FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ジョーカーゲーム 脱出』をHTC渋谷1で観て、いい大人は作品の出来は問わないんだぜふじき★★

五つ星評価で【★★いろいろ突っ込めるけど、突っ込むなら話じゃなく、あの娘の……(自粛)】

記事のタイトルにもあげた通り、これを質うんぬんで語ってもしょうがない。

展開的にしょうもない部分を大きく含んでいて、それがどうしても「質」と合い入れない、と言うよりハナから一般の評価軸となるような「質」は、ありえない話がベースである事から諦めてる感も強い。ベースのゲームである「ババ抜き」はそこで出さんでもというところで出てくるけど、相変わらず何故ババ抜きなのかという一番基本的な部分は謎のまま。というか、考えてないだろ、その辺、きっと。
まあ、個人的には可愛い女の子がいっぱい出て悩んだり叫んだりする映画は好き。

1本すっきりババ抜きで通した前作と比べて、
今作は『SAW』を思わせる部屋の謎を解いて生き残る的な話。
何でそんな謎を解く事が未来の人材の確保につながるかは一切分からない。
どっちかってえと、単に人減らし政策なんじゃないかとさえ思う。

そんな中、一組七人の女の子がみんな違うタイプを取り揃えてくれたらしく混同しないでよかった。

思いつくまま一人ずつ。
・主役は恵比寿なんちゃらの女の子、目元パッチリ。可もなく不可もなく。
・食欲が強い子。ヘラヘラが分かりやすくていい。
・でかい子。協調性がないのが一人いるとイライラする、そういうキャラ。
・リーダー。こういう眼鏡好き。実は割と頭が悪そうなところが泣ける。
・クリスチャン。顔がゴツゴツしてる。喧嘩強そうだ。
・人殺しと呼ばれる娘。抜群の不健康感、キレ者キャラ。
・何もやらない娘。前回に引き続き登場。うん、可愛いだけでいいんじゃないかな。

キャラ的にはキレ者キャラの女の子がいい味出してる。
容姿は前回の子とリーダーが好みかな。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョーカーゲーム 脱出〈エスケープ〉@ぴあ映画生活
スポンサーサイト