FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版ATARU』を109シネマズ木場5で観て、これはマドマギの呪いか?ふじき★★

五つ星評価で【★★ふほほほほほほ(ダメ笑)そして、でも、もしかしたら】

TVドラマ未見。

まあ、映画だけ観ていてもアウトラインは掴める作りにはなってるけど、
堀北真希の事件がTVでどこまで取り上げられ、TVでどう決着が付いたかを
提示しないのは甚だ一見さん(俺)に不親切であると言えよう。

で、評判通り難物の映画だった。

一見さんが口を揃えて「あれは何?」と思うのは異常な演技演出だろう。
おそらくTVでもあの演技演出をしていたのだろうから、
TVから継続して見ていた人には違和感はないに違いない。
異常にエキセントリックな栗山千明と北村一輝、田中哲司に中村靖日。
このアタルの周りの中央人物が縦横無尽に
シリアスな展開を破壊する必要もないのにバリバリに粉砕しながら
話だけは前に進めていく。

周りでお祭りのような騒ぎが行われているというのに、
中居正広演じるアタルはぶれない。
『レインマン』のダスティン・ホフマンから孤高を抜いて、
山下清と「初めてのお使い」を加えた風である。
異能の幼稚園児であり、普通に町中で見たら「ああ、やだかも」と思う身体障害者だ。

その「『ああ、やだかも』と思う身体障害者」イメージを隠蔽して、
チャーミングに錯覚させる為にあの過剰な演技の弾幕が必要なのか?
(観客も変なテンションと同化し、中居正広をファンタジーな存在と誤認する)
もしくは、
「中居正広がバラエティとそんなに変わらない風に見えるけど、
 ちゃんと演技してるんですよ」という事の判断基準を曖昧にする為の演技弾幕か。
 (あんなん周りで堂々とやられたら演技がどうだなんて吹っ飛ぶ)

とっても変な物を見せられた感、満々だが、
必要に迫られて事は行われ、一度やり出したら止められなくなった、と推測する。
リアルタイムにTVドラマを見てないし、後追いで見る気もないので、
推測の域を脱する事はないのだが。


で、栗山千明はあんな事させられて苦労してるなあ。
それは北村一輝もいっしょだけど。
田中哲司なんて番組の生贄みたいなもんだ。
中村靖日だけは上手さで乗り切った感がある。
ドラマの出番的には、この人だけがパートみたいなもんだから
変な事やらされても痛手は少なそうだってのもあるか。
嶋田久作また出てる。よく映画出てるなあ。いい居場所にいるんだよな、いつも。
光宗薫がんばれ。これがステップアップに繋がる気は全くしないがガンバだ。

松雪泰子が全然分からんかった。ヘアピース一つで変わるもんだ。女優だなあ。

堀北もまずまず。特別な事をしてるとは思わないけどまあいいでしょ。

それにしてもネットワークに繋がるパソコン一つで、
どんな物でも爆発物に変える事が出来るみたいな設定
(もちろん厳密には色々な準備や条件が必要なのだろうけど)は、
過去例を見ないくらい、悪事実現性の垣根が低い。
もう何だって攻撃できる。

それを筆頭に、「そんなん、ありえんやろ」という御都合主義の数々は
「いや、元々ありえない話ですから」という免罪符で全部チャラになってるんだけど。
えーと、それでいいのか。
それともそれを「メタ」で楽しむ事がこのドラマの胆なのか?
最後の最後、夢落ちとか持ってこられても、きっと何の抵抗もないよなあ。

と、ここでハタと気が付いた。

堀北真希の役名って「マドカ」。
そして彼女の使うPCウィルスが「ウィザード(魔法使い)」。
わっはっは、マドマギのパロデイーじゃん。
そうすると、「マドカ」は「アタル」の世界で正しいことを為そうとして、
魔女(悪人)を退治する超越存在だ。その為に魔法を使う。
そして、彼女がもっとも注意を払わなければならないのは
自分と同じ魔法少女(正義遂行者)の立場であり、
他人から利用されれば魔女(悪人)にも成りうる「アタル」だ。
「マドカ」は「アタル」に魔女の烙印をあえて押す。
「マドカ」がもっとも救済したいのは「アタル」だから。
「マドカ」はおそらく自分なら「アタル」をコントロールして
実際に悪事に加担させる事も可能な事が分かっている。
逆に言えば「マドカ」と同じ能力を持つ者が現われれば、
「アタル」は誰にも止められない魔女(悪人)になりうるのだ。
「マドカ」は「アタル」を未来の魔女(悪人)として断罪する。
そして「マドカ」は彼女の持つ万能な魔法により、
全ての魔女(悪人)が悪事を起こさないよう呪い(祈り)をかけるのだ。
その為に世界は壊れ、再構成される。
それゆえに「マドカ」が死んだとされる世界は
「マドカ」が構成した新しい世界である。
そこでは一般法則性に縛られない。
哀悼の花を用意したいと思えば、その張り裂ける心の大きさだけ用意できるのだ。

わはははははは。
ギリギリ辻褄が合う気がする。

まあ、遊びと言っちゃえばそれまでだか。




【銭】
レイトショー料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS まどマギとアタル劇場版、両方見てるの俺だけっすか?
スポンサーサイト



眼鏡作り変え

新しい眼鏡(丸眼鏡)を作ったのは2013年10月24日

これで手持ちの眼鏡は三つ。
1.運転・映画用の度が強い、遠くの物がはっきり見える眼鏡(レイバン型)
2.予備(1より度が二つ低い/教育ママ型)
3.日常使用用(2より度が二つ低い/丸眼鏡)

なんつうか近視で老眼。
もう老眼だ。
45くらいではそう言うのはなかった。
47,8くらいからだろう。
近くの物を見る時は眼鏡を外すが、ちょっと遠い物を見る時には眼鏡がいる。
うっとおしい。
近くの物を見るのに不都合なく、
遠くの物も日常生活で差しさわりない程度にクッキリじゃなくする、
というので度を下げるというのが最善策らしい。 へー
で、度を下げた眼鏡を作って、今までの日常使用用を予備に変えた。

初めての丸眼鏡。
うん、純朴な田舎のおっちゃんっぽくっていいかもしれない。
詐欺とかにひっかかりそうな。実態に合ってるな。俺、迂闊だから、案外。

そう言えば『2300年未来の旅』という
『2001年宇宙の旅』のパチモン題名の映画があって、
その映画の主人公の名前が確か「ローガン」と言うのだ(実は見てない)。

日本人だったら「生まれた時からローガンです」ってギャグが使えたのに。

なんで、見てない映画の主人公の名前なんかを覚えているかと言うと、
映画の原題が『Rogan's Run』とかだったからだ。
いや、だったような気がする。
あれ、何だ「ず」って?
謎は深まるが、その謎を強いて追ったりはしない。
そんな物を追っかけてるほど若くないのだ。追っかけてる間に死んでも困る。