FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

ユーロスペース会員更新

ユーロスペースの会員を更新したのは2013年12月12日

有効期限が2013年11月だったのを持って行って更新してもらった。
有効期限の翌月でも更新は可能でポイントは失権しない。
年会費は案内の郵送付加だと1200円、郵送不要だと900円。

ポイントが36ポイントたまってるから、
そろそろ無料入場せんといかんかな。
8ポイント一回だから4.5回か。
スポンサーサイト



『ルパン三世VS名探偵コナンTHE MOVIE』を109シネマズ木場3で観て、良し悪し半々ふじき★★★

五つ星評価で【★★★ダメとヒリヒリ混在】

基本フォーマットはコナンだが、そこに大胆にルパンの暗躍が加えられる。
なかなかうまく出来ている。

特に冒頭、宝石を盗み出すルパンのピカレスクな悪い笑顔にやられる。

コナンは制約が多い物語だ。
何時まで経っても成長できず、同じような展開でグルグルと何回も謎を解いている。
サザエさんみたいなフォーマットで名探偵ものを何年も続ける事に無理があるのだ。
その矛盾をルパンや次元が出てきて、そっと笑い飛ばす。
痛快。大人を分かってる。
大人の観客は、コナンのあの子供喋り(フォレスト・ガンプかよ)が
秘かに気に入らなかったのである。
多少、コナンが蘭・園子の前で活躍しすぎではあるけど、その辺は愛嬌。

で、全体の話に、前回のTVスペシャル(未見)を見てないと
分からない設定があったのはマイナス。残念。

それにしても、ルパンのキャラは立ってる。
変幻自在自由自在で、いい加減、かつ、熱いハートも持つルパン。
コナンと相性のいい次元、武器として使い勝手のいい五右衛門、不二子。
思った以上にやり手、かつ、濃く描かれてる銭形。
基本的にみんなコナン組より面白い。
だけど、ルパン単体の作品だと、自由すぎて使いづらい(最近見てないな)。
一つ対象軸があった方が映えるのだ。
本来はこれは悪役の仕事だが、ルパン自体が泥棒であったり、
映画の短い時間で、魅力のある悪役の作成が難しかったりで、困難な状態だ。
この役を元からネームバリューを持つコナンが担うのなら願ったり適ったりだ。
これはコラボとして、かなり成功してる組み合わせだ。


【銭】
毎月10日109シネマズのサービスデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE@ぴあ映画生活

PS 不二子の服のセンスが最悪すぎる。
PS2 次元の声に張りがななくって痛々しい。
PS3 五右衛門の斬鉄剣を防ぐためにはスケボーをコンニャクで覆うこと。