FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ロックアウト』を新橋文化で観て「誰も見たことのない未来」って宣伝文句はハッタリだろうふじき★★★

五つ星評価で【★★★普通に面白いけど、リュック・ベッソンが提供するゆるゆるアクション系映画に絶賛の拍手を送るのは気が引ける】

という事で、いい加減な話なのに普通にかなり面白かったですね。
延延と軽口を言い続けるキャラが活き活きしてたから字幕翻訳者が良かったのかもしれない。

宇宙空間の監獄って『アイアンスカイ』を思わせる大雑把な設定。
ナチが経営してたりして(しててもおかしくないくらい設定甘いよ)
そこに、よりによって大統領の娘が施設の取材に行って、囚人暴動が起きて、
乗りこむガイ・ピアースの特技が「軽口」。わはははははは。

悪い奴がビックボス系と蛭男系の二枚看板にしたのも偉い。
蛭男スリで重犯監獄入りかよ(他に重い余罪があるんだろうな)

しかし、大統領の娘を囚人全員に輪姦させて、それを遮蔽物のない宇宙空間から衛星放送を乗っ取って放映して、自分の娘すら守れない大統領というイメージを付けて失脚させるぞくらいの要求があってもいいと思うのだけど、そんな鬼畜を思い付いちゃいけないか?

そうそう、宇宙空間で冷凍刑にした受刑者が反乱を起こすという話の母体は『未来戦隊タイムレンジャー』の方が先だよね。あの中では圧縮もされてて、受刑者が電子レンジみたいな機械でチンして元に戻ってたけど。


そういや、娘以外は皆殺しか。他にもちょっとくらいは救えよ。


【銭】
夜間割引で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロックアウト@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ロックアウト@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ロックアウト/秘密の書@流浪の狂人ブログ

PS 冷凍されちゃうと、みんなロッキーみたいに頭が悪くなっちゃうから
 「ロッキーでアウト」って題名が本当だったけど訛ったんだと思うな。
スポンサーサイト