FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『キャリー』をUCT豊洲6で観て痛恨のミスキャストだふじき★★★

五つ星評価で【★★★クロエちゃんが可愛いという罠】

大雑把にそんなに前作デ・パルマ版と変わってはいない。
変わったのはキャリー、キャリーの母ちゃんを除いて、
それ以外のメンツのキャラ力が薄まったことくらい。
あと、シャワーシーンのすっぽんぽん具合がテキトー。
役のためにみんな乳首くらい見せようよ。

キャリー母ちゃんのジュリアン・ムーアはいいや。
前作の聖書持って訪問してくるの方が「嫌だ」感が強かったけど。
ボーイフレンドの彼はいい奴なのは分かったが、イケメン度は下がった。
前作のようにキャリーがイジメられオーラを呼吸困難になるほど
出してないのでイジメっ子たちも何か、イジメの理由が希薄でやりづらそうだ。

で、キャリーが可愛いんである。
これが大誤算。
別に可愛くっても、イジメられっ子オーラが濃ければいいけど、何かそれも薄い。
アヒル唇だし、全般、ちょっと友達になってあげたくなるような容貌なんである。

成り立たない。これじゃ『キャリー』として成り立たないよ。
特殊効果シーンは面白かったけど。

あと、血を被って以降のクロエちゃんも、何か変。
髪質の関係で髪がボワっとしちゃうのはしょうがないけど、
強い目力で、ボクサーのように念動力を叩きこむのはアグレッシブすぎる。
全体ボコっとした体型と言うのもあって、
何か着ぐるみが怒ってるみたいな外見になってしまった。
あと、血を被るとちょっと米倉涼子にも似ててそこも減点対象です。

残念だなあ(ただ単品として見て必ずしもつまらない映画ではない)。



【銭】
額面金額1300円の前売券をチケット屋で1200円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キャリー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
キャリー@或る日の出来事
キャリー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
キャリー@タケヤと愉快な仲間達
キャリー@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
キャリー@ダイターン・クラッシュ
キャリー@ラムの大通り
キャリー@ノラネコの呑んで観るシネマ
▼関連記事
キャリーの旧記事@死屍累々

PS 血のクロエちゃんを見て『カーリー・スー』っぽいなとも思った。
PS2 「すぐさまCMキャラクターとして契約しなさい」ロリエ社長
PS3 クロエちゃんの役に性同一性障害の男子を配したり、
 『ホームレスが中学生』のホームレスを配した方が理解度は深まるかもしれない。
スポンサーサイト