FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『最強のふたり』『恋のロンドン狂想曲』をギンレイホールで観て、手堅いなやふじき★★★,★★★

『最強のふたり』

五つ星評価で【★★★まあ、ちゃんとしてるよね】

なかなか縁がなかったのだが、
ギンレイホールが掛けてくれてやっと見れた。
確か公開中にツイッターで
『最強のふたなり』ならすぐにでも見たい」とうそぶいてたのは私です。
ごめんなさい。

ただ「『最強のふたなり』ならすぐにでも見たい」
という言葉にも嘘偽りはありません。
ああ、AKB全員がふたなりの成人映画とかを本人出演で作らないかなあ。
グループ全体が落ち目の時に一番稼げる稼ぎ方はそれだよ。

主役の二人をはじめ、みんないい。
車椅子に乗ってて最強だと言うなら
円山でアレ(㊙)が銃火器になったように
ミサイルくらい搭載してくれてもいいじゃん。
『ワイルド7』のチャーシューみたいに
サイドカー部分がミサイルみたいな発想から行くと
サイドカー部分に車椅子が付いててボタン一つで富豪ごと敵にぶつける。

うん、何か凄く最強な気がする。

全体、淡々としてて、えげつない感動を引き出そうとしない所が
好き嫌い分かれるところだろう。えげつない感動を引き出したくて、
元が実話なのに、死んでない母ちゃんを殺しちゃった『幸せのキセキ』
みたいな例もあって、それもどうかなと思う。
まあ、この『最強のふたり』がどこまで真実に忠実かは知らないけど。

無理に泣かせるなら画家として大成した黒いあんちゃんを襲う全身麻痺に
富豪とあんちゃんの金を巻き上げようとスラムの奴らが兄弟と母親を皆殺し、
で、「 ♪ 生きていれば最後はみんな幸せになれるうううう」と
高らかにミュージカルが入ってアン・ハサウェイが脱ぐ。
アン・ハサウェイが脱ぐだけ採用してほしい。全く関係ないけど。
アン・ハサウェイには女優として、必然性がなくても脱いでほしいのだ。

富豪が基本ニコニコしてて、それが彼なりの障害者としての処世術なんだろう。
でも、一度、人間として向き合った対応がされると、
その処世術を通す事も難しくなってしまう。
この辺がいい節度で描かれてた。

あと黒いあんちゃんが、心根は優しいけど環境で悪に染まるしかなかった
みたいなパターンなんだろうけど、そんなのありがちな話だろうから
いっさい説明してやらないよ、という姿勢もよかった。
鄢いあんちゃんが偉そうにしてると、
ちょっとボビーっぽく見えちゃって、それは良くないんだけど、
それをこの映画に言ってもしょうがない。
ハリウッドだと昔だったらこれ、まんまエディ・マーフィーなんだけどね。
フランス映画のままあんちゃんがエディー・マーフィーだったらイライラしたろうな。
クリス・タッカーでもイライラしたろうけど。

うん、全体に普通に面白かったよ。
泣かせてくれないじゃないかと怒ってる人もいるらしいけど、
別にこれはこれでこれなりの物で憎んだりはしないよ。

PS 紅茶屋ロンドさんのコメントで軽いセクハラ。
 うん、でも、その映画のホーキング青山と小泉麻耶は、
 やっぱり同じような意味で『最強のふたり』なのではある。


◆『恋のロンドン狂想曲』

五つ星評価で【★★★ウディ・アレンだから】

『最強のふたり』書いて疲れたから、こっちはあっさり。

映画を撮る事はウディ・アレンの老後の道楽に違いない。
道楽なのに、普通にちゃんと見れるものになってるのが凄い。

みんな普通にそこそこ不幸せで、際立った幸せがないのは
バランス的にどうにかしてほしかった。

隣のアパートのディアちゃんが可愛い。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
最強のふたり@ぴあ映画生活
恋のロンドン狂騒曲@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
最強のふたり@yukarinの映画鑑賞プラス日記
最強のふたり@映画のブログ
最強のふたり@紅茶屋ロンド
恋のロンドン狂騒曲@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト