FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『トーク・トゥ・ザ・デッド』をユーロスペース2で観て、怖くはないが腑に落ちる映画だふじき★★★

五つ星評価で【★★★彩夏ちゃーん、俺にも揉ましてえぇぇぇぇえええ】

実写セーラームーンでセーラーVを演じた小松彩夏ちゃんがホラーで悲鳴あげる女の子を演じ、『本当にあった怖い話』の鶴田法男がメガホンを取る。
いわゆる、とってもありがちな企画。

うん、でもまあ、小松彩夏ちゃんがデリヘル嬢を演じると聞いたら見ない訳にはいかないでしょ。思った通り「脱ぎ」の「ぬ」の字もなかったけど。その代わり、男からも女からも胸を揉みしだかれます。着衣の上から胸の柔らかさが分かるから、どうせ見れない頂きならこっちの方がいいかもしれん。揉みたいなあ。握手会とかじゃなく、胸揉み会とかしてくれないかなあ(しないって)。

それにしても今の時代、ホラーで霊物を作るのは大変だ。
イジメだったり、DVだったりが、霊より怖くてリアルだから。
なので、『絶叫学級』同様、霊が恐怖の先頭走者ではない。
先祖が年に一日だけ帰ってくる「お盆」に近い感覚が映画に残っていると言えるかもしれない。だから、霊と組み合わせた恐怖シーンには多少の違和感が伴ってしまう。
映画のケリの付け方は明るくも暗くもない薄暗がりみたいな形だけど嫌いじゃないです。

小松彩夏ちゃんはよくやってると思うけど、まあ、本音を言えばデリヘル嬢なんだから
エッチなシーンは欲しかった。

鶴田法男監督は生活がホラーで救われてる筈だけど、人間の感情をちゃんと演出できる監督で、逆にあまりホラーには向いてない(但し、初期の『本当にあった怖い話』の幾つかのエピソードは超絶傑作です)。普通の映画で一発当ててほしいなあ。


後、嶋田久作が出てくるだけで、映画が嶋田久作の物になってしまうのは流石だ。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
トーク・トゥ・ザ・デッド@ぴあ映画生活
スポンサーサイト