FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

ヤマト2199第七回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第七話。
・太陽系にさようならあ戦闘シーンがないよ回。

・レコーダーでとっといた奴をヒイヒイ言いながら続けて見る

・これで地球と最後の通信になる。
 男A「よし。いいか男性兵士諸君。
  ヤマト艦内では自由にズリネタを作ったりするのは難しいから
  地球から高速高密度通信で自分好みのエロ動画をダウンロードできる
  これが最後のチャンスだ。心して行動にかかれ!」
 男B「途中で断線しやがってファイル壊れちゃって解凍できないよ」
 男C「ギリギリでDLできたんだけどホモ画像だった」
 男D「彼女が出てた」
 みたいなエピソードが裏であったのだと思います。

・「これから太陽系赤道祭を行う!」
 「太陽系あかみち祭?」
 「あの青田赤道を奉るという」
 「チョンワチョンワ」
 「あーよく分からん(「花の応援団」読んどらん)」

・アホ毛女「誰も仮装なんてしてないじゃないですか!」
 太陽系を最後にする。ここでもう太陽系太陽の光を受ける事もなくなるだろう。
 我々は身体全体で最後の太陽光を少しでも受けるべきである。
 全員全裸で甲板に集合。
 どうせ騙すならこう騙せ。

・「あれから何人もの若い者がわしらより先に行ってしまった事か」
 在りし日の森繁みたいなことをいう徳川さん。
 森繁には火の鳥の生き血を飲ませてやりたかった。
 あのセリフを言うだけの為に。

・ハーモニカで真っ赤なスカーフ。
 ハーモニカは哀愁出ててかっこいい楽器だよな。
 ギターもかっこいい(キカイダー)。
 トランペットはちょっと違うなあ、煩い感じが強くてモテづらそうだ(01)
 横笛は何か真っ赤なスカーフのアレンジが思い浮かばない(ギル) 
・ラジオで真っ赤なスカーフ。やっぱり原曲もいい曲だ。

・シャワーで山本がタオルだけのヌードに。
 これが実は全く必然性のないカットであって、
 これから全搭乗員分このカットが入るなら、、、せめて女だけで。
 それがダメなら、せめて若者だけで。

戦闘シーンを入れずに話を持たせてしまうのだから、
ヤマトってベース、オリジナルがちゃんと出来てると思う。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第06回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事
スポンサーサイト



ヤマト2199第六回

感想やら連想やら妄想やら。

・TV放映第六話。
・冥王星基地どかーん回。

・レコーダーでとっといた奴をヒイヒイ言いながら見る
 (こんなん貯めてしまったらどうにもならんから即消化せんと)。

・開始早々ヤマト冥王星に沈む。
 おいおい2回見逃したらもうこの下りまで来ちゃったか。
 シュルツとガンツの二級市民で萌え萌え漫才みたいな下りが一切、見直しできずに
 抜け落ちちゃったっので、シュルツが単にただの悪い側の人になってしまった。
 宇宙にいる悪い人だから、スペース・ショッカーといってもいいかもしれない
 (よくない!)。
 シュルツの部下が全員、黒衣装で「イー」とか言っててもそんなに違和感ない
 (いや、違和感ありありだろ)
 いっそシュルツも変なベルト巻いて「××男」になりきってしまって、
 最後にヤマトと直接対決するというのもいいかもしれない。
 (いや、だからダメだってって。だけどちょっと『ダイターン3』寄りだな)
 真田さんがこの日の為に開発していたヤマトの直立二足歩行脚による
 ヤマトキックでシュルツ大爆発。
 もしくは「太陽系太陽の光を浴びて今必殺の波動砲ビーム」
 あ、でも、ビジュアルを妄想したらこれはこれでおもろいかもしらん
 (過度にグレンラガンっぽいノリだな)。

・ということでヤマト冥王星に沈む。
 いわゆる狸寝入りみたいな戦法。
 男らしくないぞ。
 男らしくして散っても地球が困るかもしれないが。
 どうせ男らしくないなら、ユニホームとか
 みんな女用ネグリジェで戦えばいいんだ!
 しまった。徳川さんのを想像してしまった。

・デスラー風呂。
 まずい。やばい。美しいじゃん。
 ここに古代ローマから阿部ちゃんが飛んできて、
 何も得る物がないと落胆して帰って欲しい。
 そこから今度はデスラーが昭和の銭湯でテロン人の風呂開発意欲に圧倒されて
 戦闘の続行を踏みとどまる。おっ、それはそれでいい展開じゃん。
 毎回デスラーの風呂シーンが入って女性ファン狂喜。
・風呂上がりのデスラーに詰め寄るミニスカ女性士官。
 いいなあ。
 だが、デスラーも体面上ここでモッコリをしてはいけない。
 ああ、プレイっぽい設定だ。
 いいなあ。
 このお姉ちゃんたち微乳っぽいのがこの場合はいいと思う。
 ガミラス戦線に巨乳の女性士官がいたら何かそぐわない。
 そういう人がいたらとても申し訳ないけど慰安士官っぽい。
 「慰安士官」って言葉にゾクゾク来てる。
 いいなあ。

・脇道にばっか入ってなかなか先に進まない。

・対冥王星戦闘での医務室描写。
 ケガ人が運ばれてくるがケガ人が野郎ばっかである。
 パーティーのシーンで出てくる女性兵士はどこにいったんだ。
 ・・・ダッチ隊員か?(パーティーの時だけ膨らます)
 まあ、女性の方が基本的に生命力強いから、ということにしておこう。
・一人くらい綾波みたいのがいても・・・
・一人くらい胸元を開いて巨乳に心臓マッサージを受けてる女の子がいても・・・

・反射衛星砲ってデザインがダンゴ虫集めて作ったみたいなズングリ感があって好き。

・ ♪ ぶんちゃかヤマトが鳴り響く中、
 ガミラス冥王星前線基地37564DEATH

・逃げるシュルツ、追うヤマト。
 37564ったら37564だ。
 敵のヤレトラーが旗艦の楯になる。
 ハゲでヒゲってロック様みたいなビジュアルなのに古代守な行動だ!
 しかし、誰も古代守と一緒とか言ってあげる人がいない。
 不憫よのう、ヤレトラー。ハゲでヒゲなばっかりに。

・ガミラス冥王星前線基地陥落。
 沖田「これでもう地球に遊星爆弾が落ちる事はない」
 ガミラスのやる気の問題だと思います。

んまあ、よしよし。

▼関連記事
TVヤマト2199 第01回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第02回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第03回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第04回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第05回欠@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第07回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第08回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第09回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第10回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第11回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第12回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第13回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第14回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第15回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第16回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第17回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第18,19回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第20回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第21回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第22回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第23回@ふじき78死屍累々の記事
TVヤマト2199 第24回@ふじき78死屍累々の記事

マンガ『恋するみちるお嬢様 第一巻』若林稔弥、ガンガンコミックスを読書する男ふじき

みちるお嬢様が可愛い。

なんて表情豊かなんだ。

ネタのバリエーションは狭いが、一つ一つのやり取りの微妙な味わいが上手い。
発想の飛躍は大きくないのだけど、演者が突出してる。
上手い落語家の所作を見ているようだ。

そして「恋はぶざま」という現実をバンバン剛速球で放り込んでくる。
「ぶざま」さが甘味になる点で止めて深追いしないでいれるのが4コマ漫画の利点だ。

とかなんとか理屈を付けながら、ああ、たんに面白かった
(ちゃんと2巻への引きを作ってるのが商売上手だよなあ)。