FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『県庁おもてなし課』を109シネマズ木場6で観て、その企画は凡庸だふじき★★★

五つ星評価で【★★★観光誘致としてはありがちな企画だと思うな】

随分前に観た。ただ何となく感想を書き忘れていた。
今はもうかなり印象しか残ってない感じだけど、
頑張って、そーっと描いてみよう(初期TB省略するぜよ)。

高知県の実在の「県庁・おもてなし課」を舞台に
おもてなしに励む空回り職員と若きアルバイト、
伝説の職員らがすったもんだで高知を盛り上げようとする様子を描く。

伝説の元職員の引っ提げてくる「おもてなしプロジェクト」が如何に魅力的であるかが物語成立不成立の分岐点になるのだが、この映画で提示されたのは「ありがち企画」だと思う。別に「間違えていない」のだ。でもそんなに「面白そう」ではない。
であるのだが、それでも映画になって見せられると「面白そう」に見えてしまう。それは体験体感するジャニーズの錦戸君の横にすんげえ可愛い堀北真希ちゃんがいつもいるからだ。
これだよ、これ。
「お・も・て・な・し」の心とは常に堀北真希ちゃんが随伴してくれること。
高知はそのだだっ広い未開発地をだだっ広い平地に均して、巨大なクローン工場を造成して、堀北真希を県内はもとより県外にもドシドシ輸出する。これが一番の策だと思うな。いや、だって受けたいでしょ。堀北真希のおもてなし(特に夜)。

という事で、堀北真希ちゃんはすんげー可愛い。
錦戸君は空回り感が出てて中々いいと思う。
船越英一郎は美味しい役だ。
高良健吾はちょっとつまらん。いい男感が出てない。
関めぐみは相変わらず怒ってる役だった(いや、好きよ)。

最終的に話はまとまるのだが、この手のサクセスストーリーにはしっかりした「ここで大逆転」ってカタルシスが欲しかった。


【銭】
多分、109シネマズの会員割引キャンペーン期間割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
県庁おもてなし課@ぴあ映画生活

PS 何となく思い付いた事
 堀北真希が高笑いして、マスクを剥ぎ取ると船越英一郎になる。
 「こうすればわしも最後まで、このプロジェクトに参加できるぜよ」
 プロジェクトは大成功。キスしてる錦戸と船越(Fin)
スポンサーサイト



マンガ『坂本ですが? 第一巻』佐野菜見、ビームコミックスを読書する男ふじき

多分もっとも最先端のギャグマンガ。

今まで主人公になる共同体内の異物は
「極端にバカ」というのがギャグマンガの成立条件だったが、
「坂本ですが?」では「極端にスタイリッシュ」で成立させている。

なるほど。確かに異物感が極まればギャグになるのだなあ。

これで何巻も続くなら立派だ。
極端にスタイリッシュじゃないイジメラレっ子を横に配置して、
分かりやすいツッコミ構造にしてることから、
作者にそこそこやる気はあるのだと思う。

問題は作品の質の良し悪しとは別に、
お客の方がブーム終了で先に手を引いてしまいそうな事だ。
(流行りの出足が早いとスタレの出足も早いと言う鉄則がある)

ちなみに、坂本の髪型と眼鏡は『あの夏』のツルコとそっくりだ。
置き換えて考えるとちょっとおもろい。