FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ボクたちの交換日記』を三軒茶屋シネマで観て、オトクだふじき★★★

まず、三軒茶屋シネマに敬意を表する。

ここは昭和椅子なんだよね。
今は休館してる三軒茶屋中央劇場と合わせて、
拷問のように固い昭和椅子はもう都内だと、ここでしか体験できないかもしれない。
でも、三軒茶屋中央劇場の昭和椅子はもっと硬かったように思える。
どうも、シネマは一つ一つの椅子に綿を多めに入れて調整してるようだ。
こういうのに「ぐっ」と来る。
綺麗に清掃が行き届いたトイレに粋なノレンがかかってるのも何か嬉しい。
上映開始で緞帳が開くとスクリーンの前に舞台があって、
スクリーンがちょっと奥めにあるのが嬉しい。
新設館は場所をケチって舞台なんか作らないけど、
スクリーン手前にあり過ぎると明らかに見辛いからね。

うんうん、そんなに来れないけど、ここは嫌いじゃないです。
で、『ボクたちの交換日記』に三軒茶屋シネマの外観も場内も映ってたりするので
何かちょっと得した気分。


五つ星評価で【★★★ウッチヤンのいいとこが出た】

ウッチャンも今では「ネタ芸人」と言うよりは
「バラエティを切り盛りする司会者」としてのイメージが強いが、
はじけた時のウッチャンのコントの破壊力は本当に強かった。

で、バラエティのやり取りもそうだけど、
基本、対人関係的に、ちゃんと相手の事を見て取れないと
相手の良さは引き出せないと思う。
この映画は芸人に関して出演者の良さを引き出しまくり。
女性に関してはウッチャンのシャイさが出たのか、
元々の素材の良さが出ただけで、ビックリするほどの良さは感じなかった。

長澤まさみ、ビンタがええなあ。脚ふと。
木村文乃、あ、可愛い。すんごい普通がいい。
川口春奈、語るほどの出番がないけど優等生っぽくて可愛いよなあ。
 この娘に伊藤淳史が惚れると『オールド・ボーイ』的な展開になる。
ベッキー、なくていい役にも変わらず美味しい。
伊藤淳史、最後の年をとった感じはメイクだけじゃなく演技で出してる。うまいなあ。
小出恵介、若手芸人にいそう。何気に田辺誠一に似てる。いい男なんである。

基本、調整型のウッチャンは監督には向かないと思うのだけど、
この映画はウッチャンとテーマの近さが功を奏した。
胸を張っていいと思うよ、ウッチャン
(つか、何でずっと上から目線なのか、俺)


【銭】
トーホーシネマズデーで1000円均一料金、じゃなく夜間割引で700円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ボクたちの交換日記@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ボクたちの交換日記@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト