FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『クロユリ団地』を渋谷TOEI①で観て、評判通りだふじき★★

五つ星評価で【★★あっちゃんの映画だから誉めたいんだけどね】

秋元康プロデュースの映画だから怖い筈がないというのは正論だろう。
恐怖どうこうではなく、それに関係する女の子を見るのが秋元康的な立ち位置だから。
前田敦子と言う素材は、秋元康としては初回じゃないから微妙ではないか。
「慣れ」がある所ではホラーは上手く機能しないという属性もあるし。
(そんなホラー属性を秋元康が考えるとは毛ほども思ってないが)

ホラーには何が起こってるか分からない非論理的な不明瞭さと、
事象の原因は不明でも突き進む向きをちゃんと指し示す明確さがなければならない。

上記の基本的なセオリー、特に後半が壊れてるので怖くないのだろう。
ポスターにも出てるから明言していいと思うが、
「少年」の霊の意図が全く分からない。
「何をしたい」「どうしたい」
もしくは「何をしたいでもないけど何かが起こってしまう」、
この意図と起こる事象がはっきりしないから
前田敦子が突然、理由もなく衰弱し、
ただ周りでみんなが叫ぶだけ叫んで終わる変な話になってしまう。
ホラーを殊更に論理的に構築した映画は、それはそれで嫌なのだが、
原因と結果の因果律くらいはちゃんと組み立ててくれないと、
感情がない登場人物が機械的に叫んでるだけの映画になってしまう。

爺ちゃんの下りや、家族の下りは悪くない。
この爺ちゃんにも、ちゃんとオシッコさせておいたら、前田敦子は『苦役列車』に引き続き、お爺ちゃんにおしっこさせたら№1の女優に輝けたと思うと、そこは残念だ(そこなのか、俺!)。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クロユリ団地@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
クロユリ団地@いやいやえん
クロユリ団地@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS やっぱり「百合」といったら、「レズビアン」の暗譜だから、
 その辺もちゃんと盛り込んでほしかったね。
スポンサーサイト