FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』をキネカ大森1で観て、ベタ力炸裂だふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★愛の為に死ね、蘇れ、そしてまた死ね】


うおおおおおおおおう。
ベタでい。
でもそれでよし。
ひるんでいてはマサラ・ムービーは楽しめない。

ってことで『恋する輪廻』、ベタベタである。

女の子が加藤ローサに似てて、その上、目が韓国整形みたいにガッとでかい。
いいね、かーいね。加藤ローサも好きだけどね。

男はいつものシャー・ルク・カーン。
この人もラジニカーント同様老けないね。

傷ついた女の子のために、
男の子は自分が愛される対象にない事を知りながら命をかける。
こんな大ベタな。どこかで見たようないつもの話だけど、
プロが作るもんだから、やっぱオモロイんよね。

目的は達したけど、決して百パー、ハッピーじゃないというのは
マサラ映画では珍しいんじゃないだろうか?



【銭】
会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム@ぴあ映画生活

PS 宣伝も兼ねて来てたインドパンが頭になってるナン子さんを見た。
 うん、声がかーいーの。
スポンサーサイト