FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ドラゴンボールZ 神と神』を109シネマズ木場7で観て呑気でいいづらふじき★★★

五つ星評価で【★★★ビルス様のものぐさ加減がステキ】


ゲスト・キャラクターの破壊神ビルス様と
お付きのウィル様(ちょっとお姉っぽい)が
呑気な二人組で本当に楽しかった。

ハリウッド版はもとより、ただ殴りあって勝ってるという点だけが面白い訳ではないのである。テンポの良さや、間の外し方なんかに凄く気持ち良さを感じる。多分、通常の「かなり面白かった。キシシシシ」感覚の四つ星にしなかったのは、戦いの場面が「血沸き肉躍る」まで達しなかったから。それでも見どころは多い。

歴代キャラ総出演はあんなにいらんかったかな。
一見さんにも優しくないし。
まあ、ほとんどがエキストラ扱いだから、
分からなければ困るという事もないだろう。

ビルス様の声は山寺宏一こと山ちゃん。
本当、何をやらしても山ちゃんなら安心だ。
山ちゃんが演じる事で(アドリブとかという意味ではなく)
確実に面白くなっている。声だけからでも人格が感じられる。これは凄い事だ。

さて、「結局いつも通りだった」という否定的な感想が
ツイッターなんかで呟かれているのを見て、
まあ、そうだわい、と同意したりもするのだけど、
別にドラゴンボールはいつも通りでいいんじゃないの?
あまり、ドラゴンボールで涙を滝のように出して感動とかも考えづらいし、
悟空が死んでも「えっ、又?」で終わっちゃう特異な世界だしなあ。

敵が更に最強で、世界が広がる件に関しては
マンガ版『百億の昼と千億の夜』のラストを思い出したりもした。
到達した先に新たな世界が広がる。
『百億の昼と千億の夜』『ドラコンボール』
広がった先で戦っていかなければいけない物語なのだけど、
前者ではそれは終わりなき絶望であり、
後者ではそれは終わりなきワクワクなのだ。
前者は大人の悩みであり、後者は子供の無分別だ。
オムツプレイでもしない限り、普通の大人は子供には戻れないから、
『ドラゴンボール』の映画を観て子供に戻れるというのは、
実はとても贅沢な事なのである。



【銭】
新聞屋系の招待券もらったからロハだ。
109シネマズの凄いところは新聞屋系の招待券でもポイント付けてくれる事。
よきかな、よきかな。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
DRAGON BALL Z 神と神@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
DRAGON BALL Z 神と神@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
DRAGON BALL Z 神と神@Akira's VOICE

PS 赤いのはそんなでもなかったなあ。
スポンサーサイト