにくすぶっちゃった感じ。

もっと単純にちんちんが放浪するような話にして、
宿主が変わる事によって、宿主と元宿主の特徴や関係性を
笑いの中で浮き彫りにするみたいな展開にしたら、
もっと楽しめたと思う。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円、ユーロの会員更新費用でプラス1200円追加。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
恋に至る病@ぴあ映画生活