FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『うそつきパラドクス』をHTC渋谷2で観てどきどき、そしてごめんねヤックルさんふじき★★★ @tabby_yackle

五つ星評価で【★★★つまり、私は動物のように映画を観ているのだ】

原作未読です

さて、この映画に私は浸ったので、ツイッター・フォロワーのヤックルさんに単純に「ええで」とRTで伝えたんだけど、ヤックルさんは見てみて割とダメだったらしい。その見方の違いを書き留めておきたい。誤解を避けるために最初に書いておくが「どっちが正しい見方だ」みたいな議論をする気はない。映画は人それぞれが違った見方をして、違った評価をする。それに正しいも正しくないもなく、ただ色々ある。そう、思っている。仮に自分の方が正しいのにと読み取れる部分があったとしても、それは自意識が膨張したあまりタイピングが滑ってるだけです。まあ、悲しい奴だと思っていただければ。

でも、自分の見方の方が正しいんだけどね(うそうそ)。

主要登場人物は四人。
ヨウカドウ(♂)
セイユ(♀)
マルエツ(♀)
名古屋(♂・セイユの遠距離恋愛相手/画面には登場しない)

新入社員のパーティーでマルエツはヨウカドウが、
ヨウカドウはセイユが気になるが、
セイユには遠距離恋愛の相手が名古屋にいた。
ある日、残業していてヨウカドウと二人きりになるセイユ。
二人は寂しさを間際らすために嘘の恋愛関係の契約をする。

そんな都合のいい話はありえないな。
と、書いてると実感できるのだけど、
ありえるように描写するのが映画だ。
割と、これはセイユの緩さや基本的に拒絶できない性格設定だったり、
ヨウカドウの草食系な容貌だったり、
そこは振り切らないと話が進まないだったりで押し切っている。

この後、そんな契約をしてしまったばっかりに
二人はうれしはずかし、そしてつらい蜜月を過ごすようになるのである。

セイユちゃんかーえーなー。
でも実は容貌的にはバランスの悪い顔やプロポーションをしている。
これは、撮影するスタッフが可愛く撮れるよう可愛く撮れるよう
丹念に魔法をかけて撮っているのだ。

そして羨ましい側のヨウカドウ。
割とこいつがヘタレ男子全体の思いを代弁する位置にいて、
極端に出すぎた状態に至らないので安心して見ていれる。
残念だけど、そこそこかっこいいし。
って『私の奴隷になりなさい』の彼か。
あれは嫌な彼だった。
そういう嫌な彼にならないよう細心の注意を払って撮られている。

で、恋の鞘当てに使われながらも
最後はヨウカドウを励まして送り出すマルエツちゃんも可愛い。


ここからヤックルさんのツイートをバリバリ無断で引用しながら話を進めよう。

『うそつきパラドクス』① 遠恋の寂しさと恋人なしの寂しさと言うお互いの寂しさを埋めるため、嘘の恋人関係を築いた男女を描いた作品。 楽しめませんでした、と言うか演出が酷いなぁって思った。心情をベラベラ喋らせるわ、話を進めるためだけに不自然な登場するわ、逆に急にいなくなるわ。


確かにそうだ。でも、これはそんなに気にならなかった。
何でだろうと思ったら、基本、この話はヨウカドウの主観で語られる話なので、ヨウカドウの心の独白が入るのはそんなに不自然でないのだ。設定を語る必要があるためヨウカドウがそこにいないカットもあるが、ベース、ヨウカドウを主体に話は語られる。ヨウカドウに自己同一化できていれば、おそらくそんなに気にならないだろう。逆に俯瞰的に見たり、観客が女性である場合は受け止め方が違うかもしれない。不自然な登場や逆にいなくなるというのも、ヨウカドウの意識下にいるいないという事なのかもしれない。物理的にそこにいても論理的にはいないみたいな、ね。

おっ、俺、バリバリへたれ寄りじゃん。
ちゅ、中学生かよ、俺。
うん、そういうことなんだろうな。


『うそつきパラドクス』② 尺の割に要らない台詞が多すぎるのと、濡れ場が長すぎる印象。これを纏めてるとは言えないと思うなー。この映画を観た限りから伝わってくるものとしては、名古屋の恋人はかなりどうでも良い存在なんだよな。この関係を継続させる存在なのに、その説得力はなかった。


いらないセリフは結局、独白が多いからだろうか?
濡れ場は多いと思う。まあ、そこが売りだろうから簡単に否定はできない。
でも、セイユがどこまで接触を許すのかという部分が曖昧になってる点については気になった。
普通の恋愛を書くなら、名古屋とマルエツはもっと人間として多面的に描写されないとおかしいと思う。ただ今回の話の中で名古屋は徹底的に全く描写されない。これはヨウカドウが名古屋についてセイユからしか情報を知りえない事の表われじゃないだろうか。あくまでヨウカドウが知る事しか観客も知りえない。そして、ヨウカドウは徹底して名古屋の事を知りたくないのだ。終盤セイユに「嫌な事も知ってください」と言われるまで、名古屋の名前すら知らない。いや、やはり知りたくなかったのだろう。名古屋を人間として知る事はヨウカドウとセイユの関係の否定につながるのだから。


『うそつきパラドクス』③ あと丸悦さんの扱いひどい。ただのガイドポストにしかなってない上に、役目を終えたら存在そのものが消滅ってのはスゴい雑に思える。そもそも主役二人以外の社員は完全にモブだしな。あんな大人数で飲んでて、長時間二人で姿を消して誰も気にも留めないとか頭おかしい。


マルエツさんも名古屋同様(映画内でのヨウカドウの脳内パーツ)。でも、彼女はもうちょっと出番増やしてあげたかった。そんなハレム状態でウハウハでいいんかってところが匙加減が難しいけど。
他の社員はモブで頭おかしいってのは同意(笑)。
あそこはもうちょっと綿密に、最初からグデングデンだったヨウカドウを介抱する為に、嫌な事でも率先して引き受けるセイユが、吐瀉物が飛び跳ねないよう個室に入って付き合っていた。彼女は遠距離の恋愛対象とのラブラブが有名だから、そういった目では見られないだろう、みたいなフォローをちゃんと入れておくべきだったと思う。
もしくはみんな頭おかしいって描写を入れるかのどっちかだ。


『うそつきパラドクス』④ とまあイベントの間は時間が止まってる系の演出オンパレードなのがすごく気になりました。それと気になったのは衣装。毎回同じスーツ着てるのはどうかと思うよ。濡れ場はすげえ頑張ってるのは認めるけどさー、パイズリ要求で引いたわ。お前、風俗いけば?って思ったよ。


ここは返す言葉もありません。


『うそつきパラドクス』⑤ まぁでも最後の濡れ場は本当に頑張ってると思うよ。演者も撮影も。よくモザイクなしで通せたよねw撮影者の苦労の結晶が実ってると思う。ほとんど誉めてないけど、ここは素直に称賛します。


ついにフラグ立ったあ。いやあ長い道のりでした。契約上、最後までフルヌードにはならないのかな、と思ってたのでビックリしました。



結局、ヤックルさんは大人の見方をしていて、私は子供の見方をしているという事なのかもしれない。子供の見方・・・主人公と自己同一化して、映画を見る時に演出がどうとか、話運びがどうとか、分析的な判断が低下する。

猿だ、お前は猿になるのだ、ウッキー。

ってことで全国の猿の皆さんは『うそつきパラドクス』見てみるといいと思うよ。

最初にどっちの見方の方が偉いとかないと書いたけど、偉い偉くないは別として、猿の見方の方が恥ずかしい気はするな、って気づいちゃったよ、しまったぜ、俺。



【銭】
木曜にテアトルメンバー割引で1300円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
うそつきパラドクス@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『謎解きはディナーのあとで』を109シネマズ木場7で観て景子ちゃんにゴキゲンふじき★★★

五つ星評価で【★★★なんつーか北川景子が面白くてたまらん】

原作未読ドラマ未鑑賞です

もし、自分が映画ブロガーや、ツイッターの映画クラスタの助勢を受けて参議院候補として立候補するとかいう事があるのなら、決して誉めてはいけない映画に当たるに違いない。というくらい、映画ファンから見るまでもないと見下されてる映画。ヒエラルキーの最下層にいるっつーか、言われなき差別に翻弄されているっつーか、不憫な事である。

いや、「言われなき」ではないのだろう。
この映画、劇場予告の段階からTV臭さが半端ない。
みんなTV臭さが嫌いなのだ。
まあ、現にTV番組を元にTV局が製作してTVな人が大挙出演しているのだから、それは隠しようがないくらいプンプン匂ってるけど………そして、更に輪をかけて匂う「月曜ドラマランド」臭。
ま、まあ、それはいいじゃん。そんな感じもある事だし。


でもでもでもね、否定するのはとりあえず観てからにしようね。
って訳で、私、これ、けっこう嫌いじゃないです。


なんてか、北川景子がいちいち面白い。

刑事と令嬢の二つの顔を使い分けつつ、そのどちらでもポーカーフェイスができない。
常に思ったままの表情が顔に出てしまう。
ジタバタもがく赤ちゃんを見てるみたいで、すげえ微笑ましい。
得意かつ決してそれが不快感を他者に与えない北川景子のイラ顔もまた素晴らしい。

北川景子が映画の縦軸。
横軸に「謎解き」。
我田引水にドンドン流れるので、はあはあはあはあ、と頷きながら
噛み砕く間もなく納得させられてしまった。
一日くらいゆっくり考えればアラは探せそうだけど
(いや、わざわざ探さなくてもいいだろ)。
まあ、『名探偵コナン』が大丈夫なら、充分大丈夫レベル。

椎名桔平がこんな役をやるとは石井隆の映画で世に出てきた時には思わなかったなあ。あの時の桔平は怖かった。んー、これってバリバリ陣内孝則みたいな役だなあ。まあ、こういう役をやれるってのも役者の幅としていいと思うよ。決して「やってる」風に見えないし。

竹中直人が大倉孝二とペアで目一杯うるさい。
邪魔だ。いや、竹中直人が邪魔じゃない事なんて大概ないのだけど。
その竹中直人のセリフが終わる間もなく、次のカットに移行。
「くでえ演技してんじゃねえよ」ってわざとやってる演出ツッコミかと思ったら、
他にもポツポツそういうシーンが散見されて、編集が雑なだけだったという。
ちゃんとやろうよ。

そんな事もないのかもしれないけど、
余計な事をやらない鹿賀丈史も久々に見た気がする。

要潤が『謝罪の王様』以上の謝罪をします。

生瀬勝久がいつも通りです。
この生瀬と櫻井のギャンブル対決はもうちょっと見せ場としてちゃんと作ってやるべきだったと思うが、まあ色々イベントが多い映画の中で軽いウェイトにされちゃったのはしょうがないか。もちっとちゃんと観たいと思わせるくらい生瀬の色が濃く、ちゃんと発色してるって事だと思うけど。お手軽なのに、場を浚うよなあ、生瀬。

桜庭ななみがオボコイ役で出てます。
「 ♪ 三菱地所を見に行こう」で鳴らしたノドを披露。
う、うん。下手じゃないけど(吹替え口パクか?)心を感じなかったなあ。

櫻井翔は『ハチクロ』『木更津キャッツアイ』では嵌っていたが、本作はおそらくミスキャスト。予告でもさんざん揶揄されていた滑舌の悪さもあるが、この役柄は庶民タイプの丸顔イケメンではなく、クールな王子さま系卵顔イケメンを起用すべきなのだ。執事のクールさが出せてこそ、あたふたするお嬢様とのギャップが引き立つ。櫻井は北川の演技を受けきれていないと思う。うーん、旨味がある所にぶち込んでくるジャニーズの起用は本人の資質をもうちょっと考えてほしいなあ。最終的に本人の為にならんよ。もちろん作品の為にもだけど。誰も突っ込まないけど、男ゴーリキさんみたいになってるケースが多い。
あ、映画の出資者にジャニーズの偉い人の名前が。うーん、うーん、バカ!

犯人逮捕の後にもいくつか伏線の回収があり、かなりガッチリ脚本を組んでるなあと感心。また『名探偵コナン』同様、一見さんに優しい親切設計は全てのテレビ番組の映画化スタッフに見習ってもらいたい。



【銭】
6回の入場とチャラなポイント鑑賞なのだ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画 謎解きはディナーのあとで@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
映画 謎解きはディナーのあとで@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
映画 謎解きはディナーのあとで@映画的・絵画的・音楽的
映画 謎解きはディナーのあとで@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 団時朗すっかり外人だ。
PS2 アンジャッシュの児嶋はあれか、外人コックか? 役者やのう。
 ってか、今時、日本人を色黒にした外人って成立させるのが凄い。
 昭和30年代かよ!
PS3 「クビよクビクビクビ、乳首よお」と間違えて言って
 間違え通りに胸を露出してしまうカットの追加を希望。