FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『007 私を愛したスパイ』を日劇2で観て、何か安牌だけど大味だなふじき★★★

五つ星評価で【★★★全体には大味だと思う。スパイ映画というより戦争映画みたい】
  
公開年以来の再見。

バーバラ・バックより、出番の少ないキャロライン・マンローの方が好みだ。
悪い一味の紅一点だけど、ダイナマイト・ボディーで意外と気さくでいい感じなのだ。
バーバラ・バックはというと、ロシアのスパイで冷戦緩和な時代の煽りを受けて、
ロジャー・ムーア007と最後には「ムフフ」な関係になるのだが、
これはシルベスタ・スタローン(ロッキー)とドルフ・ラングレン(ドラゴ)の
濡れ場みたいなもんだよなあ。
というか、バーバラ・バックのコードネームが「XXX」、
ヴィン・ディーゼルかよ。
ロジャー・ムーアとヴィン・ディーゼルの濡れ場もきつい。

敵の巨大要塞として、巨大タンカーと海洋都市みたいなのが出てきます。
この巨大タンカーの構造が映画の大嘘ハッタリが効いてて、とてもいい。
建造許可おりんだろ、あれ。
そして、海洋都市。スイッチ一つで人間が鮫がウヨウヨいる海の中にドボン、
建造許可おりんだろ、あれ。
そして、その海洋都市にいて、地上に戻る事をよしとしない事業家ストロンバーグ。
最強の引きこもりである。悪そうな顔でいいな、ストロンバーグ。
ストロング・バーガーみたいな名前でいいな、ストロンバーグ。
机ガン発射のアングルがかっこいいな、ストロンバーグ。

このストロンバーグ辺りから、
悪い奴が「めんどくさいから地球破壊しちゃわね」みたいな
杜撰な滅亡計画を練り始める。迷惑千万だよなあ、一人で死ねよ。

あと、ボンドが乗ってストロンバーグに捕まる潜水艦に書かれている
番号が593(ゴクミ)だった。

エンドロールの最後、「次はユア・アイズ・オンリーで逢いましょう」と
書かれているんだけど、トラブルか何かがあったらしく、
次回作は『ムーンレイカー』だ。



【銭】
旧作上映で1000円均一料金。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
007/私を愛したスパイ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『ニッポンの、みせものやさん』をK’s cinemaで観て、こういう見世物みたいなドキュメンタリーが好きふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★題材】
  

今までに観たことがない物が見れる。
だから、大変、面白かった。


【銭】
プレイガイドで前売券購入1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ニッポンの、みせものやさん@ぴあ映画生活

PS お化け屋敷の呼び込み口上で、怖がる子供に
 「本物はいない。全部、作りもん。だから大丈夫」って、
 キワキワな宣伝すぎると思った。
PS2 昭和の無残絵みたいな看板画に惹かれるなあ。