FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『死霊のはらわた』『ヒッチコック』を新橋文化で観て、睡魔の正体を推理だふじき★★,★★★

◆『死霊のはらわた』

五つ星評価で【★★眠いひたすら眠い俺が悪いのか映画が悪いのか】

実は感想アップできてなかったけど、二回目。
UCT豊洲5で金曜メンバー1000円均一日に観て正体なく寝てる。

で、今回は『はらわた』『ヒッチ』『はらわた』の順で2回見た。
豊洲では3割くらいしか起きてなかったと思う。
新橋の1回目で7割、
新橋の2回目で9割、
目分量なんで不正確だが、最終的には全部合わせて1本ちやんと見てる気がする。
するけど、実はミアが死霊と戦うためプリキュアにメイクアップしたシーンとか
見てないので知らない大事なシーンがあったらゴメン。

しかし、眠いな。
ちなみに、オリジナルにない「薬物治療」という概念が出てきたので、
『治療のはらわた』というタイトルで別物にしてもよかったんじゃないだろうか。
よくないですね、すいません。

で、眠さの理由を考えたんだけど、
①死霊が無敵すぎるので、何やっても敵わず話の展開に興味が持てない
②常に一定のテンションを保ったまま、ずっと騒いでて、盛り上がり下がりがない
だと思う。

①死霊は強すぎるにもかかわらず、一気に攻めてこない。
5人一緒に死霊化したら、すぐ終わりじゃん。
そういうルールが明確でなく、強いのにダラダラ似た攻撃を続ける。
明らかに死霊が映画の尺を計算してるとしか思えない。
よしんば死霊が映画の尺を計算してるにせよ、
それだったらテンポ変調とか攻撃の目先を変えるとかしろよ。

②映画の最初から最後まで、ずーっと叫んでる。
その叫びが単調というか、基本、一本調子すぎると思う。
いや、スタッカートを付けろとかそういう事じゃないから。
黒人看護婦さんの顔立ちがそれなりに好きなのだけど、山小屋だからナースルックもお医者さんと看護婦さんプレイもなし。だから眠かったのかなあ。いや、眠い眠くないは別に白のストッキングくらい穿かそうよ。全裸に白のストッキングだけでもいいよ。

「彼が蘇ってしまう」の彼はそんなに嫌いじゃないけど、
そんな「蘇ってしまう」のを恐れるほどのキャラではなかったね。



◆『ヒッチコック』

五つ星評価で【★★★そこそこ楽しめるあるある映画】

ヒッチコックともあろう人がこんな逆境で映画撮ってたとは、な、エピソード映画。
TVの再現ドキュメンタリーの豪華な奴ってか、『唄子・啓助のおもろい夫婦』DXだな、これは。

デブのヒッチコックをガリのアンソニー・ホプキンスが演じるので、どうしても特殊メイクに頼らざるを得ない。腹のたるみとかはリアルなんだけど、顔が痩せの上に無計画に肉くっ付けたみたいで「痩せ」が抜けきってない。あまり上手くやると誰だか分からなくなっちゃうから痛し痒しなんだろうが、「ウッちゃん」が昔デブ役をやってた頃のコントメイクっぽい。まあ、ヒッチコックって憎めないキャラだから、本物のイメージが補完するので、セガールみたいな極端なキャスティングじゃなければ誰がやっても大丈夫だから、それに救われてる。

ヘレン・ミレンは『RED』以来、製作資金がないなら「銀行の一つも襲って」みたいな凶悪なイメージが付いてるんだけど、まあ、うまいもんです。何となく銃撃ってほしかった気もするけど。バリバリ、ハリウッド女優オーラ全開のスカーレット・ヨハンソンとの対比が効いてる。



【銭】
前売券使用で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
死霊のはらわた@ぴあ映画生活
ヒッチコック@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
死霊のはらわた@いやいやえん
死霊のはらわた@銀幕大帝
ヒッチコック@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ヒッチコック@或る日の出来事
ヒッチコック@映画的・絵画的・音楽的

PS エド・ゲインのヒッチハイク料理教室で「ヒッチコック」。
スポンサーサイト