FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『横道世之介』を新宿ピカデリー7でかなり前に観て、そろそろ忘れかけてるからピン感想ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★吉高が筆舌尽しがたい可愛さ】



吉高由里子がもうどうしようもなく可愛い。

ボンクラ野郎にとってこの映画の魅力は全てそこにある。

もともと吉高由里子は可愛い生き物であったが、
でもこの映画の吉高はそのまま今ここで永久保存しないと
なくなってしまうギリギリの線を的確に判断して保存した奇跡のような1本だ。


あと主役の高良健吾の癖のない演技もいい。
主人公が熱い人間じゃないから一体化みたいにはならないのだけど、
人生においていつ横にいても邪魔じゃない奴なのだ。
もう本当に何でサンバ踊りよるかなあ。

一つ合点がいかない点は女の子が綾野剛に対して「あのかっこいい人」と言うセリフ。
短髪にしてからの綾野剛は決して「かっこいい」ではないと思う。
いい奴かどうかは別にして。

しかし、体感時間は短いんだけど、やはり物理的な時間としての160分は長いよなあ。
切れるカットは1カットもなく、今がギリギリだとしても、それは惜しい。
作品としての映画も大概はそうだけど、商品として映画を考えた時、100分以内がいいよ。



【銭】
チケット屋で前売券を50円だけ安値で購入1250円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
横道世之介@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
横道世之介@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
横道世之介@映画的・絵画的・音楽的
横道世之介@映画のブログ
横道世之介@ほし★とママのめたぼうな日々

PS 語呂で言うと、単に「スケ」が合っているだけなのだが、
 『横道世之介』というタイトルを思い浮かべる時、
 いつも『水もれ甲介』が余計にくっついて来てしまう。
 なんかちくしょう。
PS2 『横もれ世之介』だとハミチンみたいで、女子人気は高いかもしれん。
PS3 『横道世之介』を観たのは一月前。
 すごくまったり気持ち良く観て、満足を貪ったのですが、
 叩きつけるようなエキセントリックな場面がなかったので、
 あれほど満足を貪ったにもかかわらず、
 今、ゆっくりゆるやかに記憶から失われつつあります。
 映画も本当いろいろだなあ。
スポンサーサイト



『だいじょうぶ3組』をトーホ-シネマズ渋谷4で観て、大きな減点と小さな加点ふじき★★

五つ星評価で【★★もったいない事しちゃったな】


原作を読んでから鑑賞。

原作のイベントをよく掬ってると思うし、手も足もない教師が教育の現場にやって来る事で実現するメリットも視覚化でき、一概に悪い作品だとは決めつけられない。ただ、原作を読んでるとどうも粗が浮かび上がって見えてしまうのだ。そこだけ愚痴らせてもらおうと思う。そうそう。愚痴なので、愚痴が嫌いな人はここで辞めちゃった方がいい。愚痴が好きな人・・・っているのか。そういう人だけ進んでください。一歩間違えて「グッチ裕三が好きな人」も、ここから先は読まんでいいと思うよ。


チラシを見ると「主人公である補助教員・白石勇作を演じるのは、国分太一」とある。
原作での白石勇作はなくてはならない存在だが、決してウェイトは高くない。
原作では異分子・赤尾慎之介が教育の現場に入る事による波風を当事者の赤尾の視線から書いている。赤尾が感じた事、赤尾の指導方針、赤尾ができる事できない事による実感や悔しさ。基本的に全ての問題に赤尾が乗りこみ、全ての問題に赤尾がぶつかっていく。とてもシンプルだ。

なのだが、映画は補助教員の出番を多くして、補助教員の白石が単独で動いたり、問題を解決するような場面(例えば徒競争)を作っている。「じゃ車椅子の先生は基本いらないんじゃね?」と思ってしまった。
国分太一が頑張れば頑張るほど、乙武さんの存在は象徴のようになっていく。赤尾が乗り越えなければいけない問題を実際に乗り越えるのは白石、それって一番やっちゃいけない構造だ。

凄く悪い言い方をすれば
「可哀想な障害者の先生の為に国分太一君は頑張りました」って作りじゃん。

ただ、部分部分を切り取ると国分太一も乙武さんもとてもいいのである。
乙武さんの語りは先生の語りであり、「こう語ってたんだな」と想像させるし、そこに違和感はない。よく響くし、よく届く声だ。国分太一だって挫折を味わった元教員という役をとても説得力を持って演じている。だから、構成だけおかしい。

変なことせず原作のように撮りさえすればよかったのに。
あと、原作は一人称で書かれている訳ではないが、基本、赤尾の心の中まで描写するので「何の為にそういう行動を取ったのか」という理由が全てわかる。映画は原作のイベントを数多く積む事により(それでも幾つかは捨てている)、一つ一つの事件に対するその「なんで」を取りこぼしてしまっている。
いや、勘が良ければ分かるのかなあ?

そう言えば、原作で出てくる赤尾の恋人も白石の恋人に変わっていた。
じゃあ、赤尾は『暗闇から手をのばせ(※)』の小泉麻耶を呼ぶしかないじゃん。

おいおいおい。

いや、乙武さんは呼びそうだけど、もてそうだから呼ぶ必要はないだろう。
いやいやいやいや。
うん、別に榮倉奈々ちゃんは好きだけど、この映画の中では一切いらんでもいい。
やはりね、小泉麻耶に国分君と乙武さん両方を舐めてもらって
「どっちも全然変わらんよ」と言ってもらうのが教育としてはいいのかな。
ええと、榮倉奈々ちゃんが舐めるのでもいいです(って舐めねえよ)。

※ 『暗闇から手をのばせ』:障害者専門デリヘルの映画。ぐっと来る映画。

よかった点は子供。
リアルな子供が乙武さんを見て目を丸くしてるシーンとか実際に目に出来たのがよかった。自責の念で泣く子どもとかが可愛くてねえ。



【銭】
げっ『シュガー・ラッシュ』満席じゃん。急遽前売券をチケット屋で安値にもならない状態で購入1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
だいじょうぶ3組@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
だいじょうぶ3組@タナウツネット雑記ブログ
だいじょうぶ3組@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
だいじょうぶ3組@Akira's VOICE

PS 榮倉奈々が久々に凄く不満顔をずっと続けるという役だったなあ。
PS2 SMAPの「世界に一つだけの花」の歌詞には触れてほしかった
 (原作で触れている箇所がある)。