FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『陽だまりの彼女』を109シネマズ木場7でネタバレ分かった状態で観てしまったけど、じゅりっぺキュート頂点ふじき★★★

五つ星評価で【★★★スクリーンに映る絵がとても気持ちいい】

原作未読。

ツイッターでその物スバリじゃないんだけど、
「てめえボカシ方がたんねえよ」って呟きに当たって、
秘密については漠然と知ってしまった。
その秘密を本気でやるのかとは思っていたが、
やってみるとそんな変にも見えない。演出に腕があるんだろうなあ。
それでも、知らん方が楽しめたんちゃうんけ。 ちっ ちゃんとボカシてくれやな。

上野樹里が本気で可愛い。
普通ならTVっぽさが鼻につくスクリーンでの超ドアップも気にならない。
可愛いさが極まってる。

ヤング上野樹里を演じる葵わかなちゃんも
同系統の女の子をよくぞ見つけたな感じで、とろける可愛さ。

さて、申し訳ないのだけど、私はマツジュンの良さはよく分からないのだ。
何かあの「目つき」がホストっぽくってじめっとしてて苦手(個人の意見です)。
顔立ちはこのまま育つと佐々木蔵之助っぽくなるなら嫌いじゃなくなるかもしれない。
プロデューサーに嵐売込隊長ジャニーズの藤島ジュリーKの名前があるので、
嵐主演ありきの企画なんだろうけど、
背が低く釣り合わない感が強いニノと、
割とツンケンイメージで親しみ感の薄いマツジュンは違うんじゃなかろうか。
他の3人の誰かの方が、男としてはいい奴なんだけど、
ちょっと運が足りなくて貧乏籤を引いてる感で合ってると思う。
ことさら嵐を目の敵にする訳でもないのだけど、
本人たちの為にもちゃんと似合った役で売ってやれよと思う。
マツジュンは普通。

主役の二人を除けば、それ以外の役はみな、それほど大きくないのだけど、
「ここでこの人を使うなんて贅沢な」
みたいな趣味のいいキャスティングがなされてた。

・マツジュンの会社のイヤミ部長に子藪。わははははは、いそういそう。
・マツジュンの会社の先輩に大倉孝二。演技はいつもと変わらんけど、
 ちゃんとやってるのに顔で損してる感を醸し出しててうっすら泣ける。
・マツジュンの会社の後輩に谷村美月。おもろい役に放り込んだ。
・コワモテ父ちゃんが鉄板すぎる塩見三省。
・医者役に濃い山小屋顔の古舘寛治。
 この医者の「記憶になくても衝撃を受ける事がある」というのは
 バーでのマツジュンに向けてのしゃれた伏線。
・バーでのマツジュンにちょっと『グーグーガンモ』のラストを思い出したりもするね。

ネタバレに気を付けるなら、話題はこんなくらいかな。

あ、あと、樹里っぺ、美脚。

そして、あの目が魅力の固まり。

話は他愛もないもんだと言いきっちゃうけど、

こんなカワイコちゃんを

ずっとスクリーンで観てられるんだから全然幸せだろ



【銭】
チケット屋で前売券を1200円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
陽だまりの彼女@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
陽だまりの彼女@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
陽だまりの彼女@ペパーミントの魔術師
陽だまりの彼女@to Heart
陽だまりの彼女@タケヤと愉快な仲間達
陽だまりの彼女@極私的映画論+α

PS 陽だまりの彼女と同じ秘密がブライアンにあったら・・・
PS2 極私的映画論さんのところ、無記名でコメントしてもうた。
スポンサーサイト