FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】

脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。
でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまってる。
どうした、水田伸生(監督)。コメディー映画『252』の手腕はどこにやった!
あの『252』のラストに向けて、
恥も外聞もなく、ありえないくらいハッピーエンドに邁進していく
あのどっかん、どっかん、なカブせを忘れてはいけんよ
(え、コメディー映画じゃなかったっけ?)。

全体、ちょっと長めかなあとは思うけど、
一つ一つのシーンはちゃんと撮れてて、
笑いもきちっと回収できてるので、日本のコメディー映画としては
破格にいい出来じゃないだろうか
(ちなみに破格によくないイメージなのは『ゴルフ夜明け前』)。
全体バランスから言ったら芸能人の謝罪はちょっと長いか。

あえて笑顔を封印してるんであろう井上真央は、
その甲斐もあって、何だか可愛さが半減するという
残念なことになってしまった。役者としては立派だが、
これはもっと役に合った人をキャスティングをすれば良かったのに。
あんな恥ずかしいレオタードで踊ってるのにエロくないってのもどういう事よ。
舐めまわせよ、カメラ。
カメラなしで舐める専門の人がいてもいいぞ(そら違うだろう)。

あと、惜しげもない有名人の無駄使いがおもろい。
遂にチンピラからヤクザの組長になった中野英雄(出世したのう)
このメイクで相棒に出ないかな六角精児。
一挙手一投足がエロに満ちてる岡田将生。
そのエロさをバタバタ嫌がるのが妙に可愛らしい尾野真千子。
そう言えば尾野真千子の携帯メモリに温水洋一の名前があったのは何でだ?
下着メーカーの女子社員と温水洋一の接点が分からん。
変なダンスの竹野内豊はもちっとちゃんと謝る見せ場があっても良かった。
ほんのチョイの記者会見で「別にぃ」と言うあれが川口春奈ちゃんだろうか。
そら贅沢やなあ。観てる時は気づかんかった。
高橋克実と松雪泰子はあんなもんだろ。引出いっぱい持ってるイメージないし。
高橋克実の後妻が美波か。それも気づかんかった。
高級スーツを着せると女代議士にしか見えないのが凄いな濱田マリ。
ちょっとキュートでマヌケな感じも付いてて、これは本当にいいキャスティング。
そして、演技力のある役者の全力を見せられた感がある嶋田久作。
この人も『帝都物語』の加藤保憲が最初と思うと、ついに総理大臣になったんだなあ。

一番笑ったキャスティングがマンタン王国の王様、津嘉山正種。
こないだ『かぞくのくに』で在日朝鮮の偉い人を演じて、
朝鮮人にしか見えなかった人だよ。
衣装は差し置いて、マンタン人と言われればそうにしか見えん
(マンタン人がどんな人たちかは置いておいて)。化けよるなあ。
丹波哲郎が非日本人をいっぱい演じてたのを思い出す。


【銭】
レイトショー料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
謝罪の王様@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
謝罪の王様@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
謝罪の王様@映画的・絵画的・音楽的
謝罪の王様@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
謝罪の王様@ペパーミントの魔術師
謝罪の王様@ここなつ映画レビュー
謝罪の王様@映画のブログ
謝罪の王様@流浪の狂人ブログ
謝罪の王様@迷宮映画館

PS 公開時期が半年違ったら
 「10倍返しの謝罪をするだけさ」って変わってたに違いない。
PS2 製作団体の一つに「大人計画」が入ってる。やりよるなあ。
PS3 外国の方々に日本で暮らす時はちゃんと謝罪しなければいけない事を
 教育啓蒙する為にも、井上真央ちゃんにはちゃんとデリヘル嬢役を
 演じてもらいたかった。えーと、そのパートだけでもいいよ。
PS4 土下座を越える土下座はカイジの焼けた鉄板の上での土下座。
PS5 そう言えば「切腹してお詫びを」と言うのはなかったな。
PS6 いや、「謝罪の女王様」は見たいな。
PS7 「ドカベン」みたいに「プロ野球篇」を作るか。
 世界記録間近の王貞治。
 今日もまた、敬遠。
 「今日もホームランを打てなくて申し訳ありませんでした」
 謝罪の王様
 まんま、思い付いて書いた「迷宮映画館」さんへのコメのコピペだよ、
 創意工夫がないなあ。
スポンサーサイト



新橋ロマンで友松2本に池島1本で超お得ともかく観ろふじき

◆『囚われの淫獣』

五つ星評価で【★★★★★ピンク映画の観客はモテモテだに大笑い】

柚本紗希 倖田季梨 若林美保 出演、
友松直之脚本、監督 2011年大蔵映画配給のピンク映画。

詳しくは知らんけど、友松監督はこの映画を撮って、
しばらくピンク映画の制作を干されたらしい。
さもありなん。

言わんでもいいセリフが多すぎる。
でも、それが最高に面白い。
冒頭ジグゾーみたいな人形が出てきて「さあ、映画を始めよう」と切り出す。
いや、こんなこと言わなくても少し経ったら画面いっぱいに乳を出すよと挑発する。

次いで、ピンク映画を見に来るサブカル女に
「やられたくて来てるんだろ」と暴言を吐く。
女性客だろうが、何だろうが客を増やしたい世知辛いご時世だと言うのに。

で、ズコバコやったり、やられたりしながら、
「君たちは何でピンク映画を見に来るんだい?」と質問する。
悪意悪意悪意
「もてないからだ」と言わせたいところだが、まあ、差し障りもあるので、
「AV見て家でシコってる奴に比べれば、アウトドアでかっこいいぞ」
とか褒め殺しにして、
「ピンク映画の観客はモテモテだあ!」という神のようなセリフが出てくる。

ニコニコニコニコ。

ピンク映画を見に来る客(俺も俺も)は、自分が屑である自覚はちゃんとしてるので、
こんなことくらいで怒ったりはしない。逆に笑う笑う(個人の意見です)。

そんな中、ピンク映画館に映画の中の観客は四次元的に閉じ込められる。
外に出ようとしたら中に出てしまうとかって何かで見たな。
『エコエコアザラク』の一作目か?
映画館に閉じ込められるって言えば『デモンズ』か。
そして、スクリーンの中の存在に気づく男。
水木しげるの『テレビくん』みたいだ。そして逆『カイロの紫の薔薇』みたいだ。
あああああ、楽しい記号が山盛りで嬉しいな。

実はピンク映画限定ではないが、スクリーンへの逃避なんて
ボンクラなんだから憧れるに決まってるじゃないか。
あんな目に合いたいもんだなあ。


◆『わいせつ性楽園 おじさまと私』

五つ星評価で【★★★★★その干された友松監督の復帰作らしい】

水無月レイナ 野上正義 出演。
友松直之監督。

主演の水無月レイナってちょっとバランスの悪い容姿をしてる。
全盛期の加藤あいをプレス機で引き伸ばしたみたいだ。
でも、観てると可愛くなってくる。
これは脚本が彼女をちゃんと掘り下げてるからだ。

そしてバリバリに爺な野上正義がいい。
映画に爺さんは似合うのだ。
その爺さんと若い娘とのギャップが楽しい。

飛び道具みたいな『囚われの淫獣』の後に見ると、
大層、地味な作りに見えるが、人生の真理が何気なくいっぱい詰まってたりする。

おもろいのう。

あ、何はなくとも『ルパン三世 カリオストロの城』が三度の飯より大好きだ
って人はこの映画を見なくっちゃダメ。



◆『人妻娼婦 もっと恥ずかしめて』

五つ星評価で【★★★★後半のテンポが速すぎる】

中森玲子主演、池島ゆたか監督作。

小さい頃のトラウマで性嗜好が変わり、夫とのSEXが止まってしまってる主婦。
彼女は自分の性嗜好を満足させ、又、克服する為に秘密クラブに通う。

秘密クラブの上客なかみつせいじがいい味。
若い時は中途半端に甘めのマスクが邪魔くさかったが、
爺に片足突っ込んでからは、思い切った演技がとても面白い。

後半あらららららと急展開しすぎ。
ラストはけっこうショッキング。
確かにそういう展開しかないかもしれないけど、
絵で見ると、思ったよりイヤな感じが残る。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
囚われの淫獣@ぴあ映画生活

▼関連ブログ記事
囚われの淫獣2回目@死屍累々
囚われの淫獣3回目@死屍累々