FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『渾身』を新宿ピカデリー10で観て、役者力を楽しむ男ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★なんかいいんである】
  
親子の断絶と邂逅の話が隠岐の古典相撲を背景に描かれる。

ストーリーはどうでもいいような話なのだが、
役者の演技に舌鼓を打ち、神社での古典相撲の勇壮さに時を忘れる。

相撲を取る方もよくも取ったり。
応援する方もよくも応援したり。
失礼ながらあまり大した話ではないのだけど後味がとてもよい。スッキリするのう。



役者さんについて書くだ。

伊藤歩って美人な筈なんだけど、カワイコちゃんじゃないので損な顔立ち。
真面目すぎる顔なのか、、、、、、分かった。戦前顔なんだ。
薄幸っぽい。時間が止まった様な島の話だから合ってるけど。
そんなに高そうでない服を、丁寧に可愛らしく温かく着こなしてる。


伊藤歩の夫になるのが青柳翔。全く知らないが好演してた。
右目横の二つのホクロが男ながらにセクシーよのうとか思ってたら、
エグザイル関係者らしい(劇団EXILE)。
ケッ
だが、そんなに忙しくなさげな人が、この役をやったんでリアルになったと思う。
畜生、残念だけどよかったよ、てめえ。


その青柳翔の前妻が中村麻美。手堅い。


その中村麻美の子供(連れ子)で、伊藤歩と絡む子役が井上華月。
ビックリするくらい「役者」してる。
ロボ子役かと思うくらい完璧な仕上がりだ。
演出の豪腕が彼女を光らせてるのかもしれないが、
この映画のキーポイントはこの女の子で、
この女の子が大根だったら、きっと凡作まで落ちてしまうのだ。
乗り切りよったねえ。


ここからどんどこバリバリ脇。
脇がそれぞれ楽しい。

一番楽しいのが笹野高史。いつも通りだけど、田舎者の爺ちゃんらしく
いつもより3割増しでボリュームとボルテージが高くなってて気持ち良かった。


甲本雅裕のバリバリ屁たれっぷりでいながら、いい兄貴分であり、
ダメ人間であり、それでもちゃんと生きていくだろう感も良かった。


中村嘉葎雄、土俵際で塩よけにジャミラみたいな恰好してたんが良かった。


出番が最後の取組前後と凄く少ないんだけど、
隆大介の顔が、顔が、顔だけで人生語ってるみたいだ。
こん人の哀しさや、やるせなさや、息子にかける思いやら何やら。
偉そうだし、金持ちそうだし、とてもしっかりしてそうなんが又、とてもよい。
軸にはしっかりしておいてもらわんといかんのだ。


役者さん分からんが、隆大介の息子として、
最後に青柳翔と戦う力士の顔立ちもよかった。
ある意味、異相。
「筋肉質ななまっちろい佐野史郎」みたいな生理的に嫌な顔。
取組したくないよ、そんな奴と、みたいな。
当然強いし、女2、3人泣かしてそうだし。
だが、神前相撲の前ではこの男が青柳翔と同時に合わせて、神になる資格を有する。
うん、憎まれ役、ようやった。




【銭】
1000円の前売券をチケット屋で500円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
渾身 KON-SHIN@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
渾身 KON-SHIN@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 花婿のドタキャン理由くらい語られてもよかろうに。
 あと、家族の再興を全て同日に持ってくるのは無理がある。
PS2 土俵上に舞う2トンもの清めの塩。
 主人公がナメクジじゃなくって本当に良かった。
スポンサーサイト