FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』をギンレイホールで観て、ビルはいい奴だけどその先はどうだふじき★★★

五つ星評価で【★★★ドキュメンタリー映画として正しいが重複も多い】

ファッション・ジャーナリストと言えばいいのか。
ニューヨークの街頭でストリート・ファッションを50年間撮り続ける
ビル・カニンガムへの密着取材ドキュメンタリー。

カニンガム爺ちゃんの個性や、その仕事っぷりは実に愉快。
つまり、撮られる題材は凄く良い。
でも、愉快な仕事っぷりを愚直に平べったく撮ってる感もあって、
途中ちょっと飽きてしまった。

カニンガム爺ちゃんは清掃員の作業着をカジュアルに着こなしてる。
爺ちゃんは誰よりもファッションの目利きではあるけど、
自分のファッションに関しては実用性があればいいというタイプ。
その無頓着ぶりが微笑ましい。
その作業着でフランスまで行って勲章もらったりする。
勲章を付けてもらうのは、そのいつも着てる作業着だ。
いつもと違うのはネクタイしてるとこだ、TPOだよ(笑)。

カニンガムの仕事一辺倒の生き方を国サイズでやってて、
そんなに幸せじゃないのが日本なのかも知れない。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ビル・カニンガム&ニューヨーク@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ビル・カニンガム&ニューヨーク@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ビル・カニンガム&ニューヨーク@迷宮映画館

PS 日本だったら、これは確実に原宿か渋谷でしょう。
 でも、原宿で写真バリバリ撮ってたら田代まさしのような目に会ってしまいそう。
PS2 ネタ
 「ビールと蟹とガムを一緒に咀嚼したみたいな映画だ」
 「嘘を言うな、嘘を!」
PS3 おいっ、ビル。
 ゲイじゃないなら、もうちょっとロー・アングルから撮ってみようよ(おいおい)。
スポンサーサイト