FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『恋の渦』をオーディトリウム渋谷で観て、うんまあふじき★★★

五つ星評価で【★★★ちゃんと面白いのだけど周囲が熱狂してしまったからこそ醒めてしまったので一つ減の星三つ】

そうだねえ。
ちゃんと出来てるねえ。
間違いないねえ。
最初に登場人物9人ドカンと出した時はしんどいと思ったけど、
しんどいのはそこだけで、そこを乗り越えちゃえば大丈夫。

コウジ(兄ちゃん)×トモコ(彼女)は勿論トモコを支持。
コウジの根拠のない偉そうさが分からない。
オサム(ブサ男)×ユウコ(ブス)は見ていて辛い。
両方コミュ障っぽい。同じところをぐるぐるループしそう。
ナオキ(弟)×サトミ(弟彼女)のサトミの秘密は何か類推できた。
ラストは「いや、でも、やっちゃえばいいじゃん」と思ったけど
それは観てる映画自身にモラルが破壊された結果かもしれん。
タカシ(グラサン)×カオリ(ビッチ美女)はタカシに一発くらいねえ。
ユウタ・・・が一番普通・・・に見える作りにしてるんだろうなあ。

自分の周りにいたら、誰と仲良くなるかで順位を作るなら
男は、タカシ(グラサン)、ユウタ、オサム(ブサ男)、ナオキ(弟)、コウジ(兄ちゃん)。
女は、カオリ(ビッチ美女)、トモコ(彼女)、ユウコ(ブス)、サトミ(弟彼女)、かな。

カオリは、だって、うーん。技を味わってみたいじゃん。
女4人に関して言えば、カオリだけが男に合わせていない属性を持ってるだけで、カオリも含めて4人のメンタリティに大きな差は感じられない。だから、順番的には実は「必ずこれだ決定打」みたいな強さがあまりない。みんな等質に描いてるから、一人だけ「ぐっ」と来るような状態にならなかったのかもしれない。

これ、作ればダラダラと何時間でも作れる感じの映画だな。



【銭】
平日昼の回割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
恋の渦@ぴあ映画生活
スポンサーサイト