FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『鍵泥棒のメソッド』をギンレイホールでもう一回観て、広末に再きゅーん、ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★広末】
  
広末のかーいさを堪能する為だけに、
ギンレイホールまでノコノコやってきました。
ああ、まだまだ他にも観なくちゃいけない映画いっぱいあるのに。
(「観なくちゃ」っつーか「観たい」が正解だけど)

でもまあ、広末の可愛さに罪はない。
しかし、客観的に見ると、映画の広末は何が可愛いのかよう分からない。
この人は昔から白目に反比例して黒目が小さい人なのだな。
だからバリバリのウルウル目をした少女マンガ顔にはならない。
何か痩せ細ったフランスの少年みたいで、恋愛対象っぽい外観ではないのだ。
この映画の中では、更に輪をかけて、
いつもオドオドしてるかキョトキョトしてるみたいな顔をしてる。
その広末が「恋愛は怖い」と言う。

ずっきゅーんである。

つまり、もういい大人になっているのに、世俗に汚れてなく、子供だし、純なのだ。
というか、SEXの空気を感じない。多分、設定的には処女でもおかしくない。
いやまあ、お伽話っぽいこの映画の中で
唯一SEXっぽいのは謎の女「森口瑤子」くらいだが。

うわあ、好きだよ。こんな女の子。
そりゃあ、自分に自信がないからかもしれんけど。
いや、だからダメなんだよとは思うものの、
自分に自信タップリの奴なんて死んでしまえ。

しかも、広末は相手に努力も求めるが、一緒に努力してくれるのである。

優しい。優しい世界観だよ。

って事で再きゅーんしてきました。


ああ、やばい。

もう一回くらい見れる余力があるよお。
というか、『アフタースクール』ももう一回観たいな。


【銭】
ギンレイホールの会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鍵泥棒のメソッド@ぴあ映画生活
▼前の記事
1回目の記事@ふじき78の死屍累々映画日記

PS 機転を効かした堺雅人のアドリブに乗っかって広末が少年に化けるシーン、
 何で、何で、カメラを回しておかないんだ。
 その逆、少年から元のスカート姿に戻っている車の前にいる、そのちょっと前。
 何で、何で、カメラを回しておかないんだ。
PS2 広末、眼鏡かけると母役の木野花さんにちょっと似てるとこもいい。
PS3 ツイッターで細かい人が作るラーメンってそんなにうまくなさそうって
 あって、なるほど、この映画の香川照之と広末涼子が 独立起業して
 ラーメン屋起こしたら、そんなに美味しくなさそうだなあ、と思った。
 下品なトンコツベースとか絶対作りそうにない。
 春のシャンゼリゼ通りを駆け抜ける風のような
 「アボガトとクレソンの気まぐれラーメン」とか言って1500円くらい取りそうだ。
 一方、堺雅人のラーメンはいいダシが出てたりして下品な味で旨そうなんだけど、
 風邪ひいてもマスクとかせず、なんか不衛生っぽい。
 荒川良々のラーメン屋「血は臭いんだ」怖い怖い。
スポンサーサイト



『私の奴隷になりなさいディレクターズ・カット』を銀座シネパトス2で観て、やはり良くも悪くも壇蜜だふじき★★★

五つ星評価で【★★★やはり良くも悪くも檀蜜だ】
  
原作派からすると、やはり壇蜜は香奈でないと思う。
それはディレクターズ・カットだろうが何だろうが変わらない。
おそらく、そもそもの素質が違うのだろう。
商品としての爆発的な力はなくなるが、
本来的には同僚OLをやった「菜葉菜」の方が近い。
とても普通で「ちょっといい感」がある人が
一転どこまでも普通じゃない部分を持っているギャップが
本来のキャスティングのコアになるべき部分だった。
だから、どっちかっていうと、パッと見ちょっとモッサリしてるくらいでもいい。
そういう視点からなら、いいのも悪いのも溢れてるAKB辺りに逸材がいそうだ。
もしくはNHK教育に出てるような「おねいさん」とかがいい。
壇蜜は最初から全開にエロ類推できるので、
映画の方向がキャスティングで原作と変わってしまった。
「何で香奈が先生に惹かれた」というコアな部分も
壇蜜を使うことでボケてしまった
(これはどっちかって言うと脚本の突き詰めが弱かったからか)。

ああ、特別出演してたけど、ちょっと前だったら杉本彩で、
そのちょっと後だったら小向美奈子だったんだろうなあ。
勿論どっちも違う。

ただ、方向性は違えたが、これはこれで瀕死で絶滅とも思わない。
エロく綺麗に梅雨のフレンチみたいな空気でじっとり淫靡に撮れてる。
要所要所で空気感を変える色味のフィルターがステキだ。
商品としてはラスト、決めセリフも含めて充分だと思う。

才人・亀井亨だから、ここまで出来たと言おうか、
才人・亀井亨でも、ここまでしか至らなかったと言おうか、

やっぱりちょっと勿体無いなあ。

さて、ディレクターズ・カットになって、
直接的にはエロシーンが15分ほど増えてるらしい。
まあ、確かにエグくなってた気がする。
で、おそらく先生(板尾創路)の出番がついでに増えた事だろうから、
作品としては大差がなくても、こちらを強く推す。

板尾の声がいい。

その声の強さに説得力があり過ぎる。

しかし、壇蜜は胸も尻も綺麗なんだけど個人的には萌えない。
最初からSEX記号が顔に出てるからだろうか。
「何にも知らないような顔してるのに、SEXすると獣みたいになってごめんなさい」
というタイプに惹かれるのかもしれない。いや、それはみんなそうか。


【銭】
3回前売券使用1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
私の奴隷になりなさい〈ディレクターズ・カット〉@ぴあ映画生活
▼前の記事
通常版レビュー@ふじき78の死屍累々映画日記

PS 剃毛シーンの時間が「通常版」と比べると伸びている。
 つまり、通常版では壇蜜の毛のカットがディレクターにカットされたという訳だ。
 ああ、俺も監督になって壇蜜の毛をカットしてえ(違うだろ、それ)

ジョジョとまおゆう

TV見れるのは地デジ各局とMXとTVKとTV埼玉。
録画できるのは地デジ各局(昔のキー局)のみ。
MXはよう分からん。

そんな状況の中、金曜はMXテレビで0:30から1時間
JOJOと『魔王勇者(まおゆう)』を楽しみにしてる。

JOJOは原作に比べてかなり「ぺらい」感じ。
でも、小林靖子がシリーズ構成してるから大丈夫でしょう。
ダメでも地にまで堕ちる事はない。
オープニングを除いて絵はかなり稚拙。
でも、絵の拙さを逆手に取って、
絵で説明できる事でも何でもセリフにしてる気がする。
それはそれで文法としてJOJOっぽい。

その後の時間帯、『魔王勇者(まおゆう)』がマジ毎週楽しみ。
魔王と勇者が戦いをやめて、世界の再構築を目指す、
優れた文明批判とラブコメの融合って変さがたまらん。
魔王と勇者のもどかしい恋愛は中学生っぽくて可愛いな。