FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『こたつと、みかんと、ニャー。』をシネマート新宿2で観て、誉めたいけどちょっと困るふじき★★

五つ星評価で【★★かなり冒険的な演出を誉めたいのだが、映画としては根本的に問題があり、女の子は可愛いけど女の子の可愛さに頼り過ぎでもある】

ともかく掛け値無しにタイトルが一番だ。
映画の題名でこんなに可愛い物を他に見た事がない。
これで内容が『地獄甲子園』みたいだったらどうしようかと思ったが、
そんなではなく、それなりに可愛いかったので一応、安心した。

百合女子三人があっちでペア、こっちでペアって話で、
タイトルの「こたつ」「みかん」「ニャー」はそれぞれのハンドルネームなのだ。
それで、女の子は可愛いのだけど、
舞台挨拶で木嶋のりこちゃんを見たら百倍くらい可愛かった。
えーと、それじゃ映画ダメじゃん。
ちゃんと女の子の可愛さを増幅して出そうよ。

好み的には「みかん」の鎌田紘子ちゃんが一番好き。
役柄的にもっとも切ないからかもしれない。

けっこう大きなドンデンを映画の中に抱えていて、
それをこんな形で出すのかという驚きを味あわされるのだけど、
そのドンデンを凌ぐくらい、女の子同士の好きあいっぷりが何だか恥ずかしい。

無理やり縛られて連れて来られたメイド喫茶でオムライスにハートを書かれて
面妖ならぶらぶ呪文を囁かれてるような恥ずかしさが映画に充満している。
おら、おら、田舎もんだから、こんなんとっても恥ずかしいだあ!

お話は困ったことに愛の話なのに愛が表面的だ。
イチャイチャしてるのを「イチャイチャしてるんですよ」と解説されてるみたいな。
イチャイチャ具合がしっくりこない気がしてならない。
「イチャイチャしてるから好き」なのではなく
「好きだからイチャイチャしてる」ので、
つまり、それぞれの「好き」感があまり明確に出てないのだ。

「こたつ」「みかん」「ニャー」はそれぞれ、
可愛い外見はしてるけど、メンタルな個性が浮き出していず、
誰が誰のどこにどう共感を持っているかとかも分からない。
極めて役柄を演じている的である。
それぞれの役を取り替えても、誰か誰でも成立する。
違いが素の女の子の素材感くらいしかないから。

そこが問題だ。

監督が『魚介類 山岡マイコ』の人だと聞いてなんか凄く納得した。
そうだ、そうだね、女の子と変な話。
俺、監督はいい人だと思うけど(話が上手くて舞台挨拶盛り上がるので)、
舞台挨拶が上手い監督には、いい映画が撮れないという風にも思ってる。
いい映画を撮る監督って、もっと陰湿な空気を纏ってて、喋りが下手で、
映画でしか語れない事をフィルムに残すのだ。
園子温監督みたいに話をさせると社会不適格者っぽい方が、監督には向いてる。


【銭】
久々に正規料金払って1500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
こたつと、みかんと、ニャー。@ぴあ映画生活

PS 舞台挨拶で女の子と監督が挨拶に来るなら、
 監督のお眼鏡にかなった女の子の可愛さが満喫出来るのでお得だと思う。
スポンサーサイト



『暗闇から手をのばせ』をユーロスペース1で観て、小泉麻耶と握手をしたいふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★問題提起と小泉麻耶のナイスバディ】


大変、失礼ながら小泉麻耶についてはそんなに知らんかった。
何回か「FLASH」とかの写真系雑誌でグラビアを見かけた気もする。
でも、顔立ちがそんなに好みではないので、割とどうでもよく見過ごしていた。

だが、これを見たら現役の風俗利用者として、
「ぐっ」と来ない訳にはいかない。

いい。

お店で指名したい(おいおい)。


風俗嬢という存在の優しさと強さといい加減さがとても好きだ。
その優しさと強さといい加減さをこの映画の小泉麻耶からとても強く感じる。
人間の営みとして、根源的な事をやっているのに、社会からタブー視され、
それでものうのうと社会に根付いてる。

・・・どんな人にも肌を合わせる事で
「君もいていい」と理屈抜きで言ってくれている。

ああ、世界中の女子全員が風俗嬢になってしまえばいいのに。
と、関係無関係各方面から怒られそうな事を書いてるのだけど、
小泉麻耶の佇まいが、無愛想すぎず、態度は堅いのだけど、
丁寧な感じに接客として気持ちいい(ビジネスすぎるきらいはある)。
そしてなんか身体というか肌がくっつくと気持ちよさそうなんである。


映画は普通のデリヘルから身体障害者専門のデリヘル嬢に鞍替えした
小泉麻耶演じる沙織の三人の客とのやり取りや、その心の流れを描く。

この三人の客がそれぞれ違うタイプで面白かった。
病気になって身障者判定を受け余命が短い宣告を受けた元ヤン
交通事故にあって下半身不随で人生が止まってしまった学生
生まれながらに身障者の明るいバカ

学生の母ちゃんが宗教に嵌るシーンが怖すぎる。


あと、生まれながらの身障者を演じるホーキング青山が自由自在でいいなあ。
青空のようにカラっとしてる。


そして、ホーキング青山はデススターに似てる。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
暗闇から手をのばせ@ぴあ映画生活

PS 小泉麻耶とホーキング青山が並んで歩くラブホ街が
 ユーロスペースのすぐ近くなのもよい。