FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで、後藤おもろいわあふじき

きしょー、忙しすぎるううううう。
忘れつつあるので忘れる前にライトにメモ代わりとしてでも書きます。
大蔵三本立て。


◆『熟女どスケベ不倫』

五つ星評価で【★★★こういうの好きそうな人いるなあ。純文学っぽい一本】

荒木太郎監督、
綾野さえ出演

お気にな荒木太郎監督の作品で、これもしっかり撮ってるけど、私にはピンと来なかった。「女の性(サガ)」を取り扱ってて、人間どこまでどん底に落ちても、どん底に落ちればこそ見える風景がある、系の話。

「どん底オリンピック性にだらしない部門」みたいな一本。




◆『淫蕩告白 兄嫁の濡れた午後』

五つ星評価で【すんません。舟を漕ぎました。】

竹洞哲也監督

3本見てると1本くらい意識飛んじゃうんだよごめんなさいな1本。
3本の中で女優さんはこれが一番綺麗かった(好みだった)。




◆『艶めき和服妻の痴態』

五つ星評価で【★★★★うわ、後藤監督おもしれえ】

後藤大輔監督、
周防ゆきこ出演

三人の出張ホストと三姉妹が絡んでほつれてみたいな艶笑コメディー。

それにしても、なかみつせいじさんが初老の男の役を演じてる。
この人も長いものなあ。
「フレッシュ感」にはほど遠いが、昔は若者役だった筈だ。
熊本弁が妙に面白い。正しいかどうかは全く分からないけど。

那波隆史が攻殻機動隊バトーのコスプレで一戦。
ピンク映画で「電脳」とか「ゴースト」とか
攻殻機動隊用語が飛び交ったりするとは思わんかったから
それだけで気分が上がってしまった。
わはははははは。

ついつい最近の新作らしく「くまもん」が散見される。
ラストシーンも何気に「くまもん」カットである。



【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。
スポンサーサイト