FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『KOTOKO』をキネカ大森1で観て、意味は認めるが無茶苦茶不快ふじき★★

五つ星評価で【★★我慢比べみたいな映画はやめようよお】

現実にCoccoはこういう日常を送ってそうと思わせるだけ
Coccoという存在に重み、痛み、可愛らしさがあるのだが、

それにしても映像としてはうるさくてたいへん不快だ。

覚悟をもって作ってるとは思うが、
生きてる間にこの不快な体験をもう一回体験したいとは思わない。



【銭】
キネカ大森名画座3回券保有の上、夜間割引で500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
KOTOKO@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
KOTOKO@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
KOTOKO@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト



『いびつ』をHTC渋谷3で観て、なかなか複雑ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★キャラに萌えへんのがなあ】

マンガ原作未読。
  
痴漢に間違えられた事を発端に女子高生に弱みを握られる主人公に石田政博、
弱みを握ったのをいい事に主人公を掌握する女子高生に元SDN48の駒谷仁美。

何だか微妙なのは女子高生のキャラが最後まで「嫌な奴」で通されたからだ。
そこにはなるべくしてなった同情側面はあるが、
「女性キャラは好かれるべし」という少年マンガの大原則からは外れている。
どうも元のマンガからこういうキャラらしいのだが。
一見、ギャグのようなシチュエーションを据えながら、
スレスレの心のふれあいを描くのがマンガの目標なのだろう(未読だから推測)。

映画はなかなかそうはいかない。
嫌なキャラは生身の人間が演じる事で「象徴」以上に強調され、
ギャグのようなシチュエーションはリアルから浮く。
にもかかわらず、おかしくなくどうにかちゃんと成立してるのは
森岡利行の演出と石田政博のキモ演技が確かだからだろう。
おたおた、あたふたしてるのが微笑ましくも可愛らしい。

基本、このおたおた、あたふたぶりで安心させて、
主演二人の世間からの隔絶をすっと背景に入れてくる、
ヒロインが冷血に見えても全体のバランスはそんなに悪くない。
男がクール、ニヒル系の時、女はキャピキャピ系の男女逆転パターン。
成立する物なのだなあ(野郎目線で見るとちょっと複雑なのだが)。

個人的には、女子は内面がどうであれ、
「関根麻里」的にニコニコしててほしいのがボンクラ男子の望みなので、
ニコニコしながらひどい事を要求するみたいな方がゾクゾク………
………それは単に性癖の嗜好か。チッ


ダンディ坂野がどうでもいいような役で出てて、
そのどうでも良さがとてもいい具合にプラスになってる。
「友情出演」枠なんだけど、誰だか知らないけど、
ダンディと友情があるって分かるのは恥ずかしい気がするから、
その秘密は墓場まで持って行ってよしとしておこう。


エロいお姉さん役の範田紗々ちゃん、ええなあ。
チョイ役だけど、カットを支配している感じがする。



【銭】
ヒューマントラストシネマ水曜日1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
いびつ@ぴあ映画生活