FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヴィック・ムーニーズ ごみアートの奇跡』をユーロスペース1で観てめちゃオモロイやんけふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★ドキュメンタリーは題材と人と演出。全部いい】

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のゴミ捨て場に出向いて、ゴミを素材に芸術作品を作ろうとする芸術家と、そこで暮らすゴミ収集人との出会いと作品作りの工程と作品が出来上がった後の影響までを至れり尽くせりに描く。

このゴミ拾いさんたちが明るくって最高。
基本的に最下層の生活だから不自由はあるんだろうけど、
それぞれがプライドを持って、誰に文句言われる筋合いもないぞ、と強く生きてる。
けっこう稼げる職種らしいのが彼らの誇りに繋がっているのだろう。
あと、彼ら以下の売春婦層、ドラック・ディーラーがいる事も(ここにはスポットが当たらないので最下層がさげずむ層の実際の格差は分からないのだけど)。

問題の解決手段が「アート」という意外性。
又、「アート」の介在によって、一生面倒を見る訳にもいかないのに、
彼等の人生を変えてもいいのか、などの葛藤まで見応えがある。
根は明るいけど、不真面目じゃないのだ。

昔、見たフィリピンのゴミ山で生活する人たちのドキュメンタリー
『スカベンジャー』なんて、ずっと俯いてた気がする。

たくましいラテンの人たちを見てると、気分が晴れてくるよ
(彼等には彼等なりのコンプレックスがあるに違いないが、
 それが前面に打ち出されないところが粋だ)。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡@ぴあ映画生活
スポンサーサイト