FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『それでも、愛してる』『あの日あの時愛の記憶』をギンレイホールで観て、ビーバーはエアコンだけだぜふじき★★★,★★

『それでも、愛してる』

五つ星評価で【★★★ビーバー寄りかと思えばそうでもないのが不安だ】
鬱になったメル・ギブソンがビーバーの人形で語る映画がある、とは聞いていたが、こんな「愛こそ王道」みたいなご大層な邦題になってるとは思わんかった。
『まごころを君に』かよ!
(知る人ぞ知る『アルジャーノンに花束を』の日本公開タイトル)

基本、野郎は主人公のメル・ギブソンに一体化しながら映画を観るので、監督兼出演のジョディ・フォスターはひどい妻っぽく見える。そこでそんなことをメル・ギブソンに強いるなんて、旦那を思ってないだろ自分が一番だろみたいに見える。みんな一生懸命なんだけどね。強く出る人は悪く見えちゃうんだよね。

ビーバーが味方かと思って見てるとビーバーも暴走しだすので、決まった立ち位置がなくて、非情に居心地が悪い映画になってしまった。

メル・ギブソンの息子の恋人未満みたいな役が、ジェニファー・ローレンス。
学年一の秀才でチアリーダーで、アーティスティックでもある胸女って、世界を手に入れてるくせに悩んでるなんて贅沢だなあな嫌味な役。嫌味には見えないから起用は成功だ。



◆『あの日あの時愛の記憶』

五つ星評価で【★★予告編いい出来だ】

予告編で全部出つくしてる。
だから映画本編を見て薄まったなあとしか感じなかった。
ナチスが大きな顔をしていた時代の収容所の緊張感は目を見張るものがあるけど。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
それでも、愛してる@ぴあ映画生活
あの日 あの時 愛の記憶@ぴあ映画生活
スポンサーサイト