FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

続・思い付き

「相変わらず絶望してるのか」
「父ちゃん」
パリパリ・・・飛雄馬の表皮がひび割れていく。
「いかん。ぬん」
仮面ライダーウィザード一徹が細かく書かないけど大活躍。

「助かったよ、父ちゃん
 そして俺は人生を変える
 絶望より欲望だ
 父ちゃん、この世界で儲けたコインを
 3枚だけでいいからくれよ」
「何にする気じゃ」
「明日のパンツを買うのさ」


彼こそ後の仮面ライダーオーズである。

チャンチャン
(分からない人は置いていく)。
スポンサーサイト



思い付き

台風でカラフルな世界に飛ばされてしまった一徹と飛雄馬。

「父ちゃん、ここはどこだろう」
「飛雄馬よ、どうやらここは魔法の世界らしいぞ」
「父ちゃん、何だよその手に持っるものは」
「これは大リーグ魔法力養成ギブスだ。さあ、飛雄馬付けるのだ」
「うわああああああ」

魔法力を身に着けた飛雄馬は最終的にウジウジ悩む。
「・・・僕は父ちゃんが作った魔法人形」
カキーン
魔法で打ち返された硬式ボールが飛雄馬の目の前を横切る。
びゅんびゅんびゅんびゅん
あ、あれは・・・・見えない魔法スイング

「お前は誰だ?!」
「アイアム一徹が作り上げたパーフェクト魔法ロボット」


名前がオズ魔

ちゃんちゃん