FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『蘇る優作 探偵物語 特別編』『裏階段』をシネマヴェーラ渋谷で観て、渋谷でミッキーっておっしゃれーふじき★★★,★★★

特集上映「成田三樹夫特集」から1プログラム。


◆『蘇る優作 探偵物語 特別編』

五つ星評価で【★★★豪華なテレビよのう】

テレビドラマ『探偵物語』から2話分を編集した物をメインに添えつつ、
竹中直人のナレーションで極めて軽く松田優作の足跡を辿るパートを合わせ持つ映画。
『探偵物語』はもともとテレビドラマだから、劇場で見る必然性はないのだが、
色々な部分で、気の効かない映画よりよっぽど映画的である
(但し、意図的なダラダラ感など、極めてTV的なノリもあったりする)。

1話目がTV初回、2話目が水谷豊ゲスト回。
ああ、水谷豊が生真面目でいい話だなあ。
水谷豊と古尾谷雅人と原田三枝子がゲストに出てるってすげえ豪華。
原田三枝子がおぼこくて可愛いのが凄い。

成田三樹夫もお茶の間にはこのドラマで「知る人ぞ知る」から浸透したんだよなあ。
竹田かほりチョイしか出ないけど可愛い。ナンシーはなんかベッキーっぽいよ。

脚本:丸山昇一、撮影:仙元誠三、そらあ映画っぽくもなるよなあ。



◆『裏階段』

五つ星評価で【★★★変に大雑把】

田宮二郎主演で贈る家督相続とギャングが絡む恋愛サスペンス。
成田三樹夫は寡黙な執事役。
執事なのに泥棒髭が生えてる。
『黒執事』で、こんな髭生えてたら大問題だ。

細かい事をあげれば色々あるんだけど、
主役の田宮二郎と成田三樹夫を同一人物、別人と判断するという
冗談みたいな状況が発生してしまうのだが、
その際に決め手になる情報が職業ピアニストと顔の一部に傷ありって、
ニッチな情報すぎるのが大間違い。
割とみんなバカ。
そして、田宮二郎が憂鬱に歌う。
そうだよな、あまり田宮二郎に若大将みたいに明るく歌ってほしくはないな。



【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《蘇える優作・「探偵物語」特別篇》@ぴあ映画生活
裏階段@ぴあ映画生活

『KOTOKO』をキネカ大森1で観て、意味は認めるが無茶苦茶不快ふじき★★

五つ星評価で【★★我慢比べみたいな映画はやめようよお】

現実にCoccoはこういう日常を送ってそうと思わせるだけ
Coccoという存在に重み、痛み、可愛らしさがあるのだが、

それにしても映像としてはうるさくてたいへん不快だ。

覚悟をもって作ってるとは思うが、
生きてる間にこの不快な体験をもう一回体験したいとは思わない。



【銭】
キネカ大森名画座3回券保有の上、夜間割引で500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
KOTOKO@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
KOTOKO@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
KOTOKO@映画的・絵画的・音楽的

『いびつ』をHTC渋谷3で観て、なかなか複雑ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★キャラに萌えへんのがなあ】

マンガ原作未読。
  
痴漢に間違えられた事を発端に女子高生に弱みを握られる主人公に石田政博、
弱みを握ったのをいい事に主人公を掌握する女子高生に元SDN48の駒谷仁美。

何だか微妙なのは女子高生のキャラが最後まで「嫌な奴」で通されたからだ。
そこにはなるべくしてなった同情側面はあるが、
「女性キャラは好かれるべし」という少年マンガの大原則からは外れている。
どうも元のマンガからこういうキャラらしいのだが。
一見、ギャグのようなシチュエーションを据えながら、
スレスレの心のふれあいを描くのがマンガの目標なのだろう(未読だから推測)。

映画はなかなかそうはいかない。
嫌なキャラは生身の人間が演じる事で「象徴」以上に強調され、
ギャグのようなシチュエーションはリアルから浮く。
にもかかわらず、おかしくなくどうにかちゃんと成立してるのは
森岡利行の演出と石田政博のキモ演技が確かだからだろう。
おたおた、あたふたしてるのが微笑ましくも可愛らしい。

基本、このおたおた、あたふたぶりで安心させて、
主演二人の世間からの隔絶をすっと背景に入れてくる、
ヒロインが冷血に見えても全体のバランスはそんなに悪くない。
男がクール、ニヒル系の時、女はキャピキャピ系の男女逆転パターン。
成立する物なのだなあ(野郎目線で見るとちょっと複雑なのだが)。

個人的には、女子は内面がどうであれ、
「関根麻里」的にニコニコしててほしいのがボンクラ男子の望みなので、
ニコニコしながらひどい事を要求するみたいな方がゾクゾク………
………それは単に性癖の嗜好か。チッ


ダンディ坂野がどうでもいいような役で出てて、
そのどうでも良さがとてもいい具合にプラスになってる。
「友情出演」枠なんだけど、誰だか知らないけど、
ダンディと友情があるって分かるのは恥ずかしい気がするから、
その秘密は墓場まで持って行ってよしとしておこう。


エロいお姉さん役の範田紗々ちゃん、ええなあ。
チョイ役だけど、カットを支配している感じがする。



【銭】
ヒューマントラストシネマ水曜日1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
いびつ@ぴあ映画生活

『テッド』を日比谷スカラ座で観て、面白いけど引っかかる男ふじき★★★

五つ星評価で【★★★前評判がよく、普通に面白い】

前評判がいい。
そして、その評判に応えるいい出来である。
けれど、ちょっと評判が良すぎる感じがして、
四つ星を付けるのを躊躇ってしまった。

外見「熊ちゃん」なのに下ネタ、バリバリなギャップが受けたのだという。
てめえら『ハワード・ザ・ダック』見に来なかった癖に
(いや、残念ながらアレ可愛くないからなあ)。
お風呂に浮かぶアヒルちゃんキャラで『ハワード・ザ・ダック』リメイクしたら
イケルかもしれない。

さて、マーク・ウォールバーグの彼氏とミラ・クニスの彼女がかーいらしーんである。
あんな風なスチャラカなカップルがオタクに取っては理想だなあ。
どんな風向きか、今回はオタクにとって非常に優しい映画になってたからなあ。
さて、彼女は「縫いぐるみのテッド」を切れと言う。
一見、「大人になれ」というメッセージに取られるように撮っているが、
実はテッドは母親だったり、引きこもりの弟だったりしても成立する。
要は「私が一番じゃない」と怒るのだ。いやまあ、理由にもよるし、
今回は理由がショボイから正義はミラ・クニス側にあるのだけど。

そして、今回はたまたまオタクが市民権を得たような作りになっているが、
テッド溺愛男や、ミラ・クニスの上司などがオタクであっても実は全然おかしくない。
その辺は作り手の匙加減一つだ。
だから、何となく油断が出来ない感が自分の中に残ったのかもしれない。
まあ、オタク是非の前にあの二者のキモイ部分を自分が持ってるからって事もあるんだろうけど。

それにしても、理想の親友テッドって、
下世話なところも含めて、実は『宇宙人ポール』に似てる。
デザインが女子向けにスーパー・リファインされてるけど。
やはり、女子向けに商売するなら、モコモコしてないとダメなんだな。
侵略SFで、宇宙人がモコモコしてたら、女子はみんな歓迎してしまうんだろうなあ。
いや、逆に侵略者が女子高生なら、男子はみんな歓迎してしまうんだろうけど。
(実はそれは『うる星やつら』であり、『侵略イカ娘』であり、だ。)

最終的に、映画泥棒もテッドにカメラ持たせてやれば、
みんなにそんなに毛嫌いされないのかもしれない。

もひとつ、音楽のセンスがウディ・アレンみたいに妙に老成されてる感があって、気持ちいいのが気持ち悪かった。従来のアメリカン・コメディのロック・テイストじゃないんである。つまり、徹底的に女子に受けるようにマーケティングされてるんじゃないだろうか。ああ、そうか。チンチン切ってから行けば、もっと楽しめたのかもしれない。というか、他のブログ見てると男女問わずみんな楽しんでる。まさか、みんなチンチンを………。

いろいろ書いてはいるけど、バランスよく面白かったです。


【銭】
TOHOシネマズ、ポイント初使用。6回分なり。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テッド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
テッド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
テッド@新・映画鑑賞★日記
テッド@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
テッド@映画のプログ
▼関連記事。
テッド2@死屍累々映画日記

PS ノラ・ジョーンズの懐の深さが良い。
 日本だったらキョンキョンとかかなあ。
PS2 フラッシュ・ゴードンは日本だったらハヤタ、ライダー。
 もっとムチャクチャ時代をずらすなら、スーパー・ジャイアンツの宇津井健。
PS3 「鬱意見」って変換はないだろ。間違えてないけど。
PS4 テッドの攻撃性能を見て、『さるジェネ』のシーザーより危険と思った。
 保健所で管理すべき案件であろう。

『ルート・アイリッシュ』をギンレイホールで観て、なかなかと唸るけどハゲ談義ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ケン・ローチ魅せる】

主人公のファーガスは傭兵だがハゲでかっこいい。

男の渋さの前には「ハゲ」はあまり大きな障害ではないのだ。
(渋くないのにハゲてるハゲはダメ)
そう言えばジェイソン・ステイサムだってハゲだ。
ジェイソン・ステイサムもほっぺたをバカボンみたいにぐるぐる書いたら
「なんだかなあ」と思うけど、そうじゃないからハゲでも渋くてかっこいい。
ジェイソン・ステイサムも傭兵っぽいものなあ。
という訳で傭兵はハゲだ。
主人公ファーガスの親友フランキーはハゲてないけど、
きっと、だから長生きできなかったのだ。

そして、そのフランキーを死に追いやった屑傭兵ネルソンもハゲだ。
やはり傭兵だからハゲなのだ、きっと。
え、他にも傭兵いたけどハゲじゃなかったって。


そいつらはヅラだあああああ!

はあはあ。
撮り方が上手いから混同したりはしないが、
ファーガスとネルソンの外見は似てる。
おそらく意図的に似たタイプを見つけて正逆の位置に配置したのだろう。
そして皮肉な事に似てない二人はファーガス自身が思うほど似てなくもない。
ええと、ややこしいな。つまり、似てるのだ。


劇中、取っ掛かりと締めくくりに、同じ
「悪い時に悪い場所に出くわしてしまったとしか・・・」
という言葉が使われるが、
これは実はイラク自身が他の国や企業にいいように
「悪い時、悪い場所」にされてしまうという・・・何なんだ、その「悪い」は。
実に都合よく使われる「悪い」なことだ。
なので、ファーガスはその都合のよい「悪い」をイラク国外に突きつけ返すのである。
その際に、陰謀には加担していない無関係そうに見える秘書らしき女性が
「悪い時に悪い場所に出くわしてしまった」ように、巻き添えをくうのも堂々巡りだ。


この世界には厳格で正しい審判を行う神はいない。
神はただ無慈悲に、殺すべき人間だけを選り分けて殺す。

それがハゲでもヅラでも、ハゲてなくても。

いい映画でした。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ルート・アイリッシュ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ルート・アイリッシュ@映画のブログ
ルート・アイリッシュ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS ダメだ、俺。「愛ティッシュ通り」って風俗街みたいだ、とか思ってちゃ。

『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』をHTC渋谷2で観て、ワクワクドキドキふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★続・血とセックスとキャスカたんのおっぱい】

今回も血みどろで、SEXで、拷問の残滓が付いて、そして、ついに「蝕」だ。


相変わらず製作者側の
タブーを犯すのが楽しくてたまらん空気がビンビン伝わってくる。

2作目を観て、ああ3作目はまるまる「蝕」をやるんだなと思ってたので、
「蝕」に行くまではちょっと悠長に長い感じがした。
ただ、グリフィスの絶望、無力感、人ならざる者への覚醒が
とても丁寧に描かれているので、ここははしょらないのが正解なのだろう。
グリフィスが出ない声を出すシーンとか、声優の力量凄いな。
あれは心を掴まれる。


「蝕」はいい。
うまい。
こういうのは大きい画面で観た方が嬉しい。
ガッツの凄惨な外観や表情がたまらん。
キャスカはもっとエロくひどい目にあわされて欲しかった。
「蝕」での劇画なガッツに比べるとキャスカのエロは何かマンガちっくだ。
いやあ、そこはグリフィスを丁寧に描いたように
キャスカの悦楽にいながら落とされる感じもちゃんと描いてほしいなあ。

もしかしたら、その辺ちゃんとしてるのが18禁バージョンなのか?
なら、観たい。

全体「蝕」が中心になるのは分かっているので、
お話的な充足感は少ない(予想外の展開はない)。
でも、これはこれでいいじゃないかと思う。



【銭】
HTC渋谷水曜サービスデーに1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ベルセルク 黄金時代篇III 降臨@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ベルセルク 黄金時代篇III 降臨@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ベルセルク 黄金時代篇III 降臨@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
ベルセルク 黄金時代篇III 降臨@カノンな日々
ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ ドルドレイ攻略@ふじき78、1本目のレビュー
ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵@ふじき78、2本目のレビュー

PS エンドロールが終わった後に、別にくっつく
 歌だけのエンディングはいらんと思う。

『空を拓く』をユーロスペース2で観て、業績薄くてもこの人は納得ふじき★★★

五つ星評価で【★★★具体的には何もわからないのだが、空気は伝わる】

「建築家・郭茂林という男」という副題を持つドキュメンタリー。
高層建築物を規制する法律を廃案にし、日本で初めての高層ビルを建てた男。

ではあるが、ヴィダル・サスーン先生同様、
この人も具体的な業績が分かりづらい。
というのは、やっている事が、面白くみえそうにない調整仕事が大半みたいなのだ。
AさんとBさんを会わせ、意見を聞き、
擦りあわない部分があるなら、接点や解決策を見つける。
こういう作業は山ほどあるにもかかわらず、ドラマチックにはなりづらい。
地道な積み重ねなのだ。

だから、面白いエピソード・トークはほとんど出て来ない。
ただ、この郭さんの人柄が良さげで、なるほどみんな付いてきそうだなあ、
と思わされる。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
空を拓く ~建築家・郭茂林という男@ぴあ映画生活

『ヴィダル・サスーン』をキネカ大森1で観て、立志伝は飽きるぞふじき★★

五つ星評価で【★★シャンプーの製造工程を延延とって映画じゃないのかよ!】

立志伝。
世界の美容業界を革命的手腕で塗り替えたという事自体に嘘はないのだろうが、
その塗り替えた「サスーン・カット」に、バリエーションが乏しく、
遠目に一目で「それ」と分かっちゃうのが映画としてはつまらんのだと思う。
立志伝中の立志伝(業績)の部分が薄いので(というより厚く見えづらいので)、
どうにも凄く見えづらいのだ。
なんかカットの上手い単に社交的な爺さんみたい。
いや、素人発言だけに失礼
いいぞ俺、この「素人だから」で全て逃げるぞ。


さて、ヴィダル・サスーンのカットも信念も大したものだとは思うのだが、
それでも彼がキャリー・ぱみゅばみゅの髪を切る機会があったとしたら、
素人ながら「やめとけよ」と忠告してあげたい。
どんなカットを施しても彼は大火傷をするに違いない。
あと、なんとなく『西遊記』に出てた夏目雅子さんの写真をサスーンに見てもらいたい。


あとも一つ、篠原ともえはヴィダル・サスーンに髪を切られながら
いつもの調子で仲良くなって、それなりの出来も確保されて大丈夫な気がする。
だから、死ぬ前に、もしくは死んだ後、ロボ・ヴィダル・サスーンとして
日本のバラエティーに出演するような事があるなら、
シノラーと絡ませてあげてほしい。
素人ながら、アイデア料としてお金をいっぱい振り込んでくれるなら断りはしない。



【銭】
キネカ大森名画座3回券(3000円)の使用4回目。入場料1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヴィダル・サスーン@ぴあ映画生活

PS 小噺っぽい流れ会話
 「ヴィダル・サスーンって人間だったらしいよ」
 「え、液体人間」
 「せめて『美女と』を付けようよ」
 「生まれ変わってシャンプーになるくらいなら、
  ローションになって美女にぬるぬるされたい」
 「大部分のローションは美女一人でぬるぬるしたりしない点に注意だ」
 「じゃあシャンプーでもいいかな」
 「不老林とか101に生まれ変わらんよう祈っちょるからな」
 「ぎゃふん」

『マルドゥック・スクランブル 排気』をテアトル新宿で観て終わったなあふじき(既にかなり前に終わってるんだが)★★★★

五つ星評価で【★★★★有終の美】


三部作三作目。

終わったなあ(秋に見た話題を年越えて話してるので感慨が乾燥しがち)。
終わるべき着地点にちゃんと立てた事をまずたたえたい。
(約束だけして着地点に立てない連作シリーズもそこそこ多い)
しかも、クオリティーは維持したままだった。偉い。

やはり見せ方的に分かりやすくはできないカジノの部分に難色はあるものの、
ラストを締めくくるのにふさわしい、怒涛のアクション、
あわただしく局面を変える事件に揺すぶられながらも
最後に芯の弱さと強さを見せる主人公など、大変、納得させられる物があった。

でも好み的には、1→3→2の順だな。
SWみたいに出だしの勢いが良くて繋ぎの話は損をする。
小粒な長さに抑えたのだから、3本同時に見せてもらいたいなあ。

エンディングは林原めぐみじゃない方が良かったと思う。
1の『アメイジング・グレース』をもう一回かけても良い。
林原めぐみがどうではないのだけど、
曲調が妙に感情がこもってるようで、
バロットの声の続きとしては違和感を感じた。



【銭】
正規入場料金1200円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マルドゥック・スクランブル 排気@ぴあ映画生活

『苦役列車』をギンレイホールで観て、森山未来にドニー・イェン的なものを観る男ふじき★★★

五つ星評価で【★★★でもあっちゃんもよかったと思ってる】

まず、森山未来なのだ。
おそらく森山未来なしにはこんなに楽しめなかった。
いる。絶対どこかにいる。こんなひどい奴。
圧倒的な表現力。
そして、映画がどうであっても森山未来だけは……って、
なんか映画がどうであってもドニー・イェンだけは……に非常に酷似してる。

森山未来の演技を観ることがその映画の価値だったりするのだ。
まるで、ドニー・イェンのカンフーを観ることが映画の価値であるのと同じように。

映画が後から追っかけてきて、作品で追いつくなら追いつくでそれでよい。
今回は映画もそこそこ面白かった。
森山未来に負けてない。
何か『ガラスの仮面』でマヤが舞台荒らしの宿命にあるみたいな話だな。
山下敦弘とは波長が合ったり合わなかったりなのだが、今回はどうにか合った。

この何もない男(というより自らを中途半端な自尊心で守ろうとしない男)の
対極に位置するのが、何もなさげな田舎者だが、
イケメンだは、金は持ってるは、世渡りは上手いは、
そして歩く社交精神として磁石のように良かれ悪しかれ、人を引き付ける高良健吾。
対極に位置しながら、正反対であるがゆえに、
お互いがない物尽くしなので、彼らは惹かれあう。
「持ってる」いやらしさが出ないのは、高良健吾の生来の良さだろう。

そして、あっちゃん。
俺、あっちゃんは何でも器用に演技こなすようなタイプとはさらさら思ってないけど、
どの映画も同じ人格だとしても丁寧に演じてる感じがして、全く嫌いじゃないよ。
この後、ホームドラマみたいな戦場で生きてくのが幸せだと思うんだけど、
まあ、そこは運次第だ。
透けシミーズとバックポーズと尿瓶。いいな、いいな。
あっちゃんに尿瓶あてがわれて、思いだし笑いをされたりしたいな。


映画の中での一番ツボなシーンは動物スナック。
あのありえなさぶりが凄い。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
苦役列車@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
苦役列車@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
苦役列車@映画的・絵画的・音楽的
苦役列車@銀幕大帝
苦役列車@迷宮映画館

PS キャスティングがあっちゃんじゃなくって、
 板野友美だったら、やっちゃう気がする。
前のページ 次のページ