FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『母娘監禁 牝<めす>』他2本を新橋ロマンでガチ堪能ふじき

◆『母娘監禁 牝<めす>』

五つ星評価で【★★★★見るべきだ】

前川麻子主演、
斉藤水丸監督、荒井晴彦脚本、1987年のロマンポルノ。

主演の前川麻子が奇跡の可愛さ。
前川麻子の硬さ、一途さ、目の前の劣悪な環境を自分の手でどうにもできない、さりとて、避けて逃げる事も出来ない不器用さ。ああ、世界と一対一で対峙しているんだ、この少女は。凛々しいなあ。その凛々しい少女を蹂躙してほくそ笑む脚本がたまらん。
あと、映画要所要所で、彼女が来てる服がどれも凄くいい。
彼氏のジャケットを羽織ったりするのが凄く様になってる。

少女を食い物にする野郎どももナイーブな若者と多少金回りのいい大人で、殊更に凶悪ではない。ただ、彼等は前川麻子を食い物にせざるを得ない。そこには弱い者が我慢したあがりを分け合って皆で啜るという社会の法則があるのだ。

テレクラでナンパして前川麻子を食い物にするニートに加藤善博。
どっかで見た気がするなと思ったら『12人の優しい日本人』で陪審員をやってた。
前川麻子の父役の上田耕一も『12人の優しい日本人』に陪審員で出てるので、陪審員の1/6はこの映画関係という事になる。まあ、全く関係ないけど。
パフェは食わないけど塗り絵をする上田耕一。しっかりしたて大人だからそういうギャップが似合うんだろうなあ。加藤善博は若い。若者のSEXだけできれば、あとは女を売り物にして金が手元に入ればいいやという疲れた酷薄さがよく出てる。
そして、加藤善博の金主役はまだ禿てない時代の河原さぶ。
この河原さぶがねちっこく丁寧で慇懃で、容姿ともども村西とおるを思わせる
(ちなみにダイヤモンド映像は1988~1992)。
このSEXの化け物みたいな河原さぶがいい。町のすぐ横にある闇みたいな怖さ。

エンドロールにかかるのは『風立ちぬ』でもかかってる「ひこうき雲」。
『風立ちぬ』は単に「ひこうき」のキーワードがあるから使ってるだけのような気がする。あと歌詞の「あまりにも若すぎた」から、若すぎた恋愛が多少思い出せるものの、主役二人に若さを感じないので、何かこれもピンと来ない。ただ、あの曲がかかると映画としての落ち着きはいい。

と、引き合いに出してしまったが、こっちの使い方の方が全然いい。
実はこの「ひこうき雲」は、飛び降り自殺者のイメージを歌った曲という側面がある。
『母娘監禁・牝』の映画内で冒頭、主人公が軽く言った「自殺しよう」との口約束でクラスメートが本当に自殺してしまう。後追い自殺も出来ずに、性の迷路に踏み込んでしまう主人公。自殺して幸せなひこうき雲になった友人と、親を犠牲にしながらも地べたを這って生き続けなければいけない主人公との残酷な対比が浮かび上がる。

<オマケ>
今、ツイッターでブームになってる「冷蔵庫に入る遊び」も
この映画で26年も前にやってるぞ(違うって)




◆『桃尻娘』

五つ星評価で【★★★竹田かほり可愛いなあ】

竹田かほり 亜 湖 出演。
小原宏裕監督、1978のロマンポルノ。

竹田かほりが可愛い。
基本、それだけだ。

内田裕也は逮捕される役。基本、変わってないな。

BL描写あり(BLのエロなし)。




◆『スナック桃子・同衾の宿』

五つ星評価で【★★女優さん苦手】

山吹 瞳主演、山内大輔監督作。

ロングショットで始まって、ロンクショットで終わると実に映画という気がする。
ただ、主演女優が好みではない。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
母娘監禁 牝〈めす〉@ぴあ映画生活
桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール@ぴあ映画生活
スポンサーサイト