FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『任侠ヘルパー』をユナイテッドシネマ豊洲1で観て草磲くんがいーんであるふじき★★★

五つ星評価で【★★★悔しい事に草磲くんがいーんである】
  
悔しいが嘘はつかない。

草磲くんがいーんである。
ちゃんと役者してて、いつものヘロヘロではない、
芯が硬くてゴツゴツした男をちゃんと演じているのである。
顔が市川雷蔵とは思わないまでも、メンチが効くいい面だ。

まあ、SMAPの他のメンツも役者やってながらもあまり役者向きではないので、
他の4人のおかげで草磲くんがより良く見える、そういうシステムなのかもしれない。

このアニキ(草磲)がいつもイライラしてる訳なんですが、
けっこうイライラする世の中じゃないですか。
こんなイライラする世の中なのに、
周りに気を使ってイライラさえも表に出せない
・・・そんな事を観客も身に染みて分かってるから、
アニキへの共感度は高い。

元になってるTVドラマは未見。
黒木メイサが出て来る下りがTVドラマの流れを引き継いでいるのだろうが、
基本、アニキが極道で、以前シノギとして介護をやってた事だけ分かっていれば
(註:シノギではないそうです)
映画を観る上で全く問題ない。
黒木メイサの下りも過去因縁があった仲程度に見れるので特に違和感はない。

全体、話としては

起:コンビニバイトして凌ぐアニキにコンビニ強盗堺正章が出会う
承:堺正章のツテで暴力団がやってる介護ビジネスを引き継ぐ
転:劣悪な介護ビジネスを改善する
結:改善を許そうとしない暴力団にアニキがついに切れる

の構造で「結」の部分が弱い。
娯楽映画だから、スカっとして、悪い奴をコテンパにして、
最後スッキリ、カタを付けて終わりたいが、その辺が曖昧なのは残念な事だ。


さて、夏帆ちゃんがキャバ嬢なんである。
キャバクラなんか行かんし、お座敷野球拳もやらんけど(それはキャバじゃない!)、
夏帆ちゃんがキャバ嬢なら通いたくなる気持ちはよく分かる。
顔立ちがスッキリしてて、身体全体柔らかそう。
いや、夏帆ちゃんだったら乳揉み放題の店に流せよ。
ちなみに乳揉み放題の店に行った事はないので、
そこが本当に桃源郷かどうかは分からない。
ああ、夏帆ちゃん揉み放題の店だったら行きたいなあ。
乳キャバはともかく父キャバはやだなあ。
父揉み放題の店。
店内にエッチなドレスの香川照之しかいない。
やだなあ、香川照之だったら仕事のオファー受けちゃいそうで。
話を戻して、まるで、生まれた時からのキャバ嬢みたいな夏帆ちゃん、複雑だなあ。
化粧落とすと相変わらずのユデタマゴ顔の童顔なのは評価が高い。
厚化粧だけど落とすと童顔って矢部美穂っぽいな。
このキャバ嬢夏帆ちゃんの恋愛と生活をあまり深く掘り下げなかった事は評価してる。
それは安田成美側の恋愛と話が多少なりとも被るからだ。尺はギリな長さである。

安田成美いいポジション
その安田成美の子供役の二人が可愛かった。
小学三四年くらいの姉ちゃんがちょっと満島ひかりに似てる。
ああ、マリア様。いや、パンチラはないぞ(あったらヤバイだろ)。

黒木メイサおいしい役。
きつい顔に説得力ある。
今、日本に5万人くらい黒木メイサに踏まれたい男がいると思う(数に根拠なし)。

爺に一人、品川徹が入るだけで、爺の説得力がグンとあがる。
ナイス爺、品川!
なんか品川でドンデンあるかと思ったらなかったのが残念だ。
品川、プロフェッサー・ギルとかやれそうだよなあ。
介助が必要なプロフェッサー・ギルってやだなあ。


【銭】
ユナイテッド、金曜はメンバーズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
任侠ヘルパー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
任侠ヘルパー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
任侠ヘルパー@タナウツネット雑記ブログ
任侠ヘルパー@ノラネコの呑んで観るシネマ

PS いや、俺も夏帆ちゃんと一発やりたいよ。
 あの役の中の夏帆ちゃんが次に抱かれる相手は・・・強い奴
 ・・・アニキにも負けない・・・弟子より頭がいい・・・生活力がある
 ・・・コンビニ店長でんでんか!
 いや、世間体は気にしているが、問題があると透明人間を作っちゃうから
 ((c)『冷たい熱帯魚』)、実は映画の中で最強なのは、あの店長だ。
 
スポンサーサイト