FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

荒木と吉行がんばれ新橋ロマンふじき

寝落ちした記事っす。

◆『さかり新妻 刺激のほてり』

五つ星評価で【★★★★ライティング綺麗】

荒木太郎監督、はるか悠主演

惚れた女の淫乱な愛に溺れる男。
だが、ことの最中に聞いた別の男の名前から
男と女の関係は壊れていく。

SEXで朦朧としている中、昔の男の名前を言う女に悪意はないのだが、
これも一種のファム・ファタール物と言っていいだろう。
「察しろ」とばかり、最後まで結末は書いていないが、
ハッピーエンドは予想しづらい。
生きるってつらいなあ。寂寥感溢れる。でも、見てよかった。

ライティングが物凄くダイナミック。

こういうのを一般映画で感じず、成人映画で感じるってのはどうなんだろう。
昔ながらに35ミリで撮る成人映画だからこそ、昔と同じようにライティングに拘るのだろうか。デジタルで撮影する多くの演出家は映画がそもそも光である事を忘れてはいないだろうか。解像度がよくって、光源的にバカチョンで撮れるとかそういう事があったりするのかもしれない。

はるか悠は男の夢の女であるような、ないような。
いつもと変わらず、荒木太郎が凄く愛をもって撮っているので、ちゃんと可愛いです。



◆『主婦㊙不倫 後ろから出して』

五つ星評価で【★★ここで一眠り】

加藤義一監督、小出遥主演作品。

新聞勧誘の青年に犯されて夫と不仲になってしまう妻。
新聞勧誘と妻が和解してラスト。
そんな風にはならんのんちゃう?
奥さんが妙におばさんっぽくって、今一興味を引かれなくって舟を漕いだ




◆『抱きたい人妻 こすれる感触』

五つ星評価で【★★★】

吉行由美脚本監督、羽月希主演作品。

吉行由美はちゃんと仕上げてくるなあ。
昔ながらのダメ男が初恋の姉ちゃんに憧れながら、
彼女の屑の恋人の為に往生できない、みたいな青春話。

成人映画でこの軽目のテイストを維持しつつ、
しっかりダメ主人公に共感を伴わせつつ、
暴力屑男に引かれるヒロインの可愛らしさを掬い上げる、
相変わらず職人だなあ。

ヒロインを屑男から買うアナルセックスをやりたい男役の
「サーモン鮭山」がいつも通りに気持ち悪い感じでよかった。
サーモン鮭山って南海キャンディーズの山ちゃんに気持ち悪さが似てると思う。

しかし、そんな終わり方するのって感じの終わり方だった。

割と若い女性監督が撮ってるので、女の子は本当にそこいらにいるような空気感。



【銭】
新橋ロマン、モバイルサービスクーポン割引で1200円。
スポンサーサイト