FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『レ・ミゼラブル』をトーホーシネマズ日劇1で観たのは8カ月前だけどまだ感想書けるのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★映画らしくない】

全てのセリフが歌。
カットはバスト・ショットばかりという、劇シネに近い映画
(いや、劇シネ観た事ないけど)。

これはバッカでえええええー、と思いつつも見てると馴れる。
ただ、質疑応答みたいにどうしてもメロディーを付けるのに
向いてない場面もあり、練られてない感は時々感じさせられた。

これが「舞台『レ・ミゼラブル』の名シーンを凝縮して見せましょう旦那」
みたいな毛色の違った映画なので、最後はその舞台力に泣かされる。
だから、映画として全く優れてるとは思わないけど、やる気があるなら、こんなやり方だってあるし、それが大衆に認められて大入りしたってのは大変面白い。
まあ、大衆は「映画とは××でなくてはいけない」なんて考えたりしないから元々垣根は低いのだ。

アン・ハサウェイが凄い。
目がでっかいからいいのかな。
もう観客の目はアンたんに釘付けだ。
彼女が一番、スクリーンから目を離せない存在だった。

ヒュー・ジャックマンは囚人と市長で、全然違いすぎるので「もう別人でいいじゃん」なんて素人考え思うんだけど、そう簡単には許してもらえない。『ムービー43』みたいに喉の所にタマタマがあれば一目瞭然なのになあ。

追いつめる警部ジャベールにラッセル・クロウ。
っつか、もっと他に取り締まるべき物があるだろ、おめ。

その取り締まられるべき小悪党にヘレナ・ボナム・カーター。
すっかりこういう役専門になってしまった。確かに上手いし、他にこういう役やりたがる女優も少なそうだから安定してるのかもしれないけど、美人女優時代を知ってると複雑だ。ハリウッドの濱田マリ(「濱田マリが日本のヘレナ・ボナム・カーター」というのは何か違う気がする)。

アン・ハサウェイの子供役コゼットにアマンダちゃん。
これは恋に恋するだけの面白味のない役だった、残念。
同じく恋に恋しながらも感情に振幅の大きい不美人役のエポニーヌを演じた
サマンサ・バークスの方に目が向いてしまう。まあ、顔だけじゃないよね。
アマンダちゃんが殊更に性格が悪いとかではないけど。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。最前列だったで。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レ・ミゼラブル@ぴあ映画生活

PS パチもの映画で『レ・キングゼミラブル』ってどうだ。
 蝉怪獣が泣きながら歌う「夢やぶれて」も泣けると思うぞ。うるさいけど。
スポンサーサイト



新橋ロマンで友松もう1回ふじき

『囚われの淫獣』面白えな。もう一回みてえな。
特に「モテモテだ」をもう一回みてえな。
という事で、馬鹿は間髪入れずに行動する。
もう一回みてきました。コスト・パフォーマンス悪いよ。
これで、土曜にロマン、日曜に文化、月曜にロマンで、新橋尽くしだよ。
それだけ新橋に行ってるのにサラリーマンじゃないからSL広場で
インタビュー受けたりもしないよ。
挙句の果てに「モテモテだ」の下り、ガクっと意識失っちゃったよ。
しゃーないね。疲れてるからね。そんなもんだ、人生。

さて、

◆『囚われの淫獣』

柚本紗希ちゃん、かーいー。
血とリリカルの友松監督のリリカル全開。
あの白いニーソにやられる。
まあ、やられるように撮ってるってのもあるだろうけど。

そして、倖田季梨姉御。
済まん事だけど、名前はかねがねで何回か映画も見てる筈だけど、
初めて顔と名前が一致した。
「最低!」のセリフが野太いレイプされるサブカル姉ちゃん。
徹底して可愛げない所が武闘派友松の剛の部分全開。
池島組の『人妻娼婦もっと恥ずかしめて』にも出てて、こっちでは娼館の女主人。
役者だなあ。顔の作りとかは一緒だけど(同一人物だから)
とても同じ人に見えん。

別世界に行っちゃう田中も『人妻娼婦もっと恥ずかしめて』
倖田季梨の息子役の人だ。こっちも役者だなあ。

この映画で言ってるフィルム最後の牙城ピンク映画も
設備投資が整って、もう逆にデジタルでしか撮れない状態になるみたいだし。
そうすると、自殺した劇場もぎりの失禁尿が映画フィルムを小便まみれにするって
象徴的なシーンももう撮れなくなるのだ。

この脱ぐもぎりさんと別に、ラストシーンで
もう一人もぎりの姉さんが出来るけど、こっちの人のが好みだな。

ラストカット「俺も羨ましいよ」



◆『人妻娼婦 もっと恥ずかしめて』

時間があったので、こっちも一緒に見直し。

うん、この中森玲子という人の後ろ向きっぽい顔が嫌いだ。
でも非常識に乳がでかくて、ぷるんぷるんして上、向いてる。
乳とあいまってやってる時の顔が武田久美子似。

それにしてもたまに挿入される木洩れ日のカットが美しい。



【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼前回のブログ記事
囚われの淫獣@死屍累々
囚われの淫獣3回目@死屍累々